コラム

【墨田区の不動産屋さんが解説】古い住宅のリノベーション

古い住宅には近代的な建物にはない趣があり、住んでみたいという方は少なくないでしょう。
ただ、現代の生活に慣れている方にとって、古い住宅でそのまま暮らすということは、決して簡単ではありません。
したがって、今回は古い住宅で生活したい方に向けて、リノベーションのポイントについて解説したいと思います。

古い住宅の良さと欠点について

古い住宅といっても、いつ建築されたものがそれに当てはまるのかに関しては、明確な定義がありません。
ただ、一般的には、昭和初期もしくはそれ以前に建築された住宅を指す場合が多いです。
いわゆる“古民家”ですね。
冒頭でも触れたように、そのような古い住宅には、最近建てられたばかりの住宅にはない趣があります。
また、化学物質不使用であるため、身体に及ぼす害が少ないというのも魅力の1つでしょう。
一方、古い住宅にはもちろん欠点もあります。
まず、昭和初期もしくはそれ以前に建てられたような古い住宅の多くは、冬場の寒さが厳しくなります。
なぜなら、そのほとんどが木造住宅であるからです。
もっと言えば、採光にも優れていないケースが多く、これも冒頭で触れたように、決してそのままの状態で暮らすのに向いている住宅ではありません。
しかし、そのままの状態で暮らすのが難しいからといって、古い住宅での生活を諦める必要はないでしょう。
適切なリノベーションを施せば、現代の生活に慣れている方であっても、十分豊かな生活を実現できますからね。
もちろん、古い住宅のリノベーションでは、趣を残しつつ利便性をアップさせることが可能です。

古い住宅のリノベーションにおけるメリット

古い住宅のリノベーションにおける大きなメリットとしては、まず“使用している材料が頑丈”だということです。
先ほど、古い住宅のほとんどは木造住宅だという話をしましたが、現代ではなかなかお目にかかれない頑丈な材料を使用している建物も多いです。
したがって、中古物件のリノベーションで行われることの多い補強工事を、古い住宅のリノベーションで行うケースは少ないです。
これは、もちろん工事費用の削減にも繋がりますし、古い住宅の良さを残したリノベーションができるというメリットにもなります。
また、古い住宅をリノベーションすることで、“税金の節約に繋がる”というメリットも生まれます。
不動産にかかる固定資産税は、建物の築年数によって金額が決定されます。
つまり、古い住宅であればあるほど、低い金額が設定されるということですね。
その他でいうと、古い住宅には、新しい住宅では実現できないデザインを採り入れられるというメリットもあります。

古い住宅のリノベーションにおける費用

古い住宅のリノベーションを行う場合、どれくらいの費用がかかるのかは気になりますよね。
具体的な金額に関しては、もちろん住宅の状態によって異なるのですが、大まかに言うと全面リノベーションで500~1,000万円前後かかるケースが多いですね。
ただ、高ければ3,000万円以上かかるようなケースもあります。
したがって、古い住宅だからといってリノベーション費用が安いわけではないということは、前もって留意しておきましょう。
また、なぜ高い費用がかかるケースがあるのかというと、古い住宅ならではの不具合が発生することがあるからです。
例えば、現代の住宅とは違う構造になっている場合、通常ならできるはずのリノベーションがうまくできないことなどが考えられます。
この場合、リノベーション工事の規模は大きくなるため、どうしても費用がかかりやすくなってしまうわけですね。

古い住宅を購入する際のポイントについて

古い住宅を購入してリノベーションするのであれば、必ずチェックしてほしいポイントがあります。
それは、住宅における“基礎”の部分です。
古い住宅の中には、経年によって基礎が沈んでしまっているものもあります。
基礎が沈んでいるということは、構造体に何らかのダメージがあると考えられるため、そのような物件はなるべく避けるようにしましょう。
リノベーション工事の規模が大きくなり、費用もかかりやすくなってしまいます。
また、物件の内部をチェックする際は、“雨漏り”の有無についても忘れず確認してください。
雨漏りが確認される古い住宅は、梁は柱などに腐食が見られるかもしれません。
ちなみに、昭和初期やそれ以前に建てられたような古い住宅は、一般的な不動産会社ではなかなか取り扱っていません。
したがって、購入したい場合は、まず専門誌を参考にしたり、古い住宅専門の不動産会社を探したりするところから始めましょう。
古い住宅専門の不動産会社は、“古民家 物件”、“古民家 購入”などと検索すればすぐにヒットします。

まとめ

ここまで、古い住宅のメリットやデメリット、リノベーションのことについて解説してきました。
古い住宅のリノベーションは、とてもおすすめできる部分もあれば、一般住宅のリノベーションに比べて難しい部分もあります。
ただ、すでに古い住宅を所有している場合は、すぐに解体せず、一度リノベーションすることも検討していただきたいと思います。
東京都墨田区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中