コラム

【台東区の不動産屋さんが解説】住宅にLED電球を採り入れるメリット・デメリット

住宅の照明をリノベーションすれば、醸し出す雰囲気はガラッと変わります。
また、照明のリノベーションでは、採用する電球にもこだわりたいところですが、このとき“LED電球”を採り入れることには、一体どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
LED電球の概要と併せて解説しますので、ぜひご覧ください。

LED電球の概要

そもそもLEDとは、“発光ダイオード”のことを指しています。
発光ダイオードは、順方向に電圧を加えた際に発光する半導体素子で、これを使用した電球が“LED電球”です。
ちなみに、LEDには材料の違いにより、赤、オレンジ、緑などさまざまな色に発光するものがありますが、“青色発光ダイオード”の発明により、光の三原色(赤、青、緑)が揃い、ディスプレイの分野を中心にその開発、発展に広く貢献したといわれています。

リノベーションでLED電球を採り入れるメリット

住宅のリノベーションでLED電球を採り入れるメリットは、主に以下の通りです。

・寿命が長い
・消費電力が少ない
・調色が可能
・紫外線が少ない
・割れにくい
・寒さに強い

寿命が長い

白熱電球などの他の電球に比べて、LED電球は非常に寿命が長いです。
よって、一度リノベーションによって交換すれば、当分は交換する必要がありません。
具体的には、以下の通り圧倒的な寿命の差があります。

・LED電球:約40,000時間
・白熱電球:約1,000時間

消費電力が少ない

LED電球と白熱電球の消費電力を比べると、LED電球の方が圧倒的に少ないのがわかります。
具体的には以下の通りです。

・LED電球:約9w
・白熱電球:約54w

後述しますが、LED電球は他の電球に比べて少し高価な商品です。
ただ、消費電力が少ないため、継続して使用していれば、いずれはLED電球の方がお得になります。

調色が可能

LED電球には、シチュエーションに合わせて光の色を変える“調色”という機能が備わっています。
これは、白熱電球や蛍光灯にはない独自の機能です。
例えば、家族で食事をするシチュエーションであれば、フワッと暖かい雰囲気の光にしたり、集中して読書や勉強をするシチュエーションの場合は、青白い光にしたりすることができます。
また、従来の電球では実現できなかった、赤や緑などのカラフルな光を生み出すタイプも販売されています。

紫外線が少ない

LED電球は他の電球と比べて、あまり紫外線を放出しません。
よって、光によって室内の日焼け、色褪せなどが起こる心配は少ないです。

割れにくい

LED電球は機能性が高いだけでなく、とても丈夫に作られています。
これは、LED自体にプラスチック、シリコンなどの丈夫な素材が含まれているからです。
よって、落下したときや地震が発生した場合でも割れにくく、安全性は高いです。

寒さに強い

LED電球は、寒いところでも問題なく光を照らしてくれます。
具体的には、-20℃の環境でも点灯するといわれています。
よって、寒さが厳しいエリアでリノベーションをする方も、安心して導入できます。
逆に、白熱電球や蛍光灯は低温に弱く、気温がマイナスを下回る場合には点灯しない可能性もあります。

リノベーションでLED電球を採り入れるデメリット

一方で、リノベーションによってLED電球を採り入れることには、主に以下のデメリットもあります。

・高価
・重量がある
・熱に弱い
・暗く感じる場合がある

高価

LED電球には、商品そのものの価格が高いという欠点があります。
具体的には、白熱電球の約20倍とも言われていて、住宅全体の照明をLED電球に変更するとなると、かなり高くついてしまいます。
ただ、前述したように、長期間継続して使用する場合はLED電球の方がお得になるため、決して割高というわけではありません。

重量がある

白熱電球などと比べると、LED電球は重量があります。
これは、内部に多くの部品が組み込まれていることが理由です。
近年は少しずつ軽量化が進められていますが、これまで利用してこなかった方は、交換時の重さなどが気になることもあるでしょう。

熱に弱い

LED電球は、あまり熱に強くありません。
これは、LED内部に組み込まれた部品の耐熱性が低いことが理由であり、気温40℃を超える環境になると、故障や劣化に繋がりやすくなります。
そのため、気温が上がりやすい浴室などにはあまり向いていません。

暗く感じる場合がある

LED電球が発する光は指向性が強く、他の電球に比べてあまり広範囲に届かないという特徴があります。
よって、人によってはLED電球の光が暗く感じることもあります。
従来の電球との違いを感じさせないほど、明るさを維持できる商品も出てきてはいますが、敏感な方はその光の強弱が気になるでしょう。

まとめ

ここまで、リノベーションによって、住宅にLED電球を採り入れるメリット・デメリットを解説してきましたが、いかがでしたか?
LED電球のことを詳しく知らなかったという方は、本記事の内容をぜひ覚えていただき、導入も検討してみてください。
もちろん、採用することによるデメリットもありますが、そこは必要な部分だけLED電球にするなどして対応しましょう。
東京都台東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中