コラム

【江東区の不動産屋さんが解説】キッチンパントリーを設置する際のポイント

リノベーションによって、キッチンの使い勝手を良くすることで、生活は非常に快適になります。
また、キッチンをリノベーションするのであれば、ぜひ“キッチンパントリー”の設置を検討していただきたいと思います。
今回は、キッチンパントリーの概要やメリット、設置のポイントなどを解説しましょう。

キッチンパントリーの概要

キッチンには、シンクやコンロの上下に収納スペースが設置されていますよね。
ただ、子どもがたくさんいるファミリー層等の中には、調理器具や食材を保管する場所に困っている方もいるでしょう。
そのような方にぜひ設置してもらいたいのが、今回解説するキッチンパントリーです。
これは、常温保存が可能な食材、飲料、調理器具等を保管する場所のことをいいます。
“収納スペース”というよりかは、“倉庫”のようなイメージですね。
調理をする際、簡単に必要なものが取り出せるよう、キッチンのすぐ近くに設けるのが一般的で、中にはウォークインクローゼットのように、食材等を歩いて探せるほどのスペースを有しているものもあります。

キッチンパントリーを設置するメリット

リノベーションによってキッチンパントリーを設置することのメリットには、主に以下のことが挙げられます。

①キッチンが綺麗になる
収納スペースが足りないキッチンだと、どうしても目に見えるところに食材や調理器具を保管しがちになり、見た目がゴチャゴチャしてしまいます。
ただ、キッチンパントリーがあれば、キッチンの収納スペースから溢れているものを収納できるため、全体的に綺麗な印象となります。
もちろん、パントリーには扉も付いているため、中はしっかり隠すことが可能です。

②食材を大量にストックできる
食材の消費が多い世帯は、できるだけ大量にストックしておきたいと考えますよね。
ただ、大量に購入したところで収納する場所がなければ、先ほども触れたようにキッチンの見映えが悪くなってしまいます。
一方、キッチンパントリーさえあれば、気兼ねなく食材を大量にストックすることが可能です。
また、近年は大規模な災害も頻繁に発生していますので、災害時に備えて食材を買い込んでおくこともできます。

③キッチンを広く使える
いくら広々としたキッチンであっても、空いたスペースに調理器具や食材を置いていると、調理の際に不便さを感じてしまいますよね。
リノベーションでキッチンパントリーを設置すれば、このような悩みも解決してくれます。

キッチンパントリー設置時のポイントについて

キッチンパントリーをより便利なものにするためには、以下のポイントを押さえてリノベーションすることが大切です。

①キッチン側、玄関側から開けられるようにする
パントリーはキッチンのすぐ近くに設置するのが絶対条件ですが、構造的に可能であれば、玄関側からも扉を開けられるようにしておきましょう。
こうすることで、大量に買い込んだ食材等をストックする際、玄関から楽に運び入れることができます。

②棚は奥行き30~45cmにする
パントリーの中に棚を設置する場合は、奥行きを30~45cm程度に設計しましょう。
これくらいの奥行にすれば、ワイン等を寝かせて保管することもできますし、パスタ等の麺類を置くのにもピッタリの棚が出来上がります。
逆に、これ以上奥行きを長くしてしまうと、奥にある食材等が取り出しにくくなります。
特に、女性等は届きにくい高い位置にある棚を造る際は、注意が必要ですね。

③通路は60cm前後にする
ウォークインタイプのキッチンパントリーでは、棚だけでなく通路のサイズも考えなければいけません。
一般的には、60cmくらいの幅を設けることで、ストレスなく食材等を探しながら歩くことができますね。

④可動式の棚を設置する
よりパントリーの収納スペースを広くしたいという方は、可動式の棚を設置しましょう。
こうすることで、奥の方にある食材等が取りにくいということはなくなります。
また、パントリーの角はデッドスペースになりがちなため、ここには回転式の棚を設置するべきです。

⑤換気できる環境にする
湿気が溜まりやすい環境だと、パントリー内にある食材にカビが発生してしまいます。
したがって、窓や換気扇を設置するなど、できる限り換気しやすい環境にすることをおすすめします。
また、扉を設置せず、間口をカーテン等で仕切ることでも、簡単に換気することができます。

⑥扉はスライド式にする
パントリーに扉を付けるのであれば、必ずスライド式にしましょう。
ドアノブを握って空けるタイプの開き戸にすると、重いものを持ちながら開けるのが難しくなりますし、扉の前後に物を置けなくなってしまいます。

まとめ

ここまで、快適なキッチンをさらに快適にするスペース、キッチンパントリーのリノベーションにおけるポイント等を解説してきました。
せっかく設置したにも関わらず、使いにくさを感じ、いつの間にか使わなくなってしまったり、ただ物が散乱するだけのスペースになってしまったりしないよう、リノベーション前にはしっかりポイントを押さえましょう。
東京都江東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中