コラム

【葛飾区の不動産屋さんが解説】押し入れリノベーションのアイデア

押し入れは、寝具や衣類などを多く収納できるものですが、リノベーションを施せば、他の方法で活用することもできます。
今回は、押し入れの新たな可能性を見出してもらうために、リノベーションのアイデアをいくつか紹介したいと思います。
興味がある方はぜひ参考にしてください!

ワークスペースとして活用する

まずは、ワークスペースとして活用するというアイデアです。
例えば、押し入れの中板を外し、床や壁を改装すれば、デスクとイスが置けるくらいのスペースが確保できます。
もちろん、ワークスペースとして活用する際は、基本的に引き戸(ふすま)をすべて撤去した方が、使い勝手は良くなります。
また、押し入れの中板を残し、その部分をそのままデスクとして使用するという方法もあります。
近年は、コロナの影響でテレワークをする方も増えていますので、ワークスペースの確保に困っているという方には、ぜひ実践していただきたいですね。

見せる収納として活用する

押し入れには引き戸が付いているため、通常は“見せない収納”として使用します。
ただ、引き戸を外し、押し入れの中に複数の棚を設置すれば、“見せる収納”としても活用することができます。
また、先ほど紹介したワークスペースとしての活用と組み合わせれば、広々としたデスクと、仕事関係の書類などを収納するスペースを同時に確保できます。

キッズスペースとして活用する

押し入れをリノベーションすれば、キッズスペースとして活用することもできます。
例えば、中板が2枚入っていて、3段になっている押入れがあるとします。
この場合、まずは引き戸を取っ払い、一番下の段は見せる収納として、2段目は学習机として、3段目は子どもがおもちゃなどで遊ぶスペースとして活用できます。
床から3段目にはしごをかければ、子どもでも簡単に上り下りできます。
また、子どもが落下するのが怖いという場合は、当然上記のレイアウトを入れ替えても構いません。
このように、キッズスペースとして押し入れを活用することで、子どもにとって魅力的な空間が出来上がりますし、他の場所にわざわざキッズスペースを設けたり、学習机を置いたりする必要もなくなります。
あまり規模の大きくない住宅においては、とても効果的なリノベーションとなるでしょう。

ベッドルームとして活用する

押し入れをリノベーションすることによって、ベッドルームとして活用することもできます。
例えば、中板にサイドバーを取り付け、その上にマットレスを敷けば、あっという間に2段ベッドが完成します。
もちろん、下の段はそのまま収納スペースとして活用しても構いません。
また、幼児がいる世帯では、ベビーベッドを設置するケースも多いかと思いますが、押し入れをくり抜いてそこにベビーベッドをはめ込むことで、幅を取らずに設置することが可能です。

リビングの一部として活用する

リビングに大きめの押し入れがあるという間取りでは、そのまま押し入れをリビングの一部として活用することもできます。
例えば、一度押し入れの中をすべてくり抜き、そこにテレビボードやテレビを設置すれば、十分リビングの一部として機能します。
また、押し入れ部分を空っぽにすれば、これまで対面する2方向にしか置けなかったソファが、3方向に置けるようになる可能性もあります。
使い方は無限にあるため、一度このようなリノベーションも検討してみましょう。

押し入れのリノベーションにかかる費用について

押し入れリノベーションにかかる費用に関しては、以下の金額を目安にしてください。

・押し入れの解体費用:10,000円前後
・クロス、床の補修、張り替え費用:12,000円前後
・床の補強工事:10,000~20,000円前後
・中板の追加費用:5,000円前後
・開き戸、折れ戸への交換費用:60,000~100,000円前後
・ふすま紙の交換費用:1枚あたり2,000~10,000円前後
・その他の諸経費(廃棄物処理費用など):20,000円前後

ちなみに、“天袋”がある押し入れの場合は、敷居を取り除く作業が必要なケースもあるため、通常よりも費用が割高になると考えておきましょう。
天袋とは、押し入れの上部にある、ふすまがついた小さめの収納部分のことを指しています。

押し入れリノベーションの注意点は?

押し入れの床は、一般的な部屋の床とは構造が異なります。
基本的には、下地を組まず、ベニヤ板のみを貼っているケースが多いため、ここを生活スペースとして活用する場合は、床の補強工事を行わなければいけません。
また、中古物件の場合、結露によってカビが繁殖し、押し入れの中が傷んでいることも考えられます。
この場合は、断熱剤を用いた工事なども必要になるでしょう。

まとめ

ここまで、押し入れリノベーションのアイデアをいくつか紹介させていただきましたが、気になるアイデアはありましたでしょうか?
実際中を空にしてみるとわかるかと思いますが、押し入れの中は皆さんが思っているよりも広いケースが多いです。
よって、収納場所としてだけでなく、さまざまな活用方法を考えることをおすすめします。
東京都葛飾区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中