コラム

【台東区の不動産屋さんが解説】リビングリノベーションでよくある失敗

リビングは家の中でもっとも長い時間を過ごす場所であるため、リノベーションの際には力を入れる方も多いです。
ただ、押さえるポイントが多いため失敗も起こりやすく、多くの方が悲しい思いをしていることも事実です。
今回は、リビングリノベーションでよくある失敗とその対策について解説します。

リビング階段を設置して圧迫感が出てしまった

近年、リビングの外ではなく、中に階段を設置するというデザインがとても人気です。
しかし、階段を設置するにはある程度スペースが必要ですし、さらにその周囲にインテリアなどを設置することもあるため、場所やサイズを間違えると、リビングに圧迫感が生まれてしまいます。
そのため、部屋の広さに合った階段の幅については、リノベーション前に把握しておくことをおすすめします。
また、インテリアの設置や生活動線なども考慮するなら、階段を設置してもリビングのスペースに余裕が出るような設計を心掛けなければいけません。

大きな窓のせいで外部の視線が気になる

爽やかな光が射し込む開放的なリビングを作るために、大きな窓を設置するという方は多いです。
ただ、窓の設置位置を間違えてしまうと、生活に支障が出る可能性もあるため、注意しましょう。
例えば、前面道路側に大きな窓を設置すると、これまであまり気にならなかった外部からの視線が気になる場合があります。
また、窓を設置する方角によっては、日の光が強すぎて室内の温度が上がってしまうことも考えられます。
よって、大きな窓を設置するなら、このような弊害が出ないような位置を選ばなければいけません。

間仕切りのせいで採光が弱くなった

リビングでは、間仕切りを施し、間取りを変えるというリノベーションが実施されることも多いです。
ただ、間仕切りを施すことで、これまで部屋全体に入っていた日の光が、一部にしか入らなくなる可能性があります。
こうなると、採光が弱い部屋をあまり使わなくなり、実質リビングが狭くなっただけの状態に陥ることもあるため、注意しましょう。
間仕切りを施す際は、分けられた両方の部屋に窓があるかどうかを確認し、どれくらいの採光が見込めるのかもチェックしておくことをおすすめします。
また、より採光について細かく調べたいという方は、時間帯によって変わる光の動きについても、事前に把握しておきましょう。

リノベーションの規模が大きすぎて仮住まい費用がかかった

リビングダイニングを一体にするなどの大規模なリノベーションでは、柱や壁を撤去しなければいけません。
また、このような大規模なリノベーションの施工期間は、その家に住むことができない可能性があります。
もちろん、そうなると仮住まいを用意するための費用がかかってしまいます。
実際、リノベーションを行った方の中には、仮住まいをする予定はなかったにもかかわらず、一度出て行かざるを得なくなった方もいるため、そうならないように注意しましょう。
もちろん、仮住まい費用が必要になったときに備えて、リノベーション費用とは別に資金用意しておくことも重要です。

床の施工費用を削ったら安っぽい印象になった

リノベーションでは、理想の住宅を作るための設計に力を入れることが大事です。
ただ、費用は無限にあるわけではないため、削れる費用を適宜削っていくことも考えなければいけません。
また、リビングのリノベーションにおいては、床の施工費用を削減しようと考える方も多いですが、これはおすすめできません。
なぜなら、床はリビングの大部分を占めるものであるため、ここの費用を削ってしまうと、全体的に安っぽい印象になってしまうからです。
また、安価な床材を使用すると、裸足で歩いたときに肌触りの悪さを感じることもあるため、注意してください。

リビング階段の設置で部屋が薄暗くなった

先ほども解説しましたが、リビング階段は意匠性が高く、リビングと2階のアクセスを短くできるため、子育て世代や高齢者がいる世帯などにとっては、非常に便利な設備でもあります。
しかし、設置する階段の色やデザイン、素材によっては、リビングが薄暗くなってしまうこともあります。
よって、一切リビングを暗くせず、なおかつ開放感も出したいという方は、スケルトン階段やオープン階段、シースルー階段などを設置しましょう。
これらの階段は、踏み板と骨組みのみで作られているものであり、リビングとの相性がとても良いとされています。
また、スケルトン階段やオープン階段などは、木やスチール、アルミなどを用いて作られるケースが多く、デザイン性の高さを失う心配もありません。

まとめ

ここまで、リビングリノベーションでよくある失敗をいくつか見てきましたが、いかがでしたでしょうか?
1つのポイントに集中しすぎると、リビングリノベーションは失敗する可能性が高くなります。
また、施主だけですべてのポイントを押さえるのはなかなか難しいため、リノベーション会社の力を借りながら、1つずつ問題をクリアして設計していくことをおすすめします。
東京都台東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中