コラム

【葛飾区の不動産屋さんが解説】リノベーションにおける主なデザインテイスト

住宅のリノベーションには、“デザインテイスト”というものが存在します。
これは、雰囲気やテーマを指す言葉であり、リノベーションをするのであれば、必ず前もって決定しておかなければいけません。
今回は、初めてリノベーションをするという方に向けて、主なデザインテイストの特徴を解説していきたいと思います。

①ナチュラル

名前の通り、自然の温もりや素材感を全面に押し出したデザインテイストです。
オークやメープル、バーチ等の木材をメインに使用するのが特徴で、自然素材を採り入れることによって、環境負荷を抑えることもできます。
また、他のデザインテイストに比べてシンプルなのも特徴で、無駄のない落ち着いた雰囲気で生活したいという方にはおすすめですね。

②モダン

シンプルであるところはナチュラルと同じですが、無機質かつスタイリッシュなところがモダンの大きな特徴です。
そのため、ガラスや金属等の素材を用いることが多いですね。
また、テーマカラーは基本的に白、黒などのモノトーンカラーですが、挿し色として明るい色を採り入れることで、よりモダンのスタイリッシュな雰囲気は際立ちます。
例えば、壁や天井はすべて白と黒で統一し、テーブルやイスなどのインテリアに情熱的な赤を採り入れるようなケースですね。

③和モダン

ベースとなる和室に、オシャレな欧米のインテリア等を採り入れるというデザインテイストです。
落ち着きのある和の空気に、スタイリッシュなデザインが加わるため、シンプルながら個性的なデザインにすることが可能です。
使用する色としては、ベージュやブラウン、オリーブなどの優しいアースカラーが多いですね。
和洋折衷の雰囲気を楽しみたいという方にはおすすめです。

④カントリー

ナチュラルと同じく、主に自然素材を基調として作り上げるデザインテイストです。
色合いはベージュやブラウン等の淡い色が多く、ナチュラルに若干レトロな雰囲気が加わったようなイメージですね。
手作り感のあるインテリアや、アンティーク調の雑貨等を飾ることで、よりその雰囲気は際立ちます。
ちなみに、カントリーは、アメリカ開拓自体の素朴な雰囲気を持つ“アメリカン”、フェミニンな雰囲気が特徴の“フレンチ”、欧米伝統の梁や土壁、タイル等が多用される“ブリティッシュ”の3つに大別されます。

⑤クラシック

主にヨーロッパ地方の伝統的な雰囲気を採り入れた、豪華なデザインテイストです。
フランスやイギリス、イタリアなど、各国・各時代の格式ある模様、彫刻入りのインテリア等を採り入れることで、欧米の暮らしが忠実に再現されます。
古典的ながら近代的な雰囲気も併せ持っているため、和風よりも洋風の住宅が好みだという方は、ぜひ採り入れたいですね。

⑥カフェ風

読んで字の如く、自宅にいながらカフェ気分が楽しめるデザインテイストです。
近年、非常に流行しているスタイルで、基本的にはカウンターキッチン、小さめのカウンターチェアが設置されることが多いです。
また、壁には主にブリックタイル、テーブルにはナチュラルテイストなものが採用されるのも特徴ですね。
カフェ感をより強く出すためには、ペンダントライトや観葉植物など、その他のインテリアや小物にもこだわる必要があります。

⑦ホテルライク

まるでホテルのように洗練された美しさ、リラックスできる雰囲気が絶妙なバランスで保たれているデザインテイストです。
光沢のあるタイルやガラスドア、大理石等の本物素材を使用して、シンプルかつ趣のある空間に仕上げられます。
また、上質なキッチンやワインセラー等、設備もこだわることで、ワンランク上の暮らしを実現させてくれます。

⑧アジアン

明るく開放的な空間で、ゆったりとした時間を過ごせるデザインテイストです。
まるでアジアのリゾートホテルを訪れたように、リラックスできる住まいにリノベーションするのが特徴です。
また、チークや藤、ルーバー等、アジアを感じさせるアイテムを使用すれば、一気にエキゾチックな雰囲気に変わります。
特に、ベッドルームをアジアンテイストにすれば、バカンスに訪れたような贅沢な気分が味わえますね。

⑨ミッドセンチュリー

直訳すると、“世紀の中頃”という意味になるデザインテイストです。
あまり聞き慣れないという方も多いかもしれませんが、これは20世紀の半ば(1940~1960年頃)にデザインされたインテリア、流行した雰囲気などを指す言葉です。
この時代は、技術革新から工業製品の大量生産が可能になった時代で、色鮮やかなプラスチックのインテリアが数多く登場しています。
また、室内には宇宙や近未来を連想する流線形のデザイン、幾何学模様などが施されています。

まとめ

ここまで、主なデザインテイストの特徴について解説してきました。
これらのデザインテイストの中には、必ず自身の理想とするものがあります。
したがって、まずは方向性を決定してから、独自のデザインや間取り、インテリアの設置などについて考えるようにしましょう。
何でもかんでも採り入れてしまうと、住宅の統一感が欠如してしまいます。
東京都葛飾区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中