コラム

【台東区の不動産屋さんが解説】ランドリールームのリノベーションについて

住宅のリノベーションでは、毎日使用する場所の工事やデザインについて、特にこだわる必要があります。
また、毎日使用する場所の1つに“ランドリールーム”が挙げられますが、ここをリノベーションする際には、どのようなポイントを押さえれば良いのでしょうか?
ランドリールームの概要と併せて解説しましょう。

ランドリールームの概要

洗濯に関する家事をほとんどまとめて行える部屋のことを“ランドリールーム”といいます。
具体的には、洗濯や乾燥、アイロンや畳む作業まで、一貫して行える場所を指しています。
つまり、住宅内における家事効率を高めるためには、必要不可欠な部屋だということです。
では次は、そんなランドリールームのリノベーションにおけるポイントを見ていきましょう。

①設置場所について

ランドリールームを設ける場所として適しているのは、“浴室から近い場所”、そして“直接バルコニーにアクセスできる場所”です。
もっとも理想的なのは、ランドリールームから直接浴室、バルコニーの両方に出入りできるような間取りにすることです。
こうすることで、入浴時に出た洗濯物をすぐ洗濯し、バルコニーに干すことができます。

②部屋干しスペースについて

ランドリールームには、もちろん部屋干しスペースも作っておくべきです。
強い雨などでバルコニーに洗濯物が干せない場合、ランドリールーム内に部屋干しスペースがあれば、洗濯に関するすべての作業を一室で完結させられます。
ちなみに、便利な部屋干し設備としては、リモコンで操作できる“部屋干しユニット”が挙げられますが、ランドリールームはあくまで洗濯に関する作業を行う部屋であるため、無理に部屋干しユニットを設置する必要はありません。

③収納スペースについて

ランドリールームには、当然畳んだタオルなどを収納するためのスペースも必要です。
洗濯機や乾燥機の上部、あるいはその付近に設けるカウンターの下などに、できるだけ多くの収納スペースを設けておきましょう。
また、ランドリールームは洗濯物だけでなく、洗剤や漂白剤、ハンガーなどの細かいものも保管しなければいけないため、収納スペースが多すぎて困ることは、基本的にありません。
特に、複数の子どもがいるファミリー世帯は、使いやすい高さの棚などを複数設置しましょう。

④アイロン、畳むスペースについて

ランドリールームには、洗濯物にアイロンをかけるスペース、洗濯物を畳むスペースも設けておくべきです。
先ほど、カウンターの下に収納スペースを設けるべきと解説しましたが、そのカウンターは主にアイロン、洗濯物を畳む作業に使用します。
また、アイロン台は耐熱のものでなければいけないため、できれば畳むスペースとは別に設けることをおすすめします。
分けると場所を取ってしまうのであれば、折り畳みタイプあるいは引き出しタイプのアイロン台を設置しましょう。

ランドリールームをオシャレにする方法

利便性だけでなく、オシャレさも兼ね備えたランドリールームにしたいという方は、まず色を統一しましょう。
具体的には、洗濯機や乾燥機、カウンターや収納スペース、そこに収納する洗濯機や洗剤など、すべての色を同系色にします。
そうすることで、ランドリールームに必要な清潔感が生まれますし、たとえ物が多かったとしても、比較的スッキリした印象を与えることができます。

ランドリールームのリノベーション費用について

ランドリールームのリノベーションにかかる費用の目安は以下の通りです。
ちなみに、以下の金額には洗濯機、乾燥機の購入費用などは含まれていません。

・養生費(養生テープ、エコフルボードなど):5,000円前後
・材料費(床束、野材、合板など):20,000前後
・商品代(片引き戸、物干し竿など):50,000円前後
・解体費:25,000円前後
・大工工事費:(床下地組、合板張り):75,000円程度
・電気工事費(配線移設など):15,000円程度
・内装工事費:50,000円程度
・廃材処分費(運搬費含む):20,000円程度

数十万円を用意しておけば、比較的理想通りのランドリールームが作れる可能性が高いでしょう。

ランドリールームのリノベーションの注意点

ランドリールームをリノベーションする際は、必要以上に規模を大きくしないように注意しましょう。
なぜなら、将来子どもが独立し、洗濯物の量が少なくなったときに、広すぎるランドリールームが無駄なスペースになってしまう可能性があるからです。
洗濯物が多い時期は、広いランドリールームにメリットを感じるかもしれませんが、それだけを考慮して設計してはいけません。
もちろん、最初から将来別の使い方をするつもりであれば、広くしてもOKです。

まとめ

ここまで、設置すれば必ず毎日利用する“ランドリールーム”のリノベーションについて解説してきましたが、いかがでしたか?
まず、ランドリールームを設置するつもりがなかったという方は、一度考えを改めることをおすすめします。
また、「できるだけ広いランドリールームを設置しよう」と考えている方は、広さよりも使い勝手にこだわって設計しましょう。
東京都台東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中