コラム

【台東区の不動産屋さんが解説】リビングに設置する窓の種類と特徴

リビングのリノベーションをする際は、当然間取りや広さ、利便性などを考慮しますが、設置する“窓”選びも重要な要素です。
毎日開閉するリビングの窓は、その住宅を象徴する建具と言っても過言ではありません。
ここからは、リビングに設置可能な窓の種類と、各窓の特徴について解説したいと思います。

①出窓

建物の壁より外に張り出した窓のことを“出窓”といいます。
また、出窓にもいくつかの種類があり、張り出し部分が台形になっているものは“ベイウインドウ”、弓形のものは“ボウウインドウ”と呼ばれていますね。
通常は、3~5面程度の同じサイズの窓を組み合わせるケースが多いですが、両サイドはFIX窓にし、前面のみを引き違い窓にするなど、比較的組み合わせが自由なのが特徴です。
また、近年はアルミ製+木製の複数サッシ、複層ガラスを採用し、高気密性・高断熱性を実現しているものも多く登場しています。

②掃き出し窓

リビングからバルコニーに繋がる、大きな引き戸式の窓を“掃き出し窓”といいます。
元々、ほうきで掃除をしていた時代に、家の中のゴミを外に掃き出す役割を持っていたことから、この名前が付きました。
また、リビングに掃き出し窓を設置すれば、簡単に窓の出入りができますし、外側に網戸を付けられるため、開けっ放しにして風を採り入れることも可能です。
さらに、開口部が広いため、採光性も良く、外の景色が良ければ開放感を味わうこともできます。

③腰高窓

床と天井の中ほどの高さにある窓を”腰高窓“といいます。
掃き出し窓が床に接しているのに対し、腰高窓は壁の中央部分からの窓というところに違いがあります。
また、腰高窓はベランダに繋がっているわけではないため、掃き出し窓よりも比較的侵入者は入りにくいと言えますね。
もちろん、腰高窓の場合、壁の高さの中程度くらいまでなら、家具や家電を置くこともできます。

④引き違い窓

左右にスライドする方式の窓を“引き違い窓”といいます。
レール上を水平移動させて開閉するタイプで、窓の下部分が床まで伸びていないものを指します。
リビングに限らず、住宅のさまざまな場所で使われている窓のため、価格が非常に安いという特徴があります。
また、種類も多いため、たくさんの選択肢から設置するものを選ぶことが可能です。

⑤外開き・内開き窓

外側に押して開く窓を“外開き窓”、内側に引いて開く窓を“内開き窓”といいます。
両方とも、引き違い窓に比べると高い気密性、防犯性を持っていて、近年はリノベーション時に引き違い窓を撤去し、外開き窓もしくは内開き窓を選ぶ方も多くいます。
ただ、開閉する際は、手前、もしくは奥のスペースがある程度必要です。

⑥両開き窓

窓枠の左右を軸として開閉する開き窓で、窓が2枚のものを“両開き窓”といいます。
建具や窓サッシの素材としては、欧米では無垢材が主流ですが、日本ではアルミやスチール、樹脂、さらにアルミ+無垢材、スチール+無垢材、樹脂+無垢材などの複合素材が用いられるケースが多いですね。
また、窓ガラスの破損や飛散防止のために、ストッパーが付いたタイプも多くあります。
大きな開口部が得られるため、風通しや採光も抜群ですね。
ただ、両方の窓が開くため、網戸の付け方にはある程度工夫が必要になります。

⑦折り畳み窓

複数枚の窓を折り畳んで開閉するタイプの窓を“折り畳み窓”といいます。
開口部が大きいため、開放感を得られますし、ガラス面が大きいためデザイン性も非常に高いです。
決して、リビングで多く採用されるタイプの窓ではありませんが、これを設置するだけで、個性と利便性を同時に得ることができますね。

⑧FIX窓

窓枠とサッシが固定されている窓のことを“FIX窓”、もしくは“はめ殺し窓”といいます。
簡単にいうと、“開閉できない窓”ですね。
開閉ができないため、当然換気目的では使用できませんが、気密性が高く、なおかつガラス面を大きく保てます。
また、子どもが勝手に開けて外に出たり、他の窓のように落下したりする心配はありません。
したがって、幼い子どもがいる世帯は、リビングに設置しても良いかもしれませんね。

⑨スリット窓

細長い窓ガラスを使用した窓を“スリット窓”といいます。
一般的には、一定の間隔で複数個設置されることが多いですね。
玄関扉の横、階段や廊下等に、採光用や換気目的で取り付けられていることが多いですが、リビングに設置することもあります。
縦長の窓ガラスは、天井を高く見せる効果があり、外から家の中が見えづらいため、プライバシーも守られやすいです。
また、横スリットであれば、取り付け位置によっては採光性や換気効率を上げることができます。

まとめ

ここまで、リビングに設置する窓の種類と特徴を解説してきましたが、いかがでしたか?
一口に窓といっても、その役割や機能性、サイズ感はさまざまです。
よく設置されるタイプとしては、やはり出窓や掃き出し窓、腰高窓等が挙げられますが、“ポピュラーだから”という理由だけでリノベーションをすることはおすすめできません。
東京都台東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中