コラム

【江東区の不動産屋さんが解説】住宅に廊下は必要なのか?

リノベーションを行って間取りを変更する場合、廊下をどこに設置しようか、どれくらいの長さ・幅にしようか悩む方は多いでしょう。
しかし、そもそも住宅において、廊下は果たして必要なのでしょうか?
今回は、廊下がない住宅のメリット・デメリットについて解説したいと思います。

廊下がない住宅のメリットについて

まずは、廊下がない住宅のメリットを見ていきましょう。
具体的には、以下のようなメリットです。

・居住スペースが広くなる
・費用が浮く
・家族のコミュニケーションが取りやすくなる
・生活動線が短くなる

居住スペースが広くなる

廊下がない住宅は、その分居住スペースを広めに取ることができます。
例えば、玄関からリビングまで伸びる廊下をなくせば、廊下の分リビングが確実に広くなります。
もちろん、この場合、リビングのみを広くする必要はなく、キッチンや浴室、トイレなど、他の部屋を少しずつ広くして、全体のバランスを調整することも可能です。

費用が浮く

リノベーションの際、廊下を作らないということは、当然その分リノベーション費用が浮くことになります。
また、費用が浮けば、他の部屋や設備などのリノベーション費用に充てられるため、住宅全体のグレードはアップするでしょう。
もちろん、浮いた費用はリノベーション費用だけでなく、新居におけるインテリアの購入費用や、今後住宅でかかるランニングコストの貯蓄などに回すこともできます。

家族のコミュニケーションが取りやすくなる

例えば、1階にリビングがあり、2階にそれぞれの家族の部屋があるとしましょう。
この場合、廊下があれば、玄関からリビングを通過せず、そのまま2階に上がれるような間取りにもできます。
ただ、これでは家族のコミュニケーションが希薄になるおそれがあります。
一方、1階に廊下を設けない間取りにすれば、2階に行く際、基本的には一度リビングを通過しなければいけなくなります(玄関の真横に階段を設ける場合を除く)。
こうすることで、家族同士がリビングで顔を合わせる機会が増え、コミュニケーションの場を設けやすくなります。

生活動線が短くなる

廊下が長ければ長いほど、生活動線は長くなります。
また、生活動線が長くなると、洗濯や掃除などの家事にかかる負担は大きくなります。
ただ、廊下が存在しなければ、部屋から部屋への移動、室内から室外、室外から室内への移動距離が短くなります。
身体の不自由な方、お年寄りの方がいる世帯などは、極力廊下を省いた間取りの方が生活しやすいかもしれません。

廊下がない住宅のデメリット

では、廊下がない住宅のデメリットには、一体どんなことが挙げられるでしょうか?

・プライバシーが確保しにくい
・音やニオイが漏れやすい
・動線が交差しやすい
・冷暖房効率が悪い

プライバシーが確保しにくい

住宅の廊下がないと、プライバシーが確保しにくくなります。
例えば、リビングから直接各居室に通じているような間取りの場合、リビングから室内が見えやすくなってしまいます。
また、来客が訪れた際には、普段生活しているスペースを隠すのが難しくなります。

音やニオイが漏れやすい

廊下がある住宅では、部屋と部屋の間に廊下があるケースもあります。
ただ、廊下がない住宅は、廊下を挟んでいない分、各部屋の音が漏れやすくなります。
また、キッチンで調理をするニオイが家全体に広まりやすいということも、人によってはデメリットに感じるでしょう。

動線が交差しやすい

廊下がない場合、生活動線は短くなりますが、その分各家族が通れるスペースは重なりやすくなります。
つまり、通りたいときに通れなかったり、狭い隙間を無理やり通らなければいけなかったりするケースが増えるということです。
また、これが家族のストレスを生み、関係性の悪化に繋がってしまう可能性もゼロではありません。

冷暖房効率が悪い

住宅内に廊下がなければ、その分空間は広くなります。
そのため、広々とした開放感は得られますが、その分冷暖房効率は若干悪くなります。
また、冷暖房効率が悪いということは、しっかり冷暖房を効かすために、普段より温度を下げたり(上げたり)、風速を強くしたりしなければいけないということになります。
つまり、廊下がない場合、冷暖房の費用もかかりやすくなるということです。

【結論】廊下はあった方が良い!

廊下を削減することによって、広々とした居室が作れますし、当然費用も抑えられます。
ただ、メリット以上にデメリットが多いため、最低でも玄関からリビングに通じる廊下は作るようにしましょう。
削れるスペースは、その後でも十分見つけられます。

まとめ

ここまで、廊下がない住宅のメリット・デメリット、廊下の必要性について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
長い間住み続けられる快適な住宅を作るにあたって、廊下は必要不可欠なものです。
もちろん、十分に廊下を設けられない場合もあるかもしれませんが、たとえ短く幅が狭い廊下であっても、十分に機能してくれるでしょう。
東京都江東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中