コラム

【葛飾区の不動産屋さんが解説】猫を飼う方が行うリノベーションとは?

これからリノベーションを行う方の中には、ペットを飼っている方もいるかと思います。
また、そのような方は、せっかくなら猫にとっても飼い主にとっても、生活しやすい住宅を造りたいですよね。
今回は、ペットの代表格である猫を飼う方が行うべきリノベーションについて解説します。

猫を飼う方のリノベーションにおけるポイントは3つ

猫を飼う方がリノベーションをする場合は、3つのポイントを押さえましょう。
まず1つ目が、“爪とぎ”です。
猫は室内で爪をとぐため、リノベーションを行うときにはそのことも頭に入れておかなければいけません。
2つ目は、“ニオイ”です。
猫の尿は強いニオイを放つため、市販の砂や消臭剤だけではなかなか対処しきれません。
そして、3つ目は“運動不足”です。
猫は犬などと違って飼い主が散歩をさせるわけではないため、室内で運動できるスペースを確保する必要があります。

爪とぎ対策になるリノベーション

リノベーションを行う際に、壁紙を守る“カバー材”を貼ることで、猫の爪とぎ対策となります。
具体的には、猫が立ち上がって前足が届かない程度の高さ(床から90cm程度)まで、表面が滑らかでキズが付きにくいカバーを貼りましょう。
爪とぎがしにくいとわかれば、猫は自然とその場所から離れていきます。
また、床にキズが付くことも考えるのであれば、キズに強い床材を使用すべきです。
例えば、床の木材組織にプラスチックの樹脂が注入されたものや、コルクを心材に使った合板材、広葉樹(ウォールナット、ナラ)を使った床材などはおすすめですね。
もちろん、これらのキズに強い床材は、日常生活におけるキズも防ぐことができるため、使用して損はありません。

ニオイ対策になるリノベーション

猫は比較的体臭が少ない動物ですが、尿のニオイは残りやすいと言われています。
特にマンションに住む場合、ニオイに関する対策は取っておきたいですよね。
したがって、猫を飼う方は、まずトイレ周辺でニオイ対策となるリノベーションを施しましょう。
具体的には、“消臭壁材”の設置ですね。
消臭壁材とは、文字通りニオイを吸着し、部屋にニオイを残さない壁材をいい、代表的なものには“エコカラット”などが挙げられます。
エコカラットは、LIXILから販売されている多機能壁材で、タイルのように壁に貼り付けるだけで、主に3つの機能を発揮する優れものです。
ちなみに、消臭以外の機能には、調湿機能、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドやトルエンなどの有害物質を吸着、低減する機能が挙げられます。
また、厚みのある消臭壁材を用いることで、ニオイと爪とぎの対策を同時に取ることも可能です。

運動不足対策になるリノベーション

猫が健康に生活するにあたって、適度な運動は欠かせません。
また、猫は自由に行動できる環境を好むため、運動不足になるとストレスを感じやすくなってしまいます。
したがって、猫を飼う方は、“キャットタワー”あるいは“キャットウォーク”を造りましょう。
キャットタワーとは、高いところに登るのが好きな猫の生活を快適にしてくれるグッズをいい、複数の足場によって構成されています。
リノベーション時にキャットタワーを設置するのであれば、しっかり固定され、ぐらついたり転倒したりする心配が少ない“天井突っ張りタイプ”の設置がおすすめですね。
また、キャットウォークとは、高い位置に設置された猫専用の通路をいいます。
これらをリノベーションによって設置すれば、猫の運動不足は解決されますし、ストレスも溜まりにくくなります。
ちなみに、キャットタワーやキャットウォークは、色合いやデザインによって、室内をオシャレにするインテリアのような役割を果たすこともあります。
例えば、室内をブラウンやグレー、ホワイトなどシックな色合いにし、それらの色とキャットタワー、キャットウォークの色、デザインを合わせれば、部屋の一部として溶け込みやすくなるでしょう。

その他のアイデアについて

猫を飼う方の中には、トイレをどこに設置すべきか悩む方もいるでしょう。
そのような方は、階段下等の開いているスペースを有効活用し、中にトイレを造ることも検討しましょう。
また、そこに猫用の出入口、換気扇を設ければ、来客時もニオイを心配する必要がなくなります。
そして、よく動き回る元気な猫を飼っている方は、主に猫が行き来する部屋の扉にも猫用の出入口を設けましょう。
そうすれば、猫が出入りできるよう、いちいちドアを半開きにしておく必要はありませんし、猫が移動するたびに飼い主がドアを開ける手間も省けます。

まとめ

ここまで、猫も飼い主も快適に暮らすためのリノベーションについて解説してきましたが、いかがでしたか?
猫などのペットは、当然言葉を発することができません。
したがって、生活環境については、飼い主がしっかり考えて整備する必要があります。
また、リノベーション後に問題が生じた場合には適宜改善し、常にストレスフリーな環境が作れるよう心がけてください。
東京都葛飾区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中