後悔しない中古マンション選び 3つの重要ポイント

中古マンションは、新築に比べ価格的な魅力があります。しかし正しい知識を持たずに購入すると、思わぬリスクを抱えてしまったり、後々新築以上の費用が発生することもありますので注意が必要です。特に注意したい3つのポイントをまとめました。

ポイント1 基礎・設備の状態

建物の基礎部分は、簡単に修復できるものではありません。最悪、倒壊の原因になることもありますので、最も注意が必要な点です。

・雨漏りはないか
・柱に腐食や亀裂はないか
・床下が腐食していないか
・シロアリなどに食いつぶされていたりしないか
・耐震設計に問題はないか

これらをしっかりと確認してください。専門家でないと判断できないことも多いですので、専門業者に調査を依頼するという方法もあります。物件を所有している不動産業者に尋ねたり、インターネットで調べたりして調査済みのマンションを確認することも可能です。1981年6月以前に建築確認を受けた物件は、古い耐震基準で作られていますので耐震性に不安があるということも忘れてはいけないポイントです。
基礎部分の他に、台所やトイレ、お風呂などの水回りや、ガス給湯器などの設備の使用年数も確認しておいた方が良いでしょう。

ポイント2 立地

中古マンションを購入する魅力の一つに、住み替えやすさがあります。将来売却することも考慮に入れ、資産価値の下がりにくい物件を選ぶと良いでしょう。特に確認したいのは、以下の点です。

・交通機関などの利便性(好立地と呼ばれる目安は、最寄駅から徒歩5分圏内)
・商業施設は近くにあるか
・治安は良いか
・土地の特性(湿地帯ではないか、坂に面していないかなど)
・10年後、20年後の周辺環境の変化(再開発の計画など)
騒音や振動などの住環境も確認しておきたいポイントです。マンションの管理人や住民にヒアリングできる機会があれば、住環境やどんな人が周りに住んでいるか確認しておくと良いでしょう。

ポイント3 マンション構造

マンション構造には、「ラーメン構造」と「壁式構造」の大きく2タイプがあります。ラーメン構造のマンションはリノベーションが可能ですが、壁式構造のマンションはリノベーションが全くできないこともありますので要注意です。

【ラーメン構造】柱と梁で建物を支えている構造のこと。壁を組み替えたりする、大掛かりな間取り変更などのリノベーションが可能です。

【壁式構造】壁で建物を支えている構造のこと。壁を組み替えることができず、リノベーション不可の場合があります。