コラム

【江東区の不動産屋さんが解説】バリアフリーリノベーションに適したマンションとは

お年寄りと同居する方の中には、中古マンションを購入し、バリアフリーリノベーションをしようと考える方もいるでしょう。
ただ、そのような場合、できるだけ適したマンションを購入しなければ、なかなか思い通りの生活は実現できません。
今回は、バリアフリーリノベーションに適したマンションの特徴について解説します。

バリアフリーについて

お年寄り等が生活していく中で、障壁(バリア)となるものを除去(フリー)することを“バリアフリー”といいます。
また、そのような障壁を除去することを目的とした増改築が“バリアフリーリノベーション”です。
ただ、どんな中古マンションでもバリアフリーリノベーションができるのかというと、決してそういうわけではありません。
したがって、たとえ予算に余裕があったとしても、物件選びに失敗することで、うまく増改築できない可能性があります。

バリアフリーリノベーションに適したマンションの特徴

では、バリアフリーリノベーションに適したマンションには、具体的にどんな特徴があるのでしょうか?

エレベーターが広い

バリアフリーリノベーションに適した中古マンションには、エレベーターが広いという特徴があります。
なぜなら、たとえ専有部分のリノベーションができたとしても、エレベーターが狭く、介護者付きで車椅子の方が乗れないような広さであれば、快適な生活は実現できないからです。
また、広さだけでなく、手すりが付いているかどうかもチェックしておきましょう。

段差が少ない

これも共有部分における特徴ですが、バリアフリーリノベーションに適したマンションは、さまざまな動線における段差が少ないです。
身体が不自由な方や車椅子の方にとって、段差は天敵ですからね。
例えば、マンション前の道路からエントランス、駐車場からエントランス、エントランスからエレベーター、エレベーターから住戸への段差がない物件はとてもおすすめです。

自動ドアを採用している

エントランスに自動ドアを採用しているマンションも、バリアフリーリノベーションに適していると言えます。
自動ドアであれば、身体が不自由な方でも楽に出入りできるためです。
逆に、手動で開閉するタイプのドアは、お年寄り等にとっても介護者の方にとっても不便なものとなるでしょう。
特に、風の影響でドアが重くなってしまう物件は要注意です。

廊下の幅が広い

廊下の幅が広いマンションも、バリアフリーリノベーションに適しています。
具体的には、車椅子で通れるだけの十分な幅がある物件ですね。
たとえ住戸のリノベーションができても、毎日のように通る廊下が不便であれば、生活に支障が出てしまいます。

間仕切り壁が撤去できる

ここからは、バリアフリーリノベーションに適したマンションの専有部分における特徴を見ていきましょう。
まず、住戸内の間仕切壁が撤去できる物件は、バリアフリーリノベーションに適しています。
つまり、“ラーメン構造”の物件ですね。
間仕切壁を撤去できれば、お年寄りや障害者の方が生活しやすくなるよう、間取りを比較的自由に変更できます。
一方、“壁式構造”の物件は、床や壁、天井で建物を支えているため、基本的には間取りの変更ができません。

水回り設備を移動させられる

バリアフリーリノベーションに適したマンションは、水回り設備を移動させられるという特徴も持っています。
水回り設備を移動させることができれば、バリアフリーな間取りを設計する際の選択肢が広がるため、ここは抑えておきたいですね。
ただ、構造上移動が可能でも、マンションの管理規約によって制限されているケースがあるため、必ずその点は確認しておきましょう。

床下のスペースが広い

床下のスペースが広いマンションも、バリアフリーリノベーションには適していると言えるでしょう。
逆に、床下にあまりスペースがない物件は、水回りと廊下の間にある段差をなくせない可能性があるため、注意が必要です。
わずかな段差が、お年寄り等の生活を不便にしてしまうことも考えられるため、この点も忘れずにチェックしましょう。

バルコニーの床の高さを変更できる

バリアフリーリノベーションに適しているマンションには、バルコニーの床の高さを変えられるという特徴もあります。
多くのマンションは、室内とバルコニーの境目に段差があり、この段差を取り除くことも、大きなバリアフリーリノベーションの1つだと言えます。
もちろん、バルコニーは専有部分ではなくあくまで共有部分であるため、管理規約に沿ったリノベーションが必要なことも忘れてはいけません。

まとめ

バリアフリーリノベーションを前提とした中古マンションの購入には、これだけ多くのチェックポイントがあります。
もちろん、すべての特徴を網羅しているマンションを購入しなければいけないとは言いませんが、少しでもリノベーションしやすい物件を選ぶことは大切です。
間違っても、購入後にリノベーションできないと気づくようなことはないようにしましょう。
東京都江東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中