コラム

【台東区の不動産屋さんが解説】500万円以内でどれくらいのリノベーションができる?

今後リノベーションをしようと考えている方の中には、「500万円でどこまでリノベーションができるの?」と気になっている方もいるでしょう。
リノベーションの成功には綿密な資金計画が不可欠ですので、これに関して理解を深めておくのは重要です。
今回は、500万円以内で可能なリノベーションの内容について解説します。

100~300万円で可能なリノベーションとは?

まずは、100~300万円程度の予算があれば可能なリノベーションの内容を見ていきましょう。
例えば、和室を洋室に変えるリノベーション、ウォークインクローゼットの設置などに関しては、100~200万円あれば可能です。
つまり、和室と洋室の場所を変える場合は、2つの部屋の内装を変えることになるため、200~400万円程度の予算が必要だということですね。
ちなみに、キッチンやトイレ、浴室のいずれかの場所を変更する工事も、予算が200万円あれば実施できるでしょう。
また、その予算が300万円まで増えれば、より広範囲のリノベーションが可能になります。
具体的には、ファミリー層が住むような間取り(3LDKなど)でも、全体的に間取りを変更したり、キッチン、トイレ、浴室、洗面台を新しく設置し直したりすることができます。
もちろん、その他にもリノベーションしたい部分がある場合は、300万円では少し足りないかもしれませんが、リノベーション業者と綿密な打ち合わせをすれば、もう少しリノベーションの規模を広げられる可能性はあります。

300~500万円で可能なリノベーションとは?

先ほども触れたように、300万円程度の予算があれば、広めの間取りであっても全体的にリノベーションすることができます。
また、その予算がさらに400万円、500万円まで増えると、より“こだわり”を反映させたリノベーションが可能になります。
例えば、キッチンやトイレ、浴室等の設備を最新のものにしたり、床材や壁材を高品質にしたりといったリノベーションですね。
デザイン性を重視した間取り、色使いにする場合も、シンプルなリノベーションよりは費用がかかりますが、予算を500万円ほど用意できれば、ある程度対応できるでしょう。
つまり、500万円の予算を組むことで、購入した中古物件をまったく異なる内装にするのも可能だということですね。
もちろん、購入する物件の規模にもよりますが、今後リノベーションを検討している方は、まず予算500万円を用意することを目標にするべきです。

築年数が経過した中古物件では予算1,000万円を目安にしよう

500万円あれば、購入した中古物件をまったく新しい内装にすることができると解説しました。
ただ、築年数が経過した中古物件はその限りではありませんので、注意しましょう。
具体的には、築年数が30年以上経過した中古物件のリノベーションを行う場合、予算は1,000万円ほどかかると考えておくべきです。
なぜなら、こういった築年数が古い中古物件は、耐震補強あるいは断熱対策を行わなければいけないケースが多いからです。
これらの工事を他のリノベーション工事とあわせて行うのであれば、予算は500万円では足りません。
ちなみに、配管更新工事などを行う場合も、リノベーションの予算は最初から1,000万円程度で考えておくべきでしょう。

リノベーション費用の相場も把握しておこう

リノベーションを行うのであれば、予算500万円程度を貯めるのを目的にすべきという話をしました。
ただ、これはあくまで“内装”のリノベーションのみを行う場合です。
これに外装工事も含めるとなると、さらに費用は高額になると考えられるため、そこは留意しておきましょう。
もちろん、築年数30年以上の中古物件の内装、外装を一からリノベーションする場合は、さらに費用がかかることになります。
また、リノベーションの費用相場は、利用するリノベーション業者や建物の種類によっても変わってきますので、そちらも把握しておきましょう。
具体的には以下の通りです。

  マンション 一戸建て
地元の工務店 600~900万円前後 1,250~2,000万円前後
中堅リノベーション業者 720~1,180万円前後 1,500~2,400万円前後
大手リノベーション業者 900~1,350万円前後 1,750~2,800万円前後

ちなみに、もっともリノベーションの費用相場が安くなるのは、地元の工務店に依頼する場合ですが、「コストを下げたい」という理由だけで工務店を選ぶのはおすすめできません。
もちろん、信頼性が高いと判断できる場合は良いですが、価格だけで選んでしまうと、思惑通りの住宅が完成しない可能性が高くなります。
また、多少納得いかない仕上がりであっても、「費用が安いから仕方ない」と泣き寝入りするようなことにもなりかねませんので、注意してください。

まとめ

ここまで、500万円以内でできるリノベーションの内容を中心に解説してきました。
内装のみをリノベーションする場合、500万円あればかなり広範囲の工事が可能になります。
ただ、耐震工事や断熱対策、外装工事までも視野に入れているという場合は、1,000万円を目標にリノベーション費用を貯めましょう。
そうすれば、大きく計算が狂う可能性はグッと下がります。
東京都台東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中