コラム

【江東区の不動産屋さんが解説】平屋をリノベーションするという選択肢

中古物件のリノベーションを検討している方は、“平屋”の購入も検討してみましょう。
平屋には、2階建てあるいは3階建ての建物にはない特徴があり、場合によってはリノベーションしやすくなることも考えられます。
ここからは、平屋の概要、平屋のリノベーションに向いている人などについて解説したいと思います。

平屋の概要

階層が1階層になっている建物を“平屋”といいます。
簡単にいうと、1階建ての建物ですね。
近年、街中で平屋を見かける機会は徐々に少なくなってきましたが、地方や住宅密集地などでは、いまだに複数の平屋が軒を連ねる光景が見られます。
また、平屋は1階建てであるため、造りがとてもシンプルです。
したがって、2階建てや3階建てよりも耐震面で有利だったり、垂直方向の移動がないため平面計画がしやすかったりというメリットを持っています。
ちなみに、同面積の建物であれば、2階建てや3階建てよりも平屋の方が土地の面積が広いことから、地価が高いエリアでは、平屋が高級住宅という扱いを受けることも珍しくありません。

平屋のリノベーションに向いている人

中古の平屋でリノベーションをするのに向いているのは、ずばり“バリアフリーリノベーション”を重視する方です。
なぜなら、平屋はその特性上、とてもバリアフリー化がしやすいからです。
平屋には高低差がほとんどないため、そもそも高齢の方や身体が不自由な方にとって優しい造りになっています。
また、その状態から行うバリアフリーリノベーションは、明らかに一般の中古物件と比べて負担や費用もかかりにくいです。
もちろん、部屋と部屋の間にはどうしても段差ができますが、これは床下の素材、断熱材を変更し、段差を挟む床の高さを調整すれば解消可能です。

一家団欒を楽しみたい方にも平屋のリノベーションはおすすめ

「一家団欒を楽しみたい!」というファミリー世帯も、平屋のリノベーションには向いているといえます。
なぜなら、平屋は2階建てもしくは3階建ての物件と比べて、各家族との“距離感”を感じにくいからです。
すべての部屋が同じ階にある平屋よりも、リビングと個室等が1階、2階に分かれている物件の方が、どこか家族の距離感を感じてしまいますよね。
具体的には、平屋の各部屋における仕切りを取り除いたり、スケルトンの素材に変更したりすることで、より一家団欒が楽しめる家になるでしょう。
ちなみに、家事をしている間も子どもをしっかり見ておきたいという方にとっても、比較的目が届きやすい平屋のリノベーションはおすすめです。

平屋の階数を増やすことはできるのか?

中古の平屋を購入し、リノベーションするという選択肢について、以下のような疑問を持っている方もいるでしょう。
「平屋に飽きてしまったとき、平屋である必要がなくなったとき、リノベーションで階数を増やすことはできるの?」
つまり、リノベーションによって、平屋を2階建てにすることはできるのかという疑問ですね。
結論からいうと、平屋の階数を増やすことは可能です。
ただ、実践するのは決して簡単ではありません。
なぜなら、平屋はもともと2階建てになることを想定して造られていないからです。
無理やり平屋の上に新たな構造物を乗せると、重さに耐え切れず損壊することも考えられます。
したがって、平屋の階数を増やす場合は、建物の外側に新たな基礎、柱を設置することになります。
また、階段の場所、1階の間取りとの兼ね合いも考えて、綿密に計画した上で2階の間取りを決めなければいけません。
ちなみに、平屋の階数を増やすと、当然その住宅の床面積は増加します。
そのため、各エリアで定められた建蔽率をオーバーしないかどうかにも注意を払う必要があります。

平屋購入時の注意点について

平屋にはバリアフリーリノベーションがしやすかったり、各家族との距離感を感じにくかったりというメリットがあります。
また、平屋の概要で少し触れたように、構造がシンプルな分、耐震面が有利であるところもメリットです。
ただ、平屋が一般的な住宅であったのは昔のことであり、現在残っている中古の平屋の中には、かなり築年数が経過しているものもあります。
したがって、しっかりチェックしてから購入しなければ、耐震性が現在の基準を大きく下回っていることも考えられます。
そのような平屋を購入すると、想定外の耐震リノベーション費用がかかる可能性があるため、注意しましょう。
もちろん、平屋に築浅物件が存在しないというわけではありませんが、上記のチェックはより入念に行うべきです。

まとめ

ここまで、平屋をリノベーションするという選択肢について解説してきました。
今まで、リノベーションを前提とした中古物件の購入で、平屋を選択肢に入れていなかったという方は多いかと思います。
また、“平屋=不便、古い”というイメージは確かにありますが、リノベーションの目的によってはとても有意義な買い物になる可能性もあるため、今一度現状や希望、目的を再確認しておきましょう。
東京都江東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中