コラム

【台東区の不動産屋さんが解説】倉庫リノベーションにおけるポイント

今回は通常の中古物件ではなく、“倉庫”のリノベーションという選択肢について解説したいと思います。
考えたこともないという方も多いかもしれませんが、倉庫にはリノベーションに向いている点がいくつかあります。
もちろん、注意すべきこともあるため、本記事ではその点についても知っていただきましょう。

正確にはリノベーションではなく“コンバージョン”

倉庫を住宅やオフィスなどに変えることは、正確にはリノベーションではなく“コンバージョン”といいます。
これは、以前の用途とは別の用途で使用する場合の工事を指し、他にもさまざまなパターンが存在します。
具体的には、採算の合わなくなったオフィスビルを商業施設にしたり、歴史的建造物を宿泊施設にしたりといったパターンも、すべてコンバージョンに該当します。
ちなみに、倉庫のリノベーション(コンバージョン)は決して珍しいものではありません。
全国的に有名な観光スポットの1つである北海道の小樽運河沿いには、石造り倉庫をリノベーションした飲食店が多く軒を連ねています。

倉庫リノベーションにはどんなメリットがある?

中古物件ではなく、倉庫を購入してリノベーションすることには、主に以下のようなメリットがあります。

①天井が高い
倉庫は本体、人が住んだり、オフィスとして利用したりすることを想定されていません。
あくまで、物を収納する場所として作られています。
したがって、住宅やオフィスなどの建物と比べて天井が高くなっています。
つまり、倉庫を購入してリノベーションすることで、広々とした開放的な空間にできるということです。
ちなみに、住宅やオフィスの天井高が3~4m程度なのに対し、倉庫は5~7m程度になっているケースが多いです。
2m高さが違えば、感覚はまったく違うものになるでしょう。

②購入・取り壊し費用が安い
住宅やオフィスなどを購入するよりも、当然倉庫を購入する方が費用は安くなります。
また、倉庫は取り壊しを行い、大幅に間取りを変更する場合でもそれほど費用がかかりません。
なぜなら、倉庫はとにかく物をたくさん収納できるように、最低限の壁しか設置されていないからです。

倉庫リノベーションの注意点は?

一方で、倉庫には住宅、オフィスへのリノベーションに向いていない点もいくつか存在するため、注意しましょう。
具体的には、以下のような点です。

①生活インフラが整っていない場合がある
住宅やオフィスとして倉庫を利用するのであれば、当然水道、ガスなどの生活インフラが必要になります。
ただ、機能性が高くない倉庫の場合、これらが整っていないことも考えられます。
特に、水道は通っていないケースが多いため、その場合は配管工事などの費用がかかることを忘れてはいけません。

②自由に窓が設置できない場合がある
人が過ごす場所に窓は必須ですが、古い倉庫には窓が設置されていないものもあります。
また、後から設置工事を行うにしても、倉庫の場合は構造上窓を設置できない部分があるケースも少なくありません。
したがって、購入後に窓を設けようと考えている方は、採光が良くなる場所に設置できるかどうか、事前に確認しておく必要があります。

倉庫を住宅にリノベーションする場合のポイント

倉庫を住宅にリノベーションする場合は、開放的な空間を活かして吹き抜けにしたり、あるいは複数の部屋に区切ったりすることで、十分住宅として機能します。
また、倉庫はもともとデザイン性が高くありませんが、それを逆手にとってインダストリアルな空間を作ることも可能です。
例えば、梁やダクトが剥き出しになっている部分を活かし、それに合わせたインテリアなどを設置すれば、飾りっ気のない空間が一気にオシャレになるでしょう。
しかし、倉庫は基本的に壁材が薄く、防音性や断熱効率が悪いです。
したがって、倉庫を住宅として使用するのであれば、防音・断熱リノベーションは必須でしょう。
ただ、倉庫は通常の中古物件に比べて購入費用が安いため、トータルの支出にそれほど大きな差は出ません。

倉庫をオフィスにリノベーションする場合のポイント

企業にオフィスは必要不可欠です。
ただ、希望の広さのオフィスがなかなか見つからなかったり、賃料が高くて借りられなかったりすることもあるかもしれません。
そういう場合は、思い切って倉庫を購入し、オフィスにリノベーションすることを考えてみましょう。
倉庫をオフィスにすることで、デスクの感覚を開けても広々と利用できますし、それが企業の生産性向上に繋がる可能性もあります。
また、倉庫にはすでに照明が設置されているケースも多く、企業はそれらの設置費用を削減できます。

まとめ

ここまで、倉庫のリノベーションにおけるポイントを詳しく解説してきました。
リノベーションを行う際、真っ先に倉庫の購入を考えるという方はいないかもしれませんが、通常の住宅やオフィスより優れている部分もあるため、ぜひ検討してみてください。
また、倉庫は一般の物件と同じようにポータルサイトに掲載されているため、検索にそれほど手間はかかりません。
東京都台東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中