コラム

【足立区の不動産屋さんが解説】ブルックリンスタイルとは?

ファッションや音楽にトレンドがあるように、リノベーションにもトレンドがあります。
また、ここ数年実施する方が増加しているのが、“ブルックリンスタイル”のリノベーションです。
今回は、そんなブルックリンスタイルの概要と、具体的なリノベーションの手法について解説したいと思います。

ブルックリンスタイルの概要

アメリカ・ニューヨーク州近郊にある行政区の1つ、ブルックリンを発祥とする住宅のスタイルを“ブルックリンスタイル”といいます。
このエリアに元々工場、倉庫などが多かったことから、“インダストリアル(工業的)スタイル”とも呼ばれていますね。
ブルックリンは、世界でも有数のオシャレタウンであり、雰囲気のあるインテリアショップ、カフェなどが多く建ち並んでいます。
つまり、そのような建物を彷彿とさせる、オシャレなビンテージ感を出した内装にするのが、ブルックリンスタイルだということですね。
ちなみに、ブルックリンは流行の最先端を行く街ですが、居住者の多くは賃料の安さを選んだ移民、アーティストなどの低所得者であり、それらの居住者の根底には、「古いものを活かしてオシャレに暮らそう」という考え方があります。

主なブルックリンスタイルのリノベーション

ブルックリンスタイルのリノベーションには、主に以下の手法が挙げられます。

①レンガを使用する
②木目を採り入れる
③黒板を採り入れる

それぞれ具体的に見ていきましょう。

レンガを使用したリノベーション

ブルックリンのオシャレな街並みを再現するにあたって、レンガの使用は欠かせません。
なぜなら、ブルックリンにある建物の多くは建て替えを行わず、建築された当時の状態のままになっていて、昔はレンガの使用が一般的であったからです。
例えば、壁をレンガで組み立てれば、あっという間にビンテージ感とオシャレな雰囲気が漂う内装が出来上がります。
また、壁の一部分だけにレンガを使用するのもオシャレですね。
ちなみに、ブルックリンスタイルの流行に伴い、近年はたくさんの種類のレンガが販売されるようになりました。
したがって、今後のことを考えて、壁を元に戻せる状態にしておきたいのであれば、発泡スチロールに色を塗った擬似レンガや、レンガ調の壁紙を使用しましょう。

木目を採り入れたリノベーション

木目を採り入れたリノベーションも、ブルックリンスタイルの代表的な手法です。
例えば、敢えて古い木目調の床を設置したり、オブジェとして流木を飾ったりすることで、ブルックリンのカフェのようなオシャレで落ち着いた雰囲気を演出できます。
ちなみに、これの対極にあるといっても過言ではないのが、“インダストリアル”を採り入れたリノベーションです。
これも、ブロックリンスタイルのリノベーションにおける手法であり、具体的にはコンクリート打ち放し、配管剥き出しの天井や床にすることを指します。
どちらかと言うと、男性に好まれるケースが多いですね。
したがって、木目とインダストリアルのどちらを採り入れるかに関しては、柔らかい雰囲気を求めているのか、それとも重厚感のある雰囲気を求めているのかで判断しましょう。

黒板を採り入れたリノベーション

ブルックリンの街に点在するカフェには、黒板に店名やメニューなどが書かれたところも多く、住宅のリノベーションにおいても、このスタイルがよく採用されます。
例えば、レシピなどを書き込む理由で、キッチン付近に黒板を設置すれば、利便性とオシャレさを同時に手に入れることができます。
また、家族がよく利用するリビングに黒板を設置することで、伝言板や手書きのカレンダー等としても利用可能です。

ブルックリンスタイルのリノベーションにおける注意点は?

ブルックリンスタイルのリノベーションでは、古い雰囲気の内装と、ビンテージの家具を組み合わせることが大切です。
ただ、ビンテージの家具や革製品などに関しては、素材や質にこだわりすぎると、リノベーション費用が高額になってしまいます。
もちろん、安くしすぎるとオシャレな雰囲気は出にくくなるため、そこのバランスはうまく考えなければいけません。
また、ブルックリンスタイルに仕上げた住宅は、清掃に手間がかかりやすくなります。
例えば、レンガやタイル等の凹凸、目地は汚れが溜まりやすいですし、革製品も定期的なメンテナンスをする必要があります。
もっといえば、ブルックリンスタイルのリノベーションで用いられる素材には、簡単に汚れが落ちない素材も多いです。
したがって、リノベーション後もオシャレな雰囲気を保ち続けるためには、通常の住宅にはない手間と時間をかけなければいけません。

まとめ

ここまで、リノベーション業界のトレンドであるブルックリンスタイルについて解説してきました。
ブルックリンスタイルのリノベーションには、ある程度の定義がありますが、実際どのような形にするのかに関しては、施主の考え方次第です。
また、どのような形にする場合でも、こだわるところはこだわり、削れるコストは削っていくことを考えましょう。
東京都足立区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中