コラム

【足立区の不動産屋さんが解説】テレワークに対応するためのリノベーション

ここ最近、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、テレワークを導入する企業が増加しています。
ただ、初めてテレワークを行ったときに、これまでとの環境の違いに戸惑ったという方も多いのではないでしょうか?
今回は、テレワークに対応するためのリノベーションについて解説しますので、興味がある方は参考にしてください。

テレワークの概要

まず、テレワークというものが一体どういうものなのかについて解説したいと思います。
テレワークとは、情報通信技術を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことをいいます。
ちなみに、テレワークは自宅で行う“在宅勤務”、勤務先以外のオフィススペースで行う“サテライトオフィス勤務”に分けられますが、今回は“テレワーク=在宅勤務”というニュアンスで解説していきます。
新型コロナウイルスの感染拡大により、人同士の接触を極力避けなければいけない状況の中、テレワークはそれを回避しながら企業活動を成立させられる方法として、大きく注目を集めています。
また、新型コロナウイルスの勢いが収まった後も、テレワークは企業におけるスタンダードな働き方として、継続して実施される可能性が高いとされています。

テレワークに対応するリノベーションのポイント

テレワークに対応するリノベーションにおけるポイントは、なんといっても“集中できる環境づくり”です。
通常、オフィスで勤務する場合、周りにはたくさんの上司や部下の方がいますし、「職場にいる」ということでスイッチが入るため、集中力は高まりやすくなります。
ただ、自宅で行うテレワークの場合、基本的にはいくらでも休憩することが可能ですし、家族の声などが気になって集中できない可能性も多いにあります。
では、自宅でも業務に集中できる環境は、一体どうやって作ればいいのでしょうか?

ワークスペースの確保は必須

テレワークに集中できる環境を作るためには、ワークスペースの確保が必須です。
例えば、オンライン会議やチャットなどが必要な場合に、ペットや子どもが部屋に入ってきたり、背景でプライバシーが丸見えになったりするのは嫌ですよね。
また、業務上の機密保持の観点からも、生活スペースとワークスペースはある程度区切るようにしましょう。
具体的には、布製品や家具を使用したゾーニングがおすすめですね。
テレワークを行っているときのみカーテンで仕切ったり、チェスト等の家具で生活空間を区切ったりすれば、簡単にワークスペースは確保できます。

リビングにワークスペースを確保したい場合は?

子どもがまだ小さい方などは、できればリビングで様子を見ながら業務をこなしたいですよね。
そんなときは、リビングの一角にガラス張りのワークスペースを設けましょう。
あるいは、リビング横に独立した部屋を作り、室内窓を設置することで、子どもの状況を逐一チェックしながら作業できます。
窓を閉めておけば、それほど声も気にならないでしょう。

照明にも工夫しよう

テレワークに集中できる環境を作るなら、照明にも工夫しましょう。
基本的に、住居の照明はオフィスよりも暗いことが多いです。
特に、リビングやダイニングの明るさは300~500㏓(ルクス)程度しかなく、照明の色も暖色系であることがほとんどです。
パソコンなどの作業に適している明るさは1000㏓程度だと言われているため、これではまったく足りませんね。
したがって、ワークスペースには意識して蛍光灯などを使用し、色は昼白色にすることをおすすめします。
また、テレビ会議等をする場合も、照明を明るくしていた方が見映えが良くなり、表情の変化なども相手に伝わりやすくなります。

リノベーションをする前に確認しておきたいことは?

テレワークに対応するためのリノベーションでは、まずワークスペースの確保が必須だという話をしましたが、実はその前に確認しておきたいことがあります。
それは、テレワークを行うのに必要な環境です。
例えば、使用するパソコンの種類や台数、サイズ、必要な通信環境、周辺機器などですね。
また、それと併せて、コンセントの位置や数、場所も確認する必要があります。
テレワークを行うのに十分な環境が整ったスペースにしか、すぐにワークスペースは確保できませんので、注意しましょう。
ただ、コンセントは増設することが可能なため、リノベーションによって環境を整えることはもちろん可能です。
ちなみに、コンセント増設の費用は、その方法によって異なります。
単純にコンセントの差込口を増やす場合は5,000円程度、既存の電気配線から分岐して増設する場合は12,000円程度、分電盤から専用の配線を用いて設置する場合は16,000円程度が相場だと覚えておいてください。

まとめ

ここまで、最近話題のテレワークに対応するためのリノベーションについて解説してきましたが、いかがでしたか?
概要で触れたように、すでにテレワークが導入されているような企業では、今後も継続してテレワークが実施される可能性が高いです。
したがって、ある程度思い切ったリノベーションを行っても、大きく後悔することはないでしょう。
東京都足立区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中