コラム

【台東区の不動産屋さんが解説】クローゼットの種類とそれぞれの特徴

リノベーションでクローゼットを取り付けようと考えている方は、前もってクローゼットの種類とその特徴を把握しておきましょう。
なぜなら、人によって適しているタイプは異なるからです。
特に、複数のクローゼットを一度に設置しようとする方は、種類選びに失敗すると多額の費用が無駄になるため、ぜひ参考にしてください。

リノベーションで設置できるクローゼットの種類と特徴

リノベーションで住宅に設置できるクローゼットには、主に以下のような種類があります。

・ロッカータンスタイプ
・ブレザータンスタイプ
・整理タンスタイプ
・引き出しタイプ
・マルチ収納タイプ
・カーテン付きクローゼット
・クローゼットポール

では、それぞれの特徴を見ていきましょう。

ロッカータンスタイプ

中がロッカーのようになっているタイプで、ロングコートなど、丈の長い衣服の収納に向いています。
また、ハンガーに吊るした状態で衣服を保管できるため、シワがつきにくく、畳んで収納するのが難しいものも簡単に収納できます。
また、基本的に棚などの仕切りはありませんが、天井や底の部分に少し物を置くスペースを設けるのが一般的で、バッグなどはここに置いておけます。
ただ、吊るすタイプの防虫剤だけだと、底の方まで効果が届かない可能性があるため、防虫剤は少し多めに設置しておかなければいけません。

ブレザータンスタイプ

クローゼットの中が上下2段に分かれているタイプで、それぞれの段にハンガーを掛けることができます。
ロッカータンスタイプと比較すると、ロングドレスやワンピース、ロングコートなどの収納には向いていませんが、スーツやジャケット、ワイシャツやスカートなどを保管するのには便利です。
ハンガーに掛けて保管できるため、スーツ等の型崩れが起こらない他、上下2段に分かれていることで、ロッカータンスタイプの倍の洋服を収納できます。
ただ、天井や底のスペース、引き出しなどは設けないのが一般的なため、ハンガーに掛けられるもの以外を収納するには、収納ボックスなどを別に購入しなければいけません。

整理タンスタイプ

前述の2つのタイプとは違い、ハンガーで衣服を吊るすスペースがないタイプです。
棚のみで構成されているクローゼットで、畳んだ衣服や小物を多く収納できるのがメリットです。
また、季節ごとに衣服を分けて収納しておくことで、衣替えがスムーズにできるのも特徴です。
ただ、ハンガーで上着などを吊るすことはできないため、それらの収納スペースは別に確保しなければいけません。

引き出しタイプ

底が浅い引き出しが複数付いているタイプのクローゼットです。
棚の場合、奥の方に衣服をしまい込んでしまうと、いざ必要なときに取り出しにくくなりますが、引き出しの場合はその心配がありません。
また、衣服を密閉された引き出しの中で管理するタイプのため、ホコリからお気に入りの服を守ることもできます。
ただ、引き出しの中は虫が発生しやすいため、防虫剤をしっかり入れておかなければ、大切な衣服に穴が空いてしまいます。

マルチ収納タイプ

名前の通り、さまざまな形状、サイズの棚が組み合わさってできたクローゼットです。
衣類だけでなく、バッグや帽子、アクセサリーなどの小物、収集しているフィギュアや漫画など、さまざまなものを収納できるのがメリットです。
ただ、あらゆるジャンルのものを収納しすぎると、どこに何があるのかわからなくなる可能性があるため、注意が必要です。

カーテン付きクローゼット

扉ではなく、カーテンで開閉するタイプのクローゼットです。
扉の場合、空気がこもったままになりますが、布生地のカーテンなら通気性が取れます。
また、開けっ放しにしても、居室側にデッドスペースは発生しませんし、色や柄で部屋の雰囲気を気軽に変えられるのもメリットです。
ただ、衣類にホコリが付きやすくなったり、日焼けしやすかったりするのはデメリットと言えるでしょう。

クローゼットポール

壁と壁の間に突っ張り棒を設置し、ハンガーを吊るすためのスペースを作るタイプです。
コストは圧倒的に低く、簡単にどこでも設置できるのがメリットですが、突っ張り棒はそれほど重みに強くないため、重めのコートなどをたくさん掛けるのはおすすめできません。

各クローゼットの設置費用について

各種クローゼットの設置費用は、以下を目安に考えておきましょう。

・ロッカータンスタイプ:約20,000円~(幅60cm×高さ180cm)
・ブレザータンスタイプ:約20,000円~(幅60cm×高さ180cm)
・整理タンスタイプ:約20,000円~(幅60cm×高さ180cm)
・引き出しタイプ:約30,000円~(幅60cm×高さ180cm)
・マルチ収納タイプ:約90,000円~(幅120cm×高さ180cm)
・カーテン付きクローゼット:約15,000円~(幅78cm×高さ160cm)
・クローゼットポール:約4,000円~(幅120~200cm×高さ70~120cm)

まとめ

ここまで、リノベーションで設置できるクローゼットの種類と特徴を中心に解説しましたが、いかがでしたでしょうか?
上着などをたくさん収納したいのか、できるだけ衣服を畳んで収納したいのか、設置費用を抑えたいのかなどによって、おすすめのクローゼットは変わってきます。
もし、どのタイプが良いか悩んでいる場合は、リノベーション会社にもアドバイスをもらいましょう。
東京都台東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中