コラム

【江東区の不動産屋さんが解説】リノベーションする前に階段の種類を知ろう

住宅のリノベーションをする場合、階段をどこに設置するのかによって、室内の雰囲気がガラッと変わります。
また、住宅に設置できる階段には複数の種類があるため、これからリノベーションをするのであれば、前もって知っておきましょう。
ここからは、階段の種類とそれぞれが持つ特徴を解説していきます。

①直階段

住宅に設置する階段として、もっともポピュラーなのが“直階段”です。
読んで字の如く、上から下までまっすぐに伸びているところが特徴です。
また、直階段が持つメリットには、主に以下のことが挙げられます。

• 設置面積が小さい
直階段はシンプルな造りであり、なおかつ途中に踊り場を設ける必要がないため、設置面積が小さく、その分部屋は広くなります。

• 家具の搬入がしやすい
直階段を設置すれば、下階から上階への動線がまっすぐになるため、必然的に家具の搬入がしやすくなります。

一方で、直階段には“足を踏み外すと危険”というデメリットもあります。
直階段は、途中に踊り場がありません。
また、上から下までまっすぐ伸びているため、上の方で足を踏み外してしまった場合、一番下まで転落する可能性があります。

②かね折れ階段

途中に踊り場が設けられ、L字に曲がっている階段を“かね折れ階段”といいます。
これも、多くの住宅で見られるタイプですね。
また、かね折れ階段には、“転落時のダメージが少ない”という大きなメリットがあります。
途中で折れ曲がっていて、なおかつ踊り場があるかね折れ階段では、上の方から転落しても一番下まで落ちてしまうことがありません。
ただ、設置するためにはある程度のスペースが必要ですし、直階段と比べると設置コストもかかりやすいです。

③折り返し階段

かね折れ階段と同じく、途中踊り場が設置されていて、なおかつL字ではなくU字に曲がっている階段を“折り返し階段”または“回り階段”といいます。
このタイプのメリットは、やはり“間取りの設計がしやすい”というところですね。
U字のかね折れ階段の場合、階段を上り始める地点、上り切る地点が同じであるため、間取りの設計がしやすくなります。
ただ、階段の幅ギリギリの大型家具や家電などを運び入れる際、途中で180度向きを変えなければいけないため、非常に苦労するでしょう。
もちろん、かね折れ階段と同じく、設置には十分な面積と費用が必要になります。

④螺旋階段

足の踏み場が螺旋状になっている階段を“螺旋階段”といいます。
このタイプは、室内よりも、室外の非常階段等で目にする機会の方が多いかもしれませんね。
ただ、階段の一種であることは変わりないため、当然リノベーションの際、室内に螺旋階段を設けることは可能です。
また、螺旋階段を設置することのメリットは、なんといっても室内がオシャレになることですね。
例えば、吹き抜けになっているような室内の真ん中に螺旋階段を設置すれば、一気にセカンドハウスのような優雅な間取りになります。
しかし、螺旋階段は形状が複雑であり、決して安価では設置できません。
また、ステップ(足の踏み場)が中心に近いほど、踏める面積が狭くなるため、安全性も決して高いとは言えないでしょう。

複数の種類を組み合わせることも可能

住宅のリノベーションで設置できる階段の種類は、主に前述の4つですが、これらの階段を組み合わせて、1つの階段を造ることも可能です。
例えば、かね折れ階段を2つ組み合わせれば、2つの踊り場が設けられた階段が完成します。
つまり、途中でL字に2回曲がる階段が出来上がるというわけですね。
したがって、どのような階段を設置しようか迷っている方は、1つ1つの種類にこだわらず、柔軟に設計することを心掛けましょう。

階段のデザインにもこだわろう

リノベーションで階段を設置するのであれば、形状だけでなくデザインにもこだわりましょう。
階段には、主に以下の2つのデザインがあります。

①箱型階段
文字通り、長い箱を積み重ねたように見える階段を“箱型階段”といいます。
皆さんがイメージする階段はこれでしょう。
このデザインは、どちらかというと見た目よりも機能性を重視していて、階段の下には収納スペースやトイレを設置することもできます。
また、他のデザインと比べて、それほど設置コストはかかりません。

②オープン階段(スケルトン階段)
ステップとそれを支える骨組みだけで構成されていて、段と段の間の板(蹴込み板)がないデザインの階段を“オープン階段”または“スケルトン階段”といいます。
開放的なデザインであるだけでなく、観葉植物や小物を配置するだけで、簡単にオシャレな雰囲気が作れてしまうというメリットがあります。
ただ、箱型階段よりコストはかかりやすいです。

まとめ

ここまで、階段の種類とそれぞれの特徴を中心に解説してきましたが、いかがでしたか?
住宅に設置する階段は、間取りや家族構成などによって、適しているものが異なってきます。
したがって、リノベーションをする際は、まず各階段のメリットとデメリットを把握し、どれを設置するのが最適なのかを考えるところから始めましょう。
東京都江東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中