コラム

【墨田区の不動産屋さんが解説】大正ロマン風のリノベーションとは?

大きな1つのテーマを持って、中古物件のリノベーションを行うというケースがあります。
また、リノベーションにおけるテーマの1つに、“大正ロマン風”が挙げられます。
では、大正ロマン風のリノベーションとはどういったものなのでしょうか?
概要やリノベーションの具体例などについて解説しますので、ぜひご覧ください。

大正ロマン風の概要

そもそも“大正ロマン”とは、大正時代の雰囲気を伝える思潮、文化事象のことをいいます。
具体的には、都会の華やかさと不安感が混在した社会思潮、および退廃的で和洋折衷の雰囲気をまとった文化を指しています。
また、リノベーションにおけるテーマとして数えられる“大正ロマン風”とは、上記からヒントを得て、地味さ加減やレトロな雰囲気をうまく活かしたデザインのことをいいます。
わかりやすく言うと、和洋折衷の中にレトロ、クラシックといった要素が組み込まれたデザインですね。
西洋文化が日本に入ってきたばかりの頃のデザインであり、和と洋を多少強引に融合させることで、独特なオシャレさを演出できます。

大正ロマン風のリノベーションにおける具体例

では、大正ロマン風というテーマを持ってリノベーションをするには、具体的にどのような工事を心掛ければ良いのでしょうか?
詳しく見てみましょう。

壁は基本的にシンプルな色使い

大正ロマン風のリノベーションをするのであれば、部屋の大部分を占める壁の色はシンプルな色使いを心掛けるのが基本です。
具体的には、白をベースにこげ茶や黒の梁、木枠などを追加していくというイメージですね。
また、大掛かりな工事をする必要はなく、リノベーション前から壁の色が白い場合は、マスキングテープを貼ったり、木板を打ち付けたりするだけでも、十分大正ロマン風になります。
ちなみに、壁の色だけでなく、壁紙や素材にこだわることでも、より大正時代の雰囲気を演出できます。
例えば、ウィリアム・モリスやダマスク柄、市松模様や唐草模様など、ゴージャスでクラシックな柄・模様の壁紙はおすすめですね。
そして、より大正ロマン風を意識するなら、できるだけ光沢があって高級感を感じられる、上質な木をセレクトしましょう。

インテリアには洋風アンティークなものを

大正ロマン風のリノベーションをするにあたって、インテリアの設置も非常に重要です。
特に、大きくて重厚感のある西洋家具は、大正ロマン風の象徴とも言えます。
例えば、ペルシャ風カーペットや、レザーやコーデュロイ、ベルベットなどを用いたソファーなどですね。
また、これらのインテリアにはシックな色合いのものが多く、部屋全体を落ち着いた雰囲気にリノベーションしておくことで、よりモダンでオシャレな雰囲気になります。
ただ、大正ロマン風のイメージの1つに“カラフル”というものがあるため、ライトや小物などには赤、黄色といった色を入れるのも忘れてはいけません。
もっといえば、壁掛け時計をデジタルではなく、振り子時計や吊り時計にするなどの細かい工夫も重要です。

格子窓の設置もおすすめ

“格子窓”も、大正ロマン風のリノベーションをするにあたって欠かせない設備の1つです。
大正時代には、明治時代とは異なるオリジナリティのあるデザインが目立つようになり、格子を幾何学的に組んだり、一部にステンドグラスを採り入れたりする窓が増加しました。
したがって、格子窓を設置するだけでも、一気に雰囲気は良くなります。
また、格子窓に結霜ガラスをはめ込めば、レースカーテンのように近隣からの視線を遮ることができるため、こちらもおすすめですね。
ちなみに、現在でも格子窓は建具屋で購入できますが、イメージにピッタリのものを見つけるのはなかなか難しいため、その場合は建具屋あるいはリノベーション会社にオーダーしてみましょう。

余裕があれば腰壁も設けよう

リノベーションの費用や時間、スペースに余裕がある場合は、“腰壁”を設けるのもおすすめですね。
腰壁とは、床から腰高程度に張る別仕上げの壁をいい、壁を守るための仕上げとして、あるいは単調な壁面にアクセントを加えるために張られます。
クラシックなホテルや、教会などでよく見られますね。
腰壁を窓の下枠などに合わせて設けると、レトロな雰囲気がより際立ちます。
また、天井が低めの部屋に設置する場合は、腰壁を腰高よりも少し低めにして重心を下げましょう。
そうすることで、天井の低さはそれほど気になりません。
もっといえば、腰壁の素材も重要です。
例えば、赤褐色のサペリなどを使用すれば、女性らしい大正時代の華やかな雰囲気が広がります。

まとめ

大正ロマン風のリノベーションを実施すれば、日本人なら誰もが落ち着くような雰囲気を醸し出しながら、個性的な部屋作りをすることができます。
特に、築年数がある程度経過した中古物件などをリノベーションする際は、良さを活かすための工夫として、取り入れてみても良いでしょう。
また、それほど費用に余裕がない方でも、壁紙やインテリアを少し工夫するだけで、大正時代の独特な雰囲気を出すことは可能です。
東京都墨田区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中