コラム

【墨田区の不動産屋さんが解説】住宅における主な壁スイッチのタイプ

リノベーションによって、快適な住宅を完成させたいのであれば、“壁スイッチ”のタイプにもこだわるべきです。
壁スイッチは毎日使用するものであるため、機能性や操作性は日々の生活に大きな影響を与えます。
今回は、住宅における主な壁スイッチのタイプについて解説しましょう。

①片切スイッチ

1つのスイッチで、機器のオン・オフを操作するタイプを“片切スイッチ”といいます。
内部に2本の電線があり、一方の電流の身を遮断することから、この名前が付いています。
住宅において、もっとも多く採用されているタイプですね。
シンプルな構造のため、とても小型で安価という特徴があります。
ちなみに、片切スイッチを大判にしたものは“ワイドスイッチ”、出っ張ったつまみ部分を上下もしくは左右に押し倒すものは“タンブラースイッチ”と呼ばれています。

②3路スイッチ

2箇所のスイッチで機器のオン・オフを行うタイプを“3路スイッチ”といいます。
例えば、階段の照明を点けるスイッチが階上、階下に計2箇所あるようなケースですね。
また、階段以外でいうと、玄関や廊下、寝室等でもよく採用されます。
複数のスイッチで1つの機器(主に照明)のオン・オフを操作できるため、単純に便利ですね。

③パイロットスイッチ

スイッチがオンになったときに、プレート上にあるランプが点灯するタイプを“パイロットスイッチ”といいます。
“確認表示灯”とも呼ばれていますね。
オンのときにはランプが点いているため、消し忘れの心配が少なくなります。
主に門灯、トイレ、換気扇等のスイッチとして採用されることが多いです。

④ほたるスイッチ

先ほどのパイロットスイッチとは逆で、スイッチがオフの状態のときに、内蔵ランプが点灯するタイプを“ほたるスイッチ”といいます。
暗闇の中で光っている様が、蛍のように見えることが名前の由来です。
このタイプには、暗闇でも手探りでスイッチを押さなくても良いというメリットがあるため、階段や廊下等には採用したいですね。

⑤調光スイッチ

気分や状況に合わせて、光の加減を調節できるタイプを“調光スイッチ”といいます。
調節できる光量は0%~100%まであり、当然スイッチ部分を押せばオン・オフの操作もできます。
主に寝室やリビング、ダイニングでよく用いられるタイプで、調光の方法にはつまみを左右に回す“ダイヤル式”、つまみを横移動もしくは縦移動させる“スライド式”があります。

⑥タイムスイッチ

設定した時刻のタイミングで、照明等のオン・オフを自動で行うタイプを“タイムスイッチ”といいます。
また、一定時間スイッチが入った後、数分後自動でオフになるタイプもタイムスイッチに該当し、これは“自動消灯スイッチ”と呼ばれます。
ちなみに、決められた時間にオンになるスイッチは“自動点灯スイッチ”といい、家にいないときに一定時間点灯するようにしておけば、セキュリティ対策にもなります。

⑦センサースイッチ

人の動きを感知し、自動でオン・オフを切り替えるタイプを“センサースイッチ”といいます。
近づけば電源はオンになりますし、一定時間離れればオフになります。
荷物などで両手が塞がっていても、勝手に照明が点くため、玄関や廊下に設置すると非常に便利ですね。
もちろん、センサーの感知機能をオフにしておけば、通常のスイッチとしても使えます。

⑧リモコン付きスイッチ

直接壁のスイッチを押さなくても、付属のリモコンで操作できるタイプを“リモコン付きスイッチ”といいます。
一般的には、寝室でよく採用されるタイプですね。
具体的には、普段壁スイッチでオン・オフを切り替え、就寝前等に壁に掛けられたリモコンを外し、就寝時の消灯にリモコンを使うというケースが多いです。
また、基本的に、リモコンには調光機能やタイマー機能が付いています。

⑨一括スイッチ

1つのスイッチをオン・オフにすると、複数の照明が同時にオン・オフになるタイプを“一括スイッチ”といいます。
玄関に設置すれば、外出時1つのスイッチを押すだけで、一気に照明を落とすことができるため、とても便利ですね。
もちろん、帰宅時には玄関のスイッチを押し、一斉に複数の照明を点灯させられます。

⑩コンセント内蔵スイッチ

名前の通り、スイッチ部分を開けると中にコンセントが付いているタイプを“コンセント内蔵スイッチ”といいます。
これは、主に廊下や階段に設置されることが多く、掃除機をかける際に重宝されます。
一般的に、コンセントは壁の下の方に付いていますが、コンセント内蔵スイッチは胸くらいの高さにあるため、抜き差しがとても楽になります。

まとめ

ここまで、住宅に設置できる主な壁スイッチのタイプを見てきましたが、いかがでしたか?
これまであまりスイッチを注視してこなかったという方は、初めて知るタイプもあったかもしれませんね。
壁スイッチにこだわっていなかったことで、思いの外住みにくい家になってしまうということは十分あり得るため、リノベーション時にはぜひ本記事の内容を参考にしてください。
東京都墨田区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中