コラム

【台東区の不動産屋さんが解説】“室内窓”を設けるメリットと設置事例

皆さんは、“室内窓”というものをご存知でしょうか?
これは、名前の通り、室内の2つの部屋の間仕切り壁に設ける窓のことをいいます。
室内窓を設置すればさまざまなメリットが生まれるため、今後リノベーションをする方は、ぜひ採り入れてみてください。
今回は、室内窓設置のメリットと設置事例を中心に解説します。

室内窓を設置するメリットについて

リノベーションで室内窓を設置することには、主に以下のようなメリットがあります。

①部屋が明るくなる
間仕切り壁で2つの部屋を区切ると、窓がない部屋はどうしても暗くなりがちです。
ただ、室内窓があれば、窓が付いている部屋から日の光を取り入れることができるため、日中は明るさをキープできます。
もちろん、光が入るようになれば、狭い部屋に開放感をもたらすことも可能です。

②風通しが良くなる
間仕切り壁に設置する室内窓が開閉式のものであれば、当然風通しも良くなります。
また、風通しが良くなれば、換気しやすくなるだけでなく、暖かい空気がこもり、部屋が暑くなるのも防げます。

③子どもの様子を見ることができる
例えば、リビングダイニングと子ども部屋を間仕切り壁で区切っている場合、窓がなければ、リビングダイニングから子どもの様子を見ることはできません。
ただ、その間に室内窓があれば、ある程度子どもの様子は把握できます。
したがって、親御さんは料理等の家事をしながらでも、常に子どもに気を配ることが可能です。

④壁にアクセントが生まれる
間仕切り壁は、本来部屋を2つに区切るためだけのものです。
そのため、何も設置しなければ殺風景になりがちですが、室内窓を1つポンと付けるだけで、アクセントが生まれます。
つまり、室内窓は機能性だけでなく、オシャレさも兼ね備えたものだということですね。

室内窓の設置事例

室内窓が持つメリットについて理解していただいたところで、次は設置事例を見ていきましょう。

①リビング横の書斎に室内窓を設置する

近年、リビングのすぐ横に書斎を設けるという間取りは、非常に人気があります。
また、書斎は比較的広いスペースを確保しにくいとされていますが、室内窓を設置することで開放感が生まれ、広く見せることができます。
ちなみに、室内窓によって程良く日の光も差し込むようになるため、ここをテレワークのためのワークスペースとして使用するのもアリですね。
開閉式の室内窓であれば、当然集中したいときには閉めることができますし、デスクと一体化させることができれば、とてもオシャレな空間が誕生します。

②リビングと居室の間に室内窓を設置する

リビングの横に寝室、あるいは子ども部屋がある場合も、その間に室内窓を設置するべきです。
先ほども触れたように、リビングと子ども部屋の間に室内窓があれば、子ども部屋の様子がある程度わかりますし、お互いの声も届きやすくなります。
また、このとき上下に開閉するような室内窓を設ければ、オシャレさもグッとアップするでしょう。
もちろん、オシャレさを演出するのであれば、色にもこだわりたいですね。
例えば、白を基調とした部屋であれば、明るい色の室内窓を設置し、差し色を入れるようにしましょう。
その他、童話で出てくるようなアーチ状の室内窓、ステンドグラスの室内窓などを採り入れることでも、個性的かつデザイン性に優れた部屋が完成します。

室内窓の設置費用は?

では、室内窓の設置費用は、一体どれくらいかかるのでしょうか?
一般的には、木製のFIX窓で7万円程度、開閉窓で15万円程度だといわれています。
もちろん、設置する数が多いほど価格は上がっていきますし、サイズによっても価格は微妙に異なります。
ただ、1枚の室内窓であれば、何十万円も設置費用がかかることはありません。
ちなみに、“FIX窓”と“開閉窓”の違いは以下の通りです。

 FIX窓
FIX(固定する)という名前の通り、開閉できないタイプの室内窓をいいます。
部屋を明るくする目的、あるいは吹き抜けなどの高い場所において、落下防止を目的に設置されることが多いですね。
また、“アクリルブロック”というウェーブ状のブロックを使用すれば、光の屈折によって独特な揺らぎを演出できます。

 開閉窓
開閉できるタイプの室内窓をいいます。
また、一口に開閉窓といっても、引き戸や押し出しタイプ、開き戸など、さまざまな種類があります。
したがって、どのように開ける窓を設置すれば一番便利か、もしくは一番オシャレかを考えた上で、好きなタイプを選択しましょう。
もちろん、空気を入れ替えたり、窓から直接顔を覗かせて会話をしたりいったことは、開閉窓でないとできません。

まとめ

ここまで、今人気の室内窓を設置するメリット、設置事例を中心に解説してきましたが、いかがでしたか?
室内窓は、基本的に設置することのデメリットがありませんし、それほど工事に費用がかかるものでもないため、前向きに導入を検討しても良いでしょう。
また、住居の間取りやコンセプト、施主の好みに合わせて、デザインを多種多様にアレンジできるのも魅力ですね。
東京都台東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中