コラム

【台東区の不動産屋さんが解説】風通しを良くするためのリノベーション

快適な生活を実現するための条件の1つに、“風通しの良さ”が挙げられます。
賃貸物件であろうと、マイホームであろうと、これを重視する方は決して少なくないでしょう。
今回は、住宅の風通しが良いことのメリット、良くするためのリノベーションの方法について解説しますので、ぜひ最後までお付き合いください。

風通しが良いことのメリットは?

冒頭で、住宅において風通しの良さを重視する方は多いという話をしました。
では、なぜそこまで重視されるのでしょうか?
それは、以下のようなメリットがあるからです。

・湿気やカビを防止できる
・光熱費の節約に繋がる
・病気のリスクが下がる
・コロナ対策になる

湿気やカビを防止できる

住宅の風通しが良くなれば、必然的に湿気がこもりにくくなります。
また、湿気が少なければ、カビや結露、シロアリなどが発生する可能性も低くなります。
もちろん、これは住宅の寿命が長くなることにも繋がります。

光熱費の節約に繋がる

夏場の暑さの原因は、気温だけではありません。
風通しが悪く、湿度が上がってしまうことも、体感温度の上昇に繋がります。
ただ、風通しを良くすれば、同じ気温でも比較的涼しく感じますし、それによってエアコンをつける頻度が少なくなり、光熱費が安くなることも考えられます。

病気のリスクが下がる

風通しが良い住宅は、壁内の湿気が抜けやすく、カビの胞子を吸い込んで病気にかかる可能性が低いです。
これは、特に疾患時のリスクが高い赤ちゃんやお年寄りがいる世帯にとって、大きなメリットと言えます。

コロナ対策になる

今もっとも皆さんの日常を脅かしているものといえば、なんといっても新型コロナウイルスでしょう。
また、ここ最近は家庭内感染が起こるケースも増加していて、住宅内でも徹底的な対策が必要になっていますが、風通しが良ければ、3密でいうところの“密閉”は避けることが可能です。

風通しを良くするためのリノベーションとは?

住宅の風通しを良くするためには、以下のリノベーションを行いましょう。

・間取りを変える
・窓の種類を変える
・サーキュレーターを設置する

間取りを変える

まず、もっともポピュラーなリノベーションとしては、”間取りの変更“が挙げられます。
例えば、バルコニー側に2つの部屋があり、それぞれに窓がついているとしましょう。
この場合は、2つの部屋の仕切りをなくし、1つの部屋にすることを検討します。
こうすることで、住宅内に大きな空気の流れを生み出すことができます。
2つの個室を確保したい場合は、固定の仕切りを取り払い、可変式の間仕切りに変更する方法でも構いません。
また、さらに効果をアップさせたいのであれば、ドアから見てもっとも奥の部屋に風が抜けるよう、通り道を作ることも考えましょう。
具体的には、ドア側と奥側の両方から出入りできる“ウォークスルークローゼット”などを設けることで、違和感なく通り道を作れます。

窓の種類を変える

窓の種類を変更することでも、住宅内の風通しはある程度確保できるでしょう。
住宅における一般的な窓といえば、やはり“引き違い窓”が挙げられます。
これは、左右どちらからでも開閉できるタイプの窓ですが、これを“すべり出し窓”、あるいは“上げ下げ窓”に変えるだけでも、風通しはかなり良くなります。
すべり出し窓とは、左右にスライドさせるのではなく、ドアのように押し引きして開閉する窓のことをいいます。
また、すべり出し窓の中でも、縦に開閉する“縦すべり窓”を設置すれば、ドアのように開いた窓ガラスに当たった風を室内に導くため、風は通りやすくなります。
一方、上げ下げ窓とは、上下方向にスライドさせて開ける窓のことをいい、空気の対流が起こり風量をコントロールしやすいため、こちらも通風に適しています。

サーキュレーターを設置する

サーキュレーターとは、遠くまで届く直線的な風を起こすことで、室内の空気を循環させる家電製品をいいます。
“エアサーキュレーター”とも呼ばれます。
空気を循環させ、風通しを良くするのがサーキュレーターのメリットですが、具体的なメリットは他にもたくさんあります。
まず、サーキュレーターによって空気が循環することで、冷房や暖房の効率はアップします。
冷たい空気は、部屋の下の方に溜まりやすく、逆に暖かい空気は上の方に溜まりやすい傾向にありますが、サーキュレーターがあればそのムラを解消できます。
また、サーキュレーターの中には、“衣類乾燥モード”を搭載したものもあります。
これさえあれば、空気の流れを良くしつつ、なおかつ室内に干した洗濯物を早く乾かすことができます。

まとめ

ここまで、住宅の風通しにおける重要性、そして風通しを良くするためのリノベーションについて解説してきました。
風通しの良さは、住宅や家族の身体にとっての大きなメリットであり、なおかつ節約にも繋がります。
今後住宅のリノベーションをする方は、ぜひ今回解説したポイントを意識した間取り、設備の導入を検討してください。
東京都台東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中