コラム

【葛飾区の不動産屋さんが解説】テーマに合わせた天井の作り方

住宅の天井をどのような材料にするかは、その家の雰囲気を左右する大きなポイントです。
したがって、これからリノベーションをする方は、自身がどのようなテーマの住宅を作りたいのか整理し、そのテーマに合った材料を選ばなければいけません。
ここからは、各テーマに合った天井の材料・デザインについて解説します。

①癒し

癒しを求めた住宅にするのであれば、天井には無垢材を使用するべきですね。
優しい色合いと綺麗な木目は、見ているだけでリラックスできます。
また、和室の天井であれば、神社や寺などで使用される“格天井”がおすすめです。
格天井は、もっとも格式高い天井様式と言われていて、正方形もしくは八角形の区画を、石組みや漆喰、木材によって分割するものです。
和室でゆっくりと寝転がりながら癒されたいという方は、ぜひ採り入れてみましょう。

②和風

和風をテーマに住宅を作り上げていくのであれば、“網代柄”のクロスを天井に採用しましょう。
網代とは、木や竹、草などの植物を細く薄く加工したものを材料とし、縦横交互に編んだものをいい、このようなデザインのクロスを採用するだけで、床の間等のランクはグッとアップします。
また、和の雰囲気を採り入れたいのであれば、“木毛セメント板”もおすすめですね。
これは、リボン状に細長く削り出した木材を、セメントペーストで圧縮成型した建材で、採用することにより、部屋全体が落ち着きのある空間となります。

③モダン

モダンをテーマにした住宅にするのであれば、天井には白、あるいは黒を入れるようにしましょう。
例えば、白と黒の組み合わせにより、市松模様に仕上げることで、シンプルながらもモダンでオシャレな天井が完成します。
また、天井の白いクロスに少し模様を加えるだけでも、かなりモダンな雰囲気は演出できます。
具体的には、円が幾何学的に並んだ上品で落ち着きのあるクロスを採用するといった方法ですね。
オシャレなテーブルクロスのようなイメージです。
あるいは、直線のラインに凹凸がついているような天然材を使用することでも、デザイン性の高さとシックなイメージを兼ね備えた住宅が作れます。
色は黒がおすすめですね。

④レトロ

住宅のテーマとしてレトロを掲げるのであれば、やはりどこか懐かしいと感じさせる天井に仕上げるべきです。
例えば、四角形と花びら模様が幾何学的に並んでいるような白いクロスは、レトロな雰囲気とわずかなゴージャス感を演出してくれます。
また、縦縞と横縞が交互に並ぶクロスにも、同じような懐かしさがありますし、シンプルながら落ち着きのあるデザインは、寝室にピッタリですね。

⑤北欧風

北欧風の住宅を作るなら、天井には白系の材料を用いましょう。
特におすすめなのが、床材のようにストライプの目地が入っているものです。
これと併せて、壁や床をすべて同系色にすることで、統一感と清潔感、そして北欧のリゾートホテルのような雰囲気を醸し出すことができます。
ちなみに、ベージュやブラウンなどの色合いでも、ヨーロッパの住宅のようなスタイリッシュな雰囲気は演出できます。

⑥高級感

全体的に高級感を重視した住宅を作りたいという方は、まず天井や壁、床のカラーを70%程度統一することから始めましょう。
また、天井自体に高級感を出したい場合は、”折り上げ天井“の採用をおすすめします。
これは、天井の中央部分を周囲より1段高く取った天井をいい、主にリビングや玄関などのリノベーションに用いられます。
折り上げ天井を採用すれば、部屋に奥行きと開放感が生まれ、それが高級感にも繋がります。
ちなみに、折り上げ部分の色や素材を変えたり、化粧梁を取り付けたりすることによって、部屋にメリハリが生まれます。

⑦ヴィンテージ

住宅全体にヴィンテージ感を出したいという方におすすめの天井材は、なんといっても“足場板”ですね。
足場板とは、主に工事現場で作業する際の作業板のことを指し、作業員の体重を支える必要があるため、高い強度が求められます。
また、ある程度使用された足場板は、天井材として活用することも可能です。
ペンキや錆びの跡、割れ、反りなどには味わいを感じられるため、裸電球などのアイテムと併せることで、立派なヴィンテージ住宅が出来上がります。

⑧機能性

とにかく機能性重視の住宅を作りたい方は、天井材にも機能性に優れているものを採用しましょう。
具体的には、消臭・抗菌などの機能を持ったものや、湿度が上がると湿気を吸収し、乾燥すると放出する調湿機能を付加したもの、あるいはホルムアルデヒドの吸着や分解が可能なものなどが挙げられますね。

まとめ

ここまで、各テーマに合った天井の材料・デザインについて解説してきましたが、いかがでしたか?
これからリノベーションをする方は、前述したいずれかにテーマを絞り、まとまりのある住宅を完成させましょう。
また、テーマに沿った住宅を作り上げるのであれば、もちろん天井だけでなく、壁材や床材も同じくらい慎重に選ばなければいけません。
東京都葛飾区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中