コラム

【葛飾区の不動産屋さんが解説】“納戸”をつくるメリット・デメリット

大規模なリノベーション工事といえば、やはりイメージされるのは間取りの変更や、新しい部屋の設置です。
また、住宅に設置される部屋の中には、一般的な居室とは少し異なるものがあります。
その1つが“納戸”です。
今回は、リノベーションで納戸をつくるメリット・デメリットを中心に解説します。

納戸の概要

窓が少なく、採光量が十分でないことが理由で、居室とは認められない部屋のことを“納戸(なんど)”といいます。
具体的にいうと、建築基準法上、居住の目的のための居室については、採光に関する基準、換気に関する基準をクリアしなければいけませんが、納戸はこれを満たしていません。
ちなみに、納戸は“サービスルーム”と呼ばれることもあり、間取り図では“S”と表記されることが多いです。

リノベーションで納戸をつくるメリット

では、住宅のリノベーションで納戸をつくることには、一体どんなメリットがあるのでしょうか?
主なメリットとしては、以下のことが挙げられます。

・収納スペースとして活用できる
・作業スペースとして活用できる

収納スペースとして活用できる

納戸をつくる最大のメリットは、やはり“収納スペースとして活用できる”という点でしょう。
納戸は居室とは認められていないものの、通常の居室と変わらない程度のスペースを有していることが多いです。
そのため、アウトドア用品など、かさばりやすいものも収納できます。
また、納戸は採光量が少ないため、日光の影響をあまり受けません。
よって、食品などの直射日光を避けて保管したいものの収納スペースとしても向いています。
もちろん、ハンガーラックなどを設置すれば、ファミリークローゼットとして活用することも可能です。

作業スペースとして活用できる

リノベーションで納戸をつくるメリットとしては、“作業スペースとして活用できる”ということも挙げられます。
繰り返しになりますが、納戸は居室として認められていない部屋です。
ただ、居室と同じように使ってはいけないというルールはありません。
例えば、デスクや本棚を設置すれば、作業スペースとして活用することができます。
ここ最近は、自宅でテレワークを行う方も増えていて、そのような方にとっては貴重なスペースとなるでしょう。

リノベーションで納戸をつくるデメリット

一方で、納戸をつくることには以下のようなデメリットもあります。

・空調管理が難しい
・薄暗い
・他の部屋が狭くなる

空調管理が難しい

これは納戸そのもののデメリットですが、空調管理は一般的な居室と比べて難しいです。
なぜなら、窓が付いていなかったり、極めて小さい窓しか付いていなかったりするため、換気がしにくいからです。
また、納戸はもともと居室としての使用を前提としていないため、エアコンを設置するためのコンセント、ダクトは基本的にありません。
もちろん、リノベーションの段階で設置することは可能ですが、それなら最初から十分な採光量のある居室をつくった方が良いでしょう。

薄暗い

納戸は基本的に、物を収納するためにつくられるスペースです。
また、何度も言うように採光量が少ないため、照明がなければ薄暗く、作業スペースとして活用しづらくなります。

他の部屋が狭くなる

納戸の広さは、一般的な居室とあまり変わりません。
そのため、設置することによって、同じ階にあるリビングダイニングやキッチン、寝室など、他の部屋が狭くなってしまうおそれがあります。

うまく納戸を活用するためのポイント

収納スペースとして、あるいは作業スペースとして納戸をうまく活用するためには、以下のポイントを押さえておきましょう。

・ラック等を設置する
・引き戸にする
・デスクの代わりに大きな板を設置する

ラック等を設置する

納戸は収納スペースとしては広いため、ついつい物が集まりすぎてしまい、何がどこにしまってあるのかわからなくなることがあります。
そのため、ラックやタンス等を設置し、整理しやすい環境にしておくことをおすすめします。

引き戸にする

納戸を収納スペースとして活用する際のポイントとしては、いかに物を出しやすく、しやいやすくできるかということが挙げられます。
よって、開き戸や折り戸ではなく、引き戸を設置するようにしましょう。
こうすることで、ドアの近くに物を収納しても、開けづらくなることがありません。

デスクの代わりに大きな板を設置する

納戸を作業スペースとして活用する際は、作業専用のデスクを設置するよりも、大きめの板を壁に設置することをおすすめします。
この方が、他の用途への変更がしやすいからです。

まとめ

ここまで、リノベーションで納戸をつくるメリット・デメリットを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?
家族構成や状況に合わせて、さまざまな使い方ができるというところが、納戸の持つ一番の魅力といえます。
もし、リノベーションの予算にある程度余裕があり、なおかつ転用性の高い部屋がほしいというのであれば、設置を検討してみても良いでしょう。
東京都葛飾区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中