コラム

【台東区の不動産屋さんが解説】ホームエレベーターのリノベーションについて

住宅に設置できる便利な設備の1つに、“ホームエレベーター”が挙げられます。
一般的な戸建て住宅では、階段で各フロアを行き来しますが、ホームエレベーターを設置すれば、移動手段は増えることになります。
ここからは、ホームエレベーターのリノベーションに関するさまざまなことを解説します。

ホームエレベーターの概要

個人の住宅に設置されるエレベーターを“ホームエレベーター”といいます。
基本的な性能は、ビルやマンションの共用部分に設けられるエレベーターと同じですが、細かい設置基準は少し異なります。
設置する場合は、エレベーターが昇降する最下階の床面から、最上階の床面の高さを10m、定員を3名、積載荷重を200kg、エレベーター内の床面積を1.1㎡以内に収めなければいけません。
また、設置の際は、エレベーターの確認申請を事前に役所に提出する必要があります。

ホームエレベーターをリノベーションで設置するメリット

住宅にホームエレベーターを設置するメリットとしては、主に以下のことが挙げられます。

・移動が便利になる
・家族が同時に移動できる
・荷物の搬入、搬出がしやすくなる

移動が便利になる

ホームエレベーターを設置するメリットとしては、なんといっても”移動が便利になる“ということが挙げられます。
特に、高齢の方や車椅子の方は、階段の上り下りが辛い・不便と感じることも多いですが、ホームエレベーターがあればそのような悩みも解消されます。

家族が同時に移動できる

ホームエレベーターは、3人までなら同時に乗ることができます。
そのため、車椅子の方と介護をする方、両親と幼い子どもなどが同時に行きたい階に行くことも可能です。

荷物の搬入、搬出がしやすくなる

大きめの家具や家電などを購入し、戸建て住宅の2階あるいは3階に設置したい場合、運ぶのは非常に大変です。
また、廃棄したいものを上層階から運び出す場合も、大きいものであればあるほど運び手の負担が大きくなります。
ホームエレベーターがあれば、このような負担もかなり軽減されます。

ホームエレベーターをリノベーションで設置するデメリット

一方で、ホームエレベーターを設置することには、以下のようなデメリットもあります。

・設置コストが高額
・設置場所を確保する必要がある
・停電時は使用できない

設置コストが高額

ホームエレベーターを設置することも一番のデメリットとしては、“設置コストが高額”ということが挙げられます。
ホームエレベーター設置にかかる費用は主に以下の通りで、総額は数百万円単位にも及びます。

・本体費
・工事費
・申請費
・維持費

ちなみに、維持費は年間50,000円前後かかるため、設置するなら設置後の負担も考慮しなければいけません。

設置場所を確保する必要がある

ホームエレベーターをリノベーションで設置するには、当然そのためのスペースを確保しなければいけません。
また、ホームエレベーターは、エレベーターとしては小規模なものですが、ある程度設置スペースを必要とするため、設置することで理想の間取りが実現できないことも考えられます。

停電時は使用できない

ホームエレベーターは、当然その住宅の電気で動いています。
そのため、停電時には使用できません。
また、大きな地震が発生した場合には、建物が歪むことで、ホームエレベーター内に閉じ込められてしまう可能性もあります。

ホームエレベーターを設置できる場所について

先ほど、ホームエレベーターをリノベーションで設置するなら、そのためのスペースを確保する必要があると解説しました。
では、実際はどこに設置すべきなのでしょうか?
設置のタイミングや目的と併せて、いくつかパターンを紹介しましょう。

子ども部屋

子どもがすでに独立し、子ども部屋として使用していた部屋を持て余しているという場合は、思い切ってそこにホームエレベーターを設置しましょう。
すでに使用していないスペースを活用すれば、生活が不便になる心配もありません。
また、同じように子どもが独立したタイミングで、あまり使用しなくなった押し入れがある場合は、そこを有効活用して、ホームエレベーターを設置することも可能です。

ガレージ

大きな荷物を頻繁に運ぶという方は、ガレージの一角を活用し、ホームエレベーターを設置するのも良いでしょう。
ここにエレベーターがあれば、車から降ろした荷物をそのままエレベーターに乗せて運ぶことができます。

庭を使う機会があまりないという場合は、そこにホームエレベーターを設置することも可能です。
これは、住宅の外側にホームエレベーターをくっつけるような形でリノベーションする方法であり、室内の面積はまったく変わりません。

まとめ

ここまで、ホームエレベーターのリノベーションにおけるメリットやデメリット、ホームエレベーターの設置場所などについて解説してきました。
もし設置するのであれば、他のリノベーション箇所やコストとの兼ね合いも考えながら、適切な場所に設置しましょう。
便利な設備であることは事実ですが、無理やり設置する必要はありません。
東京都台東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中