コラム

【足立区の不動産屋さんが解説】リノベーションの予算が足りなくなる原因

住宅のリノベーションでは、“予算が足りなくなる”というケースがよくあります。
一説によると、リノベーションを行う方のおよそ40%が、予算が足りないという状況に陥っていると言われています。
では、事前に試算をしているにも関わらず、なぜこのようなことになってしまうのでしょうか?
今回はその原因を見ていきます。

リノベーションの予算が足りなくなる原因

リノベーションの予算が足りなくなる原因は、主に以下の通りです。

・追加の費用を想定していない
・途中でやりたいことが増える
・途中で工事の内容を変更する

それぞれ具体的に見てみましょう。

追加の費用を想定していない

たとえ試算をしていたとしても、追加の費用を想定していないと、リノベーションの予算は足りなくなる可能性が高いです。
例えば、浴室のリノベーションをする際に、土台部分が予想以上に傷んでいたことから、追加費用がかかる場合などが挙げられます。
このような想定外の費用は、場合によっては高額になることも考えられるため、リノベーション費用の試算をするのであれば、数十万円程度は余裕を持って計算しましょう。

途中でやりたいことが増える

住宅のリノベーションでは、途中でやりたいことが増えるというケースもあります。
例えば、最初はシステムキッチンの交換費用のみ、予算として設定していたとしましょう。
しかし、リノベーションをしていると、「せっかくキッチンを綺麗にするのであれば、床やクロスを張り替えたり、収納スペースを広げたりしたい…」といった風に、やりたいことが増えることもあります。
ただ、このようなやり方をしていると、予算は間違いなく足りなくなってしまうため、おすすめできません。
それならば、最初からキッチン周りで想定されるリノベーション工事を想定し、実施するかしないかは別として、その費用を試算に含めておく方が無難でしょう。

途中で工事の内容を変更する

例えば、洗面台のリノベーションをする場合で考えてみます。
最初は、洗面台と洗面所の床の交換費用のみ、予算に加えていたとします。
ただ、このときに、洗面所の床を通常の床(フローリング)ではなく、クッションフロアやコルクといった素材に変えた方が、大きなメリットを得られることがわかったとしましょう。
こうなると、当初の予定を変更し、少し費用がかかる工事を行おうとする方もいますが、これもおすすめできません。
たとえより大きなメリットを得られる工事だったり、費用対効果が高い工事だったりしたとしても、当初の予定を変えてしまうと、その他のリノベーションに費用を回せなくなってしまう可能性があります。

リノベーションの予算をオーバーさせないコツ

リノベーションの予算が足りなくなるという状況を防ぐコツとしては、主に以下のことが挙げられます。

・予算をギリギリに設定しない
・グレードダウンを検討する
・価格交渉をする

予算をギリギリに設定しない

先ほども少し触れましたが、予算が足りないという状況を防ぐためには、やはりギリギリに設定しないことが大事です。
例えば、リノベーション費用の総額が200万円である場合は、250万円程度の費用を用意しておきましょう。
これだけの余裕があれば、想定外の工事や新たに増加したリノベーション箇所に対しても、比較的スムーズに対応できるでしょう。

グレードダウンを検討する

リノベーション予算が足りないという状況を防ぐには、各リノベーション工事のグレードダウンも検討しましょう。
具体的には、あまりこだわりがない部分や、よく見ないとわからない部分などのリノベーション費用を削ることで、こだわりたい部分のリノベーション費用を増やしたり、トータルの費用削減に繋げたりすることを指しています。
何もかも希望通りにリノベーションしようとすると、どうしても予算はオーバーしてしまうものです。
つまり、費用関連のトラブルを防ぐためには、どこかで妥協するのが賢明だということです。

価格交渉をする

予算が足りない状況を防ぐには、リノベーション業者に価格交渉をするのもおすすめです。
ただ、単純に値引きを依頼するだけでは、そこまで応じてもらえない可能性が高いです。
重要なのは、リノベーションにおける熱意を伝えることです。
毎日のように熱心に電話をかけ、少しでも予算内に収まるように交渉すれば、お得なリノベーションが実施できる可能性もあります。
ちなみに、リノベーション業者の中には、セットで工事を実施することで、単独で行うよりも費用を安くしてくれるところもあるため、各業者のプランにも注目しておかなければいけません。

まとめ

ここまで、リノベーションの予算が足りなくなる原因と、その対策について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
理想の住宅を作り上げるためのリノベーション工事ですから、シミュレーション後にあれこれ内容を変更したくなる気持ちはわかります。
ただ、そのようなやり方だと、後々必要のないリノベーションを行っていたことが判明する可能性もあるため、注意が必要です。
東京都足立区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中