コラム

【江東区の不動産屋さんが解説】屋根裏部屋のリノベーションについて

住宅に新たなスペースを増やしたい方の中には、“屋根裏部屋”の設置を検討している方もいるのではないでしょうか?
屋根裏部屋は、通常の部屋とは異なる特徴を持っているため、設置する際には豊富な知識が必要になります。
今回は、屋根裏部屋の活用例や設置する際のポイントなどについて解説します。

屋根裏部屋の活用例について

屋根裏部屋は、主に“収納スペース”として活用されることが多いです。
特に、各部屋にある収納スペースがいっぱいになっている方にとっては、かなり重宝するでしょう。
また、大人が歩けるくらいの高さの天井にすれば、屋根裏部屋を“ウォークインクローゼット”として使うこともできます。
その他でいうと、寝室や書斎、勉強部屋や子どもの遊び場に使われることもありますね。
つまり、あらゆる用途で活用可能なのが、屋根裏部屋の魅力だということです。

屋根裏部屋リノベーションのポイント

屋根裏部屋をリノベーションする際は、事前に以下のポイントを押さえておきましょう。

①法律を把握する
屋根裏部屋は、最上階の天井裏であれば、簡単に設置できるわけではありません。
設置する際は、法律を遵守する必要があります。
例えば、屋根裏部屋の広さは、下の階の床面積の半分以内でなければいけませんし、昇り降りする部分には、折り畳み式もしくは取り外しができるはしごを設置する必要があります。
これを守らずにリノベーションすると、違法建築となってしまうため、注意しましょう。
また、天井高が1.4m以上になると、それは屋根裏部屋ではなく新たな“階”とカウントされます。
つまり、2階建ての住宅に天井高1.4m以上の屋根裏部屋を設けると、その住宅は3階建てになってしまうということですね。
階数が増えると、住宅にかかる各種税金や保険料も上がってしまうため、こちらも注意しなければいけません。

②用途を明確にする
屋根裏部屋のリノベーションをする場合は、事前に用途を明確にしておきましょう。
例えば、書斎として設置する場合と、クローゼットとして使う場合とでは、造り方にかなり違いが出ます。
もちろん、リノベーション工事をしている最中に用途を変えるのは、非常に難しいです。

③採光を考慮する
完成した屋根裏部屋に窓を設置するのは、決して簡単ではありません。
そのため、リノベーション計画を立てる段階から、採光のことはきちんと考えておきましょう。
また、屋根裏部屋の場合、壁ではなく天井に窓を設置することもあるため、窓を設けるのであれば、位置も事前に決めておきましょう。

④換気・断熱性を考慮する
屋根裏部屋は、住宅の中で1番熱がこもりやすいと言っても過言ではありません。
そのため、どのような用途で使う場合でも、断熱性は考慮すべきでしょう。
また、窓や換気扇などを設置し、換気することでも、室内が高温になるのを防止できるため、そのための設備を設置することも忘れてはいけません。

⑤はしごの位置、収納方法を考慮する
先ほど触れたように、屋根裏部屋の昇り降りは、必ずはしごで行うことになります。
ただ、何も考えずに設置すると、真下の部屋が使いにくくなったり、はしごを真っ直ぐに下ろせなかったりする可能性があるため、注意しましょう。
また、子どもや高齢者の方も屋根裏部屋を利用するという場合は、手すりを設置することも忘れてはいけません。
ちなみに、屋根裏部屋に設置できるはしごには、主に以下のような種類があります。

 収納式はしご
普段は天井裏に収納しておき、屋根裏部屋に上がるときだけはしごを引き出せるというタイプです。
はしごを収納するスペースを必要としないため、設置場所の自由度が高いところがメリットです。

 可動式はしご
使用しないときは壁にかけておき、屋根裏部屋に上がるときに移動させて使用するタイプです。
一般的には、昇り降りがしやすいように、ある程度の角度が付けられています。
物を持って昇降する際などは、こちら方が安全だと言えます。

屋根裏部屋リノベーションの費用について

屋根裏部屋をリノベーションする際の費用は、壁紙や床材等の造作によって大きく変わります。
ただ、床や壁紙等を他の部屋と似たような内容にするのであれば、工事費用も他の部屋とほとんど変わりません。
むしろ、壁紙を貼らず、床を合板等のまま仕上げるのであれば、その分他の部屋のリノベーションよりは費用を削減できます。
ちなみに、屋根裏部屋における各工事のリノベーション費用相場は、以下の通りです。

 はしごの設置:約10万円
 床面の施工:1畳あたり約2万円
 断熱工事(床面、屋根、壁):約60万円
 分配器からの配線追加、換気扇・照明・コンセントの設置:約6万円 等

まとめ

ここまで、屋根裏部屋のリノベーションにおけるポイントや費用などについて、まとめて解説しましたが、いかがだったでしょうか?
設置することで、住宅の使い道が広がる屋根裏部屋ですが、リノベーションする際は綿密な計画とある程度の費用が必要になります。
そのため、特に用途が決まっていない場合、焦って設置する必要はありません。
東京都江東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中