Column
  • HOME
  • コラム
  • 【葛飾区の不動産屋さんが解説】ルーフバルコニーのリノベーションについて

【葛飾区の不動産屋さんが解説】ルーフバルコニーのリノベーションについて

これから中古物件を購入し、リノベーションを実施しようとする方の中には、屋内だけでなく屋外のスペースも充実させたいという方もいるでしょう。
また、多くの方が憧れる屋外スペースに、“ルーフバルコニー”が挙げられます。
今回は、ルーフバルコニーの概要やリノベーションのメリット・デメリットを中心に解説します。

ルーフバルコニーの概要

下階の屋根を屋外スペースとして使用しているものを“ルーフバルコニー”といいます。
“ルーフテラス”とも呼ばれます。
原則住宅の最上階に設置されるものであり、一般的なバルコニーよりも面積が広いため、さまざまな用途で使用されます。
ちなみに、一般的なバルコニーは、外に張り出している屋外スペースであり、最上階以外にも設置されることがルーフバルコニーとの大きな違いです。

ルーフバルコニーをリノベーションで設置するメリット

では、ルーフバルコニーをリノベーションで設置することには、どんなメリットがあるのかを見ていきましょう。
具体的には、以下の通りです。

・使い道が広がる
・開放感を得られる
・部屋が広く見える

使い道が広がる

ルーフバルコニーをリノベーションで設置するメリットは、なんといっても屋上の使い道が一気に広がることです。
一般的なバルコニーは、洗濯物を干すことを主な用途としていますが、ルーフバルコニーは面積が広いため、以下のようなあらゆる用途で活用できます。

・植栽、家庭菜園
・バーベキュー
・子ども、ペットの遊び場
・読書、日光浴スペース など

開放感を得られる

一般的なバルコニーでも、前面や上部を遮るものはありませんが、スペースの狭さから、それほど開放感は得られません。
一方、ルーフバルコニーは広々としているため、風通しや採光なども抜群で、圧倒的な開放感を得られます。

部屋が広く見える

住宅の最上階にある部屋の延長線上にルーフバルコニーを設置すれば、フロアが外まで続いているような感覚になるため、室内がとても広く見えます。
よって、室内にいても開放感を得ることが可能です。

ルーフバルコニーをリノベーションで設置するデメリット

一方で、ルーフバルコニーをリノベーションで設置することには、以下のようなデメリットもあります。

・建築基準法を確認しなければいけない
・下階の対策を取らなければいけない
・外部からの目線が気になる

建築基準法を確認しなければいけない

ルーフバルコニーをリノベーションで設置する際は、建築基準法で定められたルールについて、細かく確認しなければいけません。
なぜなら、工事の規模やルーフバルコニーの面積、高さなどによっては、建蔽率や容積率などのルールに違反してしまう可能性があるからです。
また、耐震性を維持しなければいけないことから、ルーフバルコニーには積載荷重の上限が定められているため、こちらも事前にチェックしておかなければいけません。

下階の対策を取らなければいけない

先ほども解説したように、ルーフバルコニーはバーベキューをするスペースや、子どもやペットの遊び場として使われることもあります。
ただ、このような用途を想定してリノベーションする場合は、下階の騒音対策を取らなければいけません。
そうしなければ、ルーフバルコニーの足音や雨音などが、下階の生活スペースに響いてしまうからです。
また、ルーフバルコニーの真下にある部屋は、他の部屋に比べて外気の影響を受けやすくなります。
よって、断熱対策についても考慮しなければいけません。

外部からの目線が気になる

視界を遮るものがないのがルーフバルコニーの良いところですが、これは裏を返せばデメリットでもあります。
なぜなら、周辺に同程度の高さ、あるいはもっと高い建物がある場合、視界が気になってしまうからです。
そのため、周辺環境によっては、ある程度目隠しをしなければいけないことも考えられます。
もちろん、ルーフバルコニーの周りをピッチリ塞いでしまうと、採光や風通しの良さなどが損なわれてしまう可能性があるため、ある程度隙間は設けなければいけません。

ルーフバルコニーのリノベーション費用

ルーフバルコニーをリノベーションで設置する場合の費用は、約100~150万円程度です。
これは、具体的には既存の屋根を解体し、新たにルーフバルコニーを乗せるようなリノベーションを行う場合の費用です。
また、バルコニーに移動できる外階段の設置費用は20~45万円程度、内階段を設置する場合は70~80万円程度の費用がかかります。
ちなみに、平米単価は10~12万円程度であるため、面積を決定する際には参考にしてください。

まとめ

ここまで、ルーフバルコニーのリノベーションについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
建築基準法のルールさえクリアすれば、中古物件を購入してルーフバルコニーを設置することは可能です。
多趣味な方や子ども、ペットのスペースを確保したい方などは、ルーフバルコニーの設置を検討しても良いでしょう。
きっと、日々の生活は快適になります。
東京都葛飾区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!