コラム

【江東区の不動産屋さんが解説】浴室乾燥機のメリット・デメリット・設置費用

さまざまな世帯に人気のある設備の1つに、“浴室乾燥機”が挙げられます。
これがあるだけで、浴室の使い勝手は飛躍的に良くなります。
では、浴室乾燥機の設置には、一体どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
また、浴室乾燥機のリノベーションには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

浴室乾燥機を設置することのメリット

リノベーションで浴室乾燥機を設置することのメリットには、主に以下のことが挙げられます。

・洗濯物を干せる
・カビの発生を防げる
・暖房、冷房機能も付いている

洗濯物を干せる

浴室乾燥機設置のメリットといえば、なんといっても“浴室内で洗濯物を干せる”という点でしょう。
急いで洗濯物を乾かしたい場合、部屋干しをするスペースがない場合などには、とても重宝します。
また、浴室乾燥機と同じような機能を持つ設備として“洗濯乾燥機”が挙げられますが、これで洗濯物を乾かす場合、シワができたり縮んだりすることがあります。
一方、浴室乾燥機を使用する場合、しっかりと洗濯物を広げた状態で干せるため、このような心配はありません。

カビの発生を防げる

浴室乾燥機のメリットには、“カビの発生を防げる”ということも挙げられます。
入浴後、浴室の水分をしっかり除去しておかないと、カビが発生しやすくなります。
また、一度色素が沈着してしまったカビはなかなか取れません。
ただ、入浴後に浴室乾燥機を稼働させておけば、簡単に水分を飛ばすことができ、カビが生えにくい環境が生まれます。

暖房、冷房機能も付いている

浴室乾燥機には、乾燥機能だけでなく暖房、冷房機能も付いています。
そのため、暑い時期は涼しく、寒い時期は暖かい状態で、快適な入浴時間を過ごせます。

浴室乾燥機を設置することのデメリット

一方、浴室乾燥機をリノベーションで設置することには、以下のようなデメリットもあります。

・電気代がかかりやすくなる
・多くの洗濯物は干せない可能性がある
・使用中は入浴できない

電気代がかかりやすくなる

浴室乾燥機を設置すると、当然電気代はかかりやすくなります。
例えば、浴室乾燥機を1日4時間程度稼働させ、洗濯物を乾かすという場合には、120~200円ほどの光熱費がかかります。
これが毎日となると、月3,600~6,000円となり、冷房や暖房も付けることを考えると、月の電気代は10,000円近く高くなる可能性もあります。

多くの洗濯物は干せない可能性がある

ベランダやバルコニーとは違い、浴室内ではあまり多くの洗濯物が干せません。
もちろん、一度に干せないからといって何回にも分けていると、その分電気代はかかりやすくなるため、注意してください。

使用中は入浴できない

これは当然のことですが、浴室乾燥機を使って洗濯物を乾かしている最中は、入浴するのが難しくなります。
そのため、家族構成によっては、いつでも洗濯物を干せるわけではありません。

浴室乾燥機のリノベーションにかかる費用

浴室乾燥機を設置するための工事費は、20,000~30,000円程度に設定されていることが多いです。
ただ、これに本体価格もプラスされるため、トータルのリノベーション費用は10万円前後かかると考えておきましょう。
また、浴室に換気扇が付いている場合、天井埋め込み型の浴室乾燥機を設置することができますが、この場合には開口部のサイズ調整、天井の補強工事などが必要になるため、さらに費用は高額になります。
さらに、元々換気扇すら付いていない場合は、配線や配管工事も必要なため、40~50万円程度の費用がかかることも珍しくありません。

浴室乾燥機の種類について

浴室乾燥機と一口にいっても、その種類はさまざまです。
それぞれの特徴と家族の要望を踏まえた上で、どのタイプを設置するのか決定しましょう。
具体的には、以下のタイプがあります。

・天井埋め込み型
・天井付け型
・壁掛け型

天井埋め込み型

名前の通り天井に埋め込むタイプで、すっきりとした空間を保つことができるのが特徴です。
リノベーションでも設置されるケースが多いタイプですが、天井に埋め込むスペースがない場合は設置できません。

天井付け型

既存の換気扇を外して設置するケースが多いタイプで、こちらもリノベーションではよく設置されます。
もともとある換気扇に上から被せることもでき、その場合はあまり設置費用がかかりません。

壁掛け型

天井裏にはダクトを通さず、既存の換気口を利用して設置するタイプです。
エアコンのように、浴室の壁に設置されます。
設置は非常に簡単ですが、構造上取り付けられないケースも少なくないため、前もって設置可能かどうかは確認しておきましょう。

まとめ

ここまで、皆さんが憧れる設備である浴室乾燥機のメリット・デメリット、設置費用などについて解説してきました。
浴室乾燥機を設置する際には、浴室全体や洗面所・脱衣所回りのリノベーションに関しても、実施すべきかどうか考えることをおすすめします。
そうすることで、浴室乾燥機は本当に必要なのか、どのタイプにすべきなのかといったことが見えてきます。
東京都江東区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中