コラム

【台東区の不動産屋さんが解説】室内に設置するドアのタイプについて

住宅のリノベーションを行う際、“室内ドア”の付け替えを考えている方もいるでしょう。
ただ、室内に設置できるドアには複数のタイプがあり、それぞれ特徴やメリット・デメリットは異なります。
したがって、室内ドアを付け替えたいという方は、まずどのようなタイプがあるのかを知るところから始めましょう。

室内ドアのタイプは大きく分けて3種類

室内に設置できるドアには、大きく分けて3つの種類があります。
“開き戸”、“引き戸”、“折れ戸”の3種類ですね。
また、これらのドアはさらに細かくいくつかのタイプに分けられます。
詳しく見ていきましょう。

①開き戸

ドアノブを回すことで、前後に開閉できるタイプのドアを“開き戸”といいます。
室内ドアの中では、もっともポピュラーなタイプですね。
また、この開き戸は、主に以下の2種類に細分化されます。

①片開きタイプ
1枚の扉に1つのドアノブが付いているタイプです。
室内以外でも目にすることが1番多いタイプですね。

②両開きタイプ
2枚の扉に2つのドアノブが付いているタイプです。
”観音開き“とも呼ばれますね。
片開きと比べて、開口部がとても広くなるのが特徴です。

開き戸のメリット・デメリットは?

開き戸は、基本的に引き戸と比べて気密性が高いです。
したがって、設置すれば防音効果や暑さ・寒さ対策は取りやすくなりますね。
また、販売されている数がもっとも多いのは開き戸であり、自身の理想とするデザインのものに出会いやすいというのもメリットだと言えます。
逆に、デメリットとして挙げられるのは、開閉するのに前後のスペースが必要になるという点です。
そのため、取り付ける場所を間違えると、開閉しにくく生活が不便になる可能性もあります。

②引き戸

取手部分に手をかけ、左右にスライドさせて開閉できるタイプのドアを“引き戸”といいます。
昔ながらの住宅では、玄関ドアとしてもよく採用されていました。
また、引き戸も開き戸同様、複数のタイプに分かれています。

①片引きタイプ
1枚の扉を、左右いずれかの方向にスライドさせて開閉できるタイプです。

②引き違いタイプ
複数枚の扉を左右にスライドさせるタイプです。
扉が複数枚あるため、どちらからでも開閉できるのが特徴ですね。

③引分タイプ
2枚の扉を中央から左右にスライドさせるタイプです。
引き違いタイプとは違い、中央からしか開けることはできません。

引き戸のメリット・デメリットは?

引き戸の大きなメリットとしては、柔軟な使い方ができるということが挙げられます。
開き戸の場合、ドアストッパーなどがなければ完全に開けっ放しにはできませんし、開けられる隙間の幅も決まっていますが、引き戸は自分が好きな幅で開けっ放しにできます。
ちなみに、リビングダイニングと居室が隣り合っているような間取りの場合、引き戸を開けておくことで、非常に開放的な空間が生まれます。
ただ、引き戸は開き戸とは違い、戸を引き込むスペースがないと設置できません。
また、開き戸よりも指を挟んでしまう可能性は高いでしょう。

③折れ戸

蝶つがいに繋がった2枚1組の扉を畳んだり、伸ばしたりすることで開閉するタイプのドアを“折れ戸”といいます。
室内においては、どちらかというと居室よりもお風呂、クローゼットなどで用いられていることが多いですね。
また、そんな折れ戸には、以下の2種類があります。

①両折れタイプ
2枚の折れ戸が並んでいて、中央からもしくは中央に向かって開閉するタイプです。

②中折れタイプ
1枚の折れ戸の真ん中を折り、開閉するタイプです。
室内の収納スペースなどでよく見られるタイプですね。

折れ戸のメリット・デメリットは?

折れ戸のメリットとしては、扉を畳むことで開閉が簡単になっているということが挙げられます。
したがって、幼いこどもでも簡単に利用できるでしょう。
また、折れ戸は開き戸や引き戸と比べて、開閉に必要なスペースがほとんどありません。
つまり、間取りが狭い空間であっても設置しやすく、手軽に利用できるということですね。
ただ、折れ戸には、引き戸よりもさらに指を挟む事故が起こりやすいというデメリットがあります。
なぜなら、少しの力で簡単に開閉できる上に、開閉の際に扉同士が接触するようになっているからです。
そして、他の室内ドアと比べて、壊れやすいというのもデメリットだといえますね。
特に、頻繁に開閉する場所に折れ戸を設置すると、金具が思いの外すぐに破損してしまう可能性が高いです。
そのため、開閉しやすいとはいえ、室内にいくつも折り戸を設置するべきではないと言えますね。

まとめ

ここまで、室内ドアのタイプとそれぞれの特徴、メリット・デメリットを見てきましたが、いかがでしたか?
どのドアが使いやすいかに関しては、個人の感覚や家族構成によって異なるため、慎重にどれを設置するか検討しましょう。
また、同じ住宅内だからといって、同じタイプのドアに統一する必要はまったくないため、“適材適所”というものを考えてバランス良く設置することも重要です。
東京都台東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中