コラム

【葛飾区の不動産屋さんが解説】住宅に使用できる防音材の種類

住宅のリノベーションでは、壁や天井などに防音材を入れ、より快適に生活できる住宅を造る方も少なくありません。
ただ、せっかくこのようなリノベーションをするのであれば、防音材について詳しく知っておく必要があります。
今回は、住宅に使用できる防音材の種類と特徴について解説します。

防音材は大きく3種類に分かれる

住宅に使用できる防音材は、大きく以下の3種類に分かれます。

・遮音材
・吸音材
・防振材

遮音材は、名前の通り音を遮断するための材料であり、吸音材は音を吸収し、音の反響や共振などを防ぐためのものです。
また、防振材は住宅の振動そのものを吸収したり、抑制したりする材料を指しています。

遮音材の種類について

では次は、代表的な遮音材の種類と特徴を見ていきましょう。

・石膏ボード
・鉛シート

石膏ボード

石膏を主成分とした素材を板状にし、特殊な板紙で包んだ建築材料を“石膏ボード”といいます。
非常に優れた遮音性を持っている材料で、厚手品の使用や複数枚の重ね張り、吸音材との併用などにより、より効果を発揮します。
また、切断には特殊な道具を必要とせず、簡単に切断できます。
ただ、石膏と紙で造られているため、水や湿気には強くありません。

鉛シート

名前の通り、鉛を原材料としたシート状の遮音材を“鉛シート”といいます。
極力な遮音効果があり、天井や壁、床などに施工可能です。
また、吸音材の下張りにも適しています。
しかし、鉛は大気汚染の原因とされる有害物質に指定されているため、メーカーによっては製造販売を行っていない場合もあります。

吸音材の種類について

続いては、代表的な吸音材の種類とその特徴について解説します。

・ウレタンフォーム
・グラスウール
・ロックウール

ウレタンフォーム

プラスチック樹脂であるポリウレタンを原材料とした気泡状の吸音材を“ウレタンフォーム”といいます。
気泡に音が入り込み、中でいろいろな方向に跳ね返ることで、音のエネルギーを分散させ、反響や音漏れを少なくします。
中でも、内部の気泡が繋がり合った“連続気泡”と呼ばれるタイプは、もっとも吸音率が良いとされています。
ただ、硬質のウレタンフォームは、若干設置コストが高くなります。

グラスウール

ガラスを主原料とした、地球に優しい吸音材を“グラスウール”といいます。
多孔質材料であり、音の入射に伴う空気振動が内部の空気室部分に伝わり、粘性摩擦が生じることで、音エネルギーが熱エネルギーに変換されます。
中音域から高音域まで、幅広い音域において優れた吸音性を発揮するにも特徴です。
ただ、隙間なく施工するのが難しいところはデメリットと言えるでしょう。

ロックウール

高炉スラグや天然の岩石を原料とした、鉱物系の材料を“ロックウール”といいます。
断熱材としての認識が強いですが、線維の間に詰まった空気が音のエネルギーを吸収する効果を持つことから、吸音材としても重宝されています。
また、鉱物系の材料であるため、シロアリ被害もほとんど起こりません。
しかし、グラスウールよりも価格は高く、なおかつ重さがあるため、脱落してしまうことも考えられます。

防振材の種類について

最後は、代表的な防振材の種類と特徴を見ていきたいと思います。

・防振ゴム
・ゴムシート

防振ゴム

名前の通り、音の振動を伝わりにくくするためのゴムを“防振ゴム”といいます。
細かく分けると、円柱型やV型、マウント型や吊り型などさまざまな種類がありますが、一般的に住宅では円柱型がよく用いられます。
振動、衝撃の伝達を防ぐ役割があるため、防振だけでなく緩衝、防音効果も望めるのがメリットです。

ゴムシート

読んで字のごとく、ゴム製でできたシート状の防振材を“ゴムシート”といいます。
小さな防振や防音効果に優れていて、フローリングなどで防振材として使用する場合は、薄い紙シートなどを下に敷いてからゴム板を敷き詰め、その上からカーペットなどを敷きます。
施工が簡単なところがメリットです。

防音材の設置費用について

上記の防音材をバランス良く組み合わせて設置するためには、当然費用がかかります。
また、どれくらいの防音効果を望むのかによって、以下のように費用相場は変わってきます。

・近隣の話し声などが気にならないようにしたい:15~20万円程度
・スピーカーで思いっきり音楽を楽しみたい:20~25万円程度
・子どもの足音が階下に聞こえないようにしたい:80~85万円程度
・電車や車の音が気にならないようにしたい:85~90万円程度
・ホームシアターを造りたい:150~270万円程度
・家で楽器を楽しみたい:130~500万円程度

まとめ

ここまで、住宅で使用可能な遮音材、吸音材、防振材の種類について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
リノベーションをするにあたって、防音を意識するのはとても大切です。
近隣や周辺環境の騒音は、生活において大きなストレスになってしまうこともあります。
特に中古物件の中には、防音性に優れていないものも多いため、必ずリノベーションを実施しましょう。
東京都葛飾区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中