コラム

【墨田区の不動産屋さんが解説】“小上がり和室”を設置するという選択肢

住宅のリノベーションを行う際には、もっとも過ごす時間が長いリビングの工事に力を入れたいという方もいるでしょう。
そんな方は、ぜひ“小上がり和室”の設置を検討してみてください。
今回は、小上がり和室の概要やメリット・デメリット、工事のポイントを中心に解説したいと思います。

小上がり和室の概要

その名の通り、床から少し高いところに設けられた和室を“小上がり和室”といいます。
主にリビングに併設されることが多く、リノベーションによって採り入れる方も少なくありません。
通常の和室よりも使い勝手が良いため、和室があまり好きではないという方でも、設置を検討すべきだと言えます。

メリットについて

では、リノベーションで小上がり和室を設置することには、一体どんなメリットがあるでしょうか?
具体的には以下の通りです。

・収納スペースを増やせる
・イスとしても使用できる
・リビングの汚れが入りにくい
・抵抗なく寝転がることができる

収納スペースを増やせる

小上がり和室の段差になっている部分は、収納スペースとして活用できます。
衣類などを収納できるのはもちろん、子どもがいる世帯であれば、和室で遊ばせる機会も多いかと思うので、子どものおもちゃやおむつの収納場所として使うこともできます。

イスとしても使用できる

小上がり和室の段差部分はリビングに接しているため、腰かければイスのように使用することもできます。
よって、「畳は好きだけど、下に座るのが辛い」という方にはおすすめです。

リビングの汚れが入りにくい

通常の和室の場合、リビングとの段差がないため、そのまま汚れを持って行ってしまいがちです。
一方、小上がりがある場合は、ある程度そこで汚れが移動するのを防いでくれます。

抵抗なく寝転がることができる

段差がない通常の和室の場合、床に寝転がっているような感覚になり、それに抵抗があるという方もいるでしょう。
一方、小上がり和室はリビングの床との段差があるため、ベッドの上で寝ているような感覚になります。

デメリットについて

これだけさまざまなメリットを持つ小上がり和室ですが、もちろんデメリットもあります。
具体的には、以下のようなデメリットです。

・高齢者の方には優しくない
・リビングを圧迫する可能性がある

高齢者の方には優しくない

あえて段差を設けるのが小上がり和室の良さですが、これは高齢者の方にとっては優しい設計ではありません。
また、段差を高くしすぎると、子どもが落ちたり躓いたりするリスクも高くなります。

リビングを圧迫する可能性がある

リビングに併設することで、さまざまな使い方ができる小上がり和室ですが、これがあることでリビングが圧迫される可能性があります。
よって、綿密な設計をしないと、リビングにソファやローテーブル、テレビなどをうまく配置できなくなります。

小上がり和室の工事のポイント

リビングに小上がり和室を設ける際は、なんといってもまず“広さ”について考えましょう。
一般的には、4.5畳の広さに設計されることが多いですが、少し小さめでも良いという方は、3畳がおすすめです。
また、小上がり和室のリノベーションでは、“間仕切り”を設置するかどうかもポイントになってきます。
これは、和室をどう使用するかで判断しましょう。
例えば、リビングの延長として、子どもの遊び場として使用する場合は、家事動線を良くしたり、リビングから目が届くようにしたりするため、間仕切りは設置しない方が良いです。
一方、主に寝室として使用する場合は、他の部屋の音やニオイなどが気にならないように、間仕切りを付けるべきだと言えます。
そして、小上がり和室を設置するなら、”段差の高さ“にも注意しましょう。
先ほども触れたように、高齢者の方や子どもがいる世帯では、段差をあまり高くしてはいけません。
ただ、あまりに低すぎると、収納スペースとして使える部分が少なくなってしまったり、イスのように腰かけたりしにくくなります。
よって、小上がり和室を設けるなら、もっとも一般的な高さとされる35cm前後にすることをおすすめします。

リノベーション費用について

小上がり和室を設けるための費用は、以下の金額を目安にしてください。
ちなみに、以下は小上がり和室の部分以外、一切工事を行わなかった場合にかかる費用です。

広さ 費用(目安)
3畳(間仕切りの設置を含む) 15~20万円前後
4.5畳(間仕切りの設置を含む) 20~25万円前後

また、段差部分の収納スペースは最初から付いているわけではありません。
これも設置する際は、上記プラス60,000円前後の費用がかかると考えておきましょう。

まとめ

ここまで、リノベーションで小上がり和室を設置するという選択肢について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?
「独立した和室には抵抗があるものの、多少は和のテイストを採り入れたい」と考える方は、ぜひ本記事の内容を参考に、リノベーションすることを考えてみてください。
もちろん、その際には家族全員の意見を聞くことも忘れてはいけません。
東京都墨田区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただき

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中