コラム

【江東区の不動産屋さんが解説】リノベーションを行う目的について

これまで、住宅のリノベーションを行うという選択肢を考えたこともなかった方は、「何のためにリノベーションをするの?」と疑問に思っている方もいるかもしれません。
では、実際中古物件を購入し、リノベーションを行っている方々は、一体どんな目的を持っているのでしょうか?
詳しく解説しましょう。

①使い勝手を良くする

中古物件の使い勝手を良くするということを目的に、リノベーションに踏み切るという方はとても多いです。
物件によっては、前の入居者の好みや生活に必要な要素が強く反映されていることもあります。
また、一般的には使い勝手が良い物件でも、入居する方によっては使いにくいと感じることもあります。
つまり、少しでも生活における無駄をなくしたり、利便性をアップさせたりするために、リノベーションを行うという方は非常に多いということです。

②デザイン性、見栄えを良くする

デザイン性や見映えをよくすることを目的に、リノベーションを行うという方も非常に多いです。
特に、築年数の経過した中古物件を購入する方は、見栄えを良くするリノベーションに注力する傾向にありますね。
もちろん、デザインや見映えを重視しすぎると、かえって使い勝手の悪い住宅になってしまうことも考えられますが、利便性とのバランスを考えて工事すれば、新築あるいは築浅物件と同等の物件を手に入れることも可能です。

③費用をできるだけ抑える

住宅取得時にかかる費用をできるだけ抑えることを目的に、リノベーションを行うという方も非常に多いです。
新築の注文住宅を購入する場合、自身の理想に限りなく近い物件を手に入れることができますが、その反面取得費の総額はとても高くなってしまいます。
一方、中古物件のリノベーションであれば、注文住宅と同じようにある程度理想的な間取り、デザイン、設備を実現できるにも関わらず、費用は比較的安くなります。
もちろん、どのようなリノベーション工事を行うのかにもよりますが、基本的に中古物件をリノベーションする方が費用を抑えられる可能性は高いです。

④人体に害のある物質を使わない

住宅を構築する素材等において、人体に害のある物質を使わないことを目的に、リノベーションを行うという方もいます。
すでに建築された中古物件の中には、人体に害のある化学物質等が常に放出されているようなところもあります。
例えば、ホルムアルデヒドや有機リン系・ネオニコチノイドなどの物質ですね。
ただ、リノベーションによって、安全な素材を使用したり、安全な構造にしたりすることで、身体と心を癒せる理想的な住居が完成します。
具体的には、焼却・廃棄しても安心な素材、防腐剤や防虫剤処理をしていない素材の使用、乾燥しやすい構造にすること、自然素材の持ち味を生かすことなどを心掛けるのが大切ですね。

⑤エコな住宅を完成させる

先ほど解説した、“人体に害のある素材を使わない”ということも正確にいえば該当しますが、エコな住宅を完成させることを目的にリノベーションを行う方は意外と多いです。
具体的には、以下のような目的でのリノベーションですね。

 住宅エネルギー効率を良くする
 エコな素材を使用する
 最新のテクノロジーを導入する

⑥売却時の資産価値を高める

売却時の資産価値を高めることを目的に、中古物件のリノベーションを行うという方も少なくありません。
例えば、新築の注文住宅の場合、売却時に購入時と同等もしくはそれよりも高い資産価値を持たせておくのは、非常に難しいです。
ただ、中古物件をリノベーションすれば、購入価格が安い分、売却時も同等の資産価値を維持できる可能性があります。
また、その時点での需要によっては、購入時より高く売却できる可能性もゼロではありません。
もちろん、リノベーション自体に費用がかかっているため、好条件で売却できたからといって、必ずしも利益が生まれるわけではありませんが、高く売却するための工夫はとても重要です。

⑦独自の減税を受ける

独自の減税を受けるということを目的に、中古物件のリノベーションに踏み切るという方もいます。
住宅ローンを利用して新築物件を建築する場合、”住宅ローン減税“が適用されますが、中古物件でリノベーションをする場合も、同じように減税制度の対象になります。
具体的には、耐震やバリアフリー、省エネなどのリノベーションにおいて、一定要件を満たす場合に適用される“投資型減税”や、リフォームローンなどを借りて行う一定要件をクリアするリノベーションが対象となる“ローン型減税”などが挙げられますね。

まとめ

ここまで、リノベーションを行う主な目的について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
今まで、リノベーションにあまり興味がなかったという方も、前述のようなさまざまな目的があることを理解していただけたかと思います。
もちろん、絶対に新築より中古物件のリノベーションを選ぶべきというわけではありませんが、マイホーム購入の際は、それぞれのメリット・デメリットを必ず把握した上で判断しましょう。
東京都江東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中