コラム

【台東区の不動産屋さんが解説】吹き抜けリノベーションのメリット・デメリット

これから住宅のリノベーションをする方の中には、“吹き抜け”のある家に憧れているという方もいるでしょう。
ただ、単に「オシャレだから」といった理由だけで、吹き抜けにするのはおすすめできません。
もし、リノベーションをするのであれば、今回解説するメリット・デメリットを把握してから検討しましょう。

吹き抜けリノベーションを実施するメリットは?

まずは、吹き抜けリノベーションのメリットから見ていきましょう。
具体的には以下の通りです。

・日の光を採り入れやすくなる
・開放感が生まれる
・コミュニケーションが取りやすくなる
・風通しが良くなる

日の光を採り入れやすくなる

吹き抜けリノベーションのメリットとしては、まず“日の光を採り入れやすくなる”ということが挙げられます。
吹き抜けにした部分の上部に窓を設置することで、日の光が階下の奥まで届き、日中の室内を常に明るくできます。
特に、以下のような住宅は日当たりが良くないため、吹き抜けでカバーすることをおすすめします。

・北向きの住宅
・住宅密集地にある住宅

開放感が生まれる

吹き抜けリノベーションのメリットとしては、“開放感が生まれる”ということも挙げられます。
それほど床面積が大きくなくても、天井を高くするだけで開放感が出ますし、部屋全体を広く見せることができます。
これにより、帰宅時に見える景色は大きく変わり、「広い家に住んでいる」という感覚を味わえるようになります。
もちろん、元々床面積が大きい住宅であれば、その開放感はさらに心地良いものになるでしょう。

コミュニケーションが取りやすくなる

“コミュニケーションが取りやすくなる”というのも、吹き抜けリノベーションのメリットの1つです。
これは、吹き抜けになっていることで、1階と2階での会話が成立することが理由です。
家族のコミュニケーションを大事にしたいという家庭にとっては、大きなメリットですね。
また、子どもがまだ小さいという家庭では、見える範囲が広いこともあり、大きな安心感を得られます。

風通しが良くなる

吹き抜けリノベーションのメリットには、“風通しが良くなる”というメリットもあります。
これは、階下から入ってきた風が吹き抜け部分を通り、階上へと抜けていくことが理由です。
つまり、階下と階上の窓を両方開けておけば、夏場暑い空気が室内にこもりにくくなり、快適に過ごせるようになるということです。

吹き抜けリノベーションを実施するデメリットは?

もちろん、吹き抜けリノベーションにもデメリットはあります。
以下のデメリットは、必ず工事前に押さえておきましょう。

・ニオイや音が家中に伝わりやすくなる
・転落の危険性がある
・掃除が大変になる
・照明の交換が大変になる

ニオイや音が家中に伝わりやすくなる

吹き抜けリノベーションのデメリットとしては、まず“ニオイ・音が家中に伝わりやすくなる”ということが挙げられます。
通常の住宅の場合、1階と2階の間には天井や壁、ドアなどの仕切りがありますが、吹き抜けの住宅にはそれがありません。
よって、生活リズムの違う家族が住む場合、階下または階上から来る料理のニオイ、生活音などが気になる場合があります。

転落の危険性がある

“転落の危険性がある”というのも、吹き抜けリノベーションのデメリットの1つです。
特に階段周りは、手すりの隙間などから転落しやすいため、幼い子どもがいる世帯などでは、落ちにくい構造にしたり、転落防止ネットを設置したりといった工夫が必要になります。

掃除が大変になる

吹き抜けリノベーションのデメリットとしては、“掃除が大変になる”ということも挙げられます。
これは、吹き抜け部分の上部にある窓、換気のためのシーリングファンなどを掃除する際のデメリットです。
これらの設備はとても高い位置に設置されているため、脚立などを用いなければなかなか掃除できません。
また、場合によっては、脚立を使っても届かない可能性があり、そのときは清掃業者に依頼しなければいけないため、コストがかかります。

照明の交換が大変になる

吹き抜けリノベーションのデメリットとしては、“照明の交換が大変になる”ということも挙げられます。
これも、掃除がしにくくなることと同じ理由です。
ただでさえ、天井にある照明は交換しづらいにも関わらず、吹き抜けの天井はさらに高い位置にあるため、簡単には交換できません。
よって、吹き抜けリノベーションをするのであれば、あらかじめ照明の交換を考慮した設計にすることをおすすめします。
例えば、脚立が立てやすいように、照明の下の床はフラットにしておくなど、細かい工夫をしましょう。

まとめ

ここまで、吹き抜けリノベーションのメリット・デメリットについて解説しましたが、いかがでしたか?
吹き抜けにすれば、オシャレで高級感・開放感のある住宅にできるのは事実です。
しかし、それに伴って転落の危険性が生まれたり、清掃や生活における不便な点が出てきたりすることも、また事実です。
一度吹き抜けにすると、なかなか元に戻すのは難しいため、慎重に判断してください。
東京都台東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中