コラム

【江東区の不動産屋さんが解説】住宅に設置するインターホンの種類と特徴

古い住宅をリノベーションする際には、新たにインターホンを設置するというケースも多いです。
また、インターホンを設置するなら、どのような種類があるのか、それぞれどんな特徴を持っているのかを把握しなければいけません。
詳しく解説しますので、快適な家づくりにぜひ活かしてください。

住宅に設置するインターホンは主に3種類

リノベーションによって住宅に設置するインターホンには、主に以下の3種類があります。

・インターホン(音声通話機能のみ)
・モニター付きインターホン
・セキュリティ機能付きインターホン

では、それぞれの特徴を見ていきましょう。

インターホン(音声通話機能のみ)

呼び出し、音声通話という機能のみが付いたシンプルなインターホンです。
いわゆるインターホン、あるいは“ドアホン”は、このタイプを指すことが多いです。
また、このタイプには、室内に付いている親機が受話器になっているものと、スイッチを押して応答するものの2種類があります。
どちらも機能が限られているため、他のタイプよりも設置費用は抑えられますが、来訪者の顔を確認できないため、いかんせんセキュリティの面では不安があります。

モニター付きインターホン

来訪者の顔をチェックできるように、室内親機にモニターが付いているタイプです。
モニターには、チャイムを鳴らされた時点で顔が表示されるため、姿を見た上で応答するかしないかを判断できます。
例えば、セールスや勧誘などに関しては、服装である程度見極められるでしょう。
ただ、西向き・南向きなどの玄関では、逆光になり来訪者の表情が見にくくなる可能性があるため、注意が必要です。

セキュリティ機能付きインターホン

セキュリティ性がさらに向上したモニター付きインターホンです。
メーカーによって搭載されている機能は異なりますが、窓もしくはドアに専用のセンサーを取り付け、非常時に通報してくれる機能などが付いていることが多いです。
ただ、機能が充実している分、設置金額は高額になりやすいです。

インターホンに搭載されていると便利な機能

リノベーションによってインターホンを設置する場合は、上記のうち“モニター付きインターホン”、あるいは“セキュリティ機能付きインターホン”を選ぶケースがほとんどだと思います。
また、これらのインターホンを設置する際は、以下のような便利な機能が搭載されているかどうかも確認しましょう。

・タッチパネル液晶
・広角レンズ
・録画機能
・LEDライト
・ボイスチェンジ機能
・室内通話機能
・スマホ連動機能
・電気錠機能

タッチパネル液晶

室内にあるモニターに直接触れ、感覚的な操作ができる機能です。
モニターだけでなく、“通話”、“モニター”、“終了”などのスイッチもタッチパネル式になっているタイプもあります。

広角レンズ

室内のモニターから、より広範囲を確認できる機能です。
通常のレンズであれば、左右は90度前後までしか見ることができませんが、広角レンズなら約170度まで見ることも可能です。
もちろん、レンズは上下にも動きますし、ズームやワイド機能も使えます。

録画機能

留守中に訪れた来訪者の映像を録画する機能です。
中には、SDカードに映像を保存し、パソコンなど別のデバイスで再生できるタイプもあります。

LEDライト

これは、室外のチャイム部分に設置されたライトです。
LEDライトがあれば、たとえ夜間であっても、少し離れた距離に来訪者が立っていても、顔がハッキリ見えやすくなります。

ボイスチェンジ機能

室内親機で応答した女性の声を、男性の声に変えて対応できるという機能です。
セールスや勧誘を生業とする人の中には、対応したのが女性だとわかった途端、無理やり入ってこようとしたり、しつこく玄関の前に居座ったりする人もいるため、これは防犯対策としてなくてはならない機能だと言えます。

室内通話機能

ワイヤレスの子機と室内親機を繋げることによって、室内にいる家族同士で通話ができる機能です。
また、中には室内からの呼び出しなのか、室外からの呼び出しなのかについて、呼び出し音やLED色で識別できる室内親機もあります。

スマホ連動機能

留守中にチャイムが鳴ったことや、来訪者の画像などをスマートフォンで確認できる機能です。
基本的には、モニターとルーターをインターネットで繋ぎ、スマートフォンに専用のアプリをインストールすることで利用できます。

電気錠機能

通常、玄関の鍵はドアの前まで行かなければ解錠・施錠できません。
一方、電気錠機能付きのインターホンであれば、玄関まで行くことなく、親機または子機から開閉できます。

まとめ

ここまで、住宅に設置するインターホンの種類や特徴、あると便利な機能について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
ファミリー世帯がリノベーションをする際は、できるだけセキュリティ性の高いインターホンを設置しましょう。
また、インターホンを使う際のストレスを極力減らすためには、前述した機能が付いていることを確認するのも大切です。
東京都江東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中