コラム

【墨田区の不動産屋さんが解説】地下室リノベーションのメリット・デメリット

リノベーションによって、住宅の間取りを変更しようとしている方は多いでしょう。
また、中には“地下室”を作り、よりオリジナリティ溢れるマイホームにしようと考えている方もいるかと思います。
では、リノベーションで地下室を作ることには、一体どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

地下室リノベーションのメリット

まずは、地下室リノベーションのメリットから見ていきましょう。
具体的には、以下のようなメリットが挙げられます。

・土地を有効活用できる
・遮音性が高い
・外気の影響が少ない
・振動が伝わらない
・地震に強い

土地を有効活用できる

リノベーションによって、新しいスペースを設けたいと思っても、建物の広さによってはなかなか実現できないことがあります。
例えば、リビングとダイニングキッチン、浴室とトイレでスペースがいっぱいになっているフロアにおいて、新たに映画鑑賞専用の部屋を設けるといったリノベーションをするなら、通常他のスペースを減らすか、諦めて他のフロアに設けるしかありません。
一方、地下室を作れば、他のフロアの間取りはそのままに、新たなスペースを設けられるため、土地を有効に活用できます。

遮音性が高い

地下室には、“全地下”と“半地下”があります。
全地下とは、部屋すべてが地下に埋まっているタイプをいい、半地下とは部屋の半分が地盤麺の上に出ているタイプを指しています。
リノベーションによって設けるのが全地下タイプの地下室である場合、通常のフロアに比べて圧倒的に遮音性は高くなります。
よって、それこそ映画鑑賞専用のスペースや、楽器を演奏するためのスペースとして快適に活用できます。

外気の影響が少ない

住宅の1階もしくは2階は、少なからず外気の影響を受けます。
特に、2階が最上階の場合は屋根が近いため、夏場とても暑くなりますし、1階は底冷えによって冬の寒さが厳しくなります。
一方、地下室は外気の影響が非常に少ないため、1年中過ごしやすい温度を保つことができます。

振動が伝わらない

上層階で子どもが走ったり飛び跳ねたりすると、下層階に振動が伝わります。
ただ、地下室は振動にも強いため、子どもが派手に遊んでいても、他のフロアに振動がほとんど伝わりません。

地震に強い

住宅は、基本的に地表より高い位置ほど、地震の影響を受けやすくなります。
タワーマンションの高層階が、地震の際に強い揺れを感じやすいのはこのためです。
逆に、地表より低い位置にある地下室は、地震が発生してもあまり揺れを感じません。
また、地下室の構造を堅固なものにしておけば、他の階にも地震の揺れが伝わりにくくなります。

地下室リノベーションのデメリット

一方で、地下室リノベーションには以下のようなデメリットもあるため、実施する際は注意しましょう。

・コストが高い
・結露が発生しやすい
・浸水すると危険

コストが高い

地下室を作る際のコストは、通常のフロアに1つの部屋を設けるよりも高くなります。
なぜなら、リノベーション費用と併せて、以下の費用も必要になるからです。

・ボーリング調査費用
穴を掘り、地盤の状況や地層境界の深度などを調べるための費用です。

・山留工事費用
地下を掘った際に、周囲の土が工事箇所に流れ込まないよう、地面を固める工事にかかる費用です。

・防水工事費用
・防カビ工事費用 など

結露が発生しやすい

先ほど、地下室のメリットとして、外気の影響が少ないということを解説しましたが、夏場はそれが結露の原因になることがあります。
なぜなら、他の部屋は気温・湿度共に高いにも関わらず、地下室だけがひんやりとしているからです。
つまり、気温差が結露を生み出すということです。
また、地下室がコンクリート造の場合、一度発生した結露はなかなか取れませんで、注意してください。

浸水すると危険

地下室は地表より低い位置にあるため、台風や豪雨などによって浸水する可能性があります。
また、地下室にトイレを併設する場合、浸水時には下水が逆流し、大きな被害を受けることも考えられます。
もっと言えば、地下に外部への出入口がある場合は、雨水によってドアが重くなり、開閉できなくなるリスクもあります。

地下室の使用用途について

ここまでにも少し触れましたが、地下室はその特性上、以下の用途で使用するのに向いています。

・シアタールーム
・楽器の演奏スペース、歌唱スペース
・キッズルーム
・トレーニングルーム、ダンスルーム
・ワインセラー など

また、半地下であれば、適度に光を採り入れることができるため、居住スペースとしても十分利用できるでしょう。

まとめ

ここまで、地下室リノベーションのメリット・デメリットについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
今までこのような発想がなかった方も、なかなか思い通りの間取りにできなくて困っているのであれば、一度地下室のリノベーションを検討してみてください。
メリットとデメリットを理解した上で設置すれば、思いの外快適な住宅が出来上がるかもしれませんよ!
東京都墨田区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中