コラム

【足立区の不動産屋さんが解説】リノベーションでマンションの湿気を減らそう

マンションのリノベーションと言えば、間取りを変更したり、耐震工事を行ったりするイメージが強いでしょう。
ただ、湿気を減らすことを目的とした工事も、立派なリノベーションの1つです。
また、皆さんが思っている以上に、マンションの湿気を減らす工夫は重要です。
詳しく解説しましょう。

マンションは湿気がこもりやすい

マンションには、一戸建てよりも気密性が高いという特徴があります。
したがって、室内の温度はそれほど大きく変動しません。
ただ、その一方で、季節によっては内外の気温差が激しくなり、湿気がこもったり、カビが発生したりする可能性が高くなります。
また、湿気やカビを放置していると、健康被害や建材の腐食にも繋がります。
中古マンションを購入し、リノベーションしようとする方の多くは、「どんな間取りにしよう」「どんな内装にしよう」ということばかり考えがちです。
しかし、上記のような弊害を考えると、湿気をなくすためのリノベーションも同じくらいの熱量で実施しなければいけないでしょう。

断熱性を上げるリノベーションを実施しよう

冬の寒い時期には、マンションの窓の内側、壁などに結露が発生しやすくなります。
なぜかというと、冬の寒い時期は、1年でもっとも内外の気温差が激しくなるためです。
したがって、リノベーションでマンションの湿気を減らすのであれば、まず“断熱性”を上げるリノベーションを実施すべきだと言えます。
具体的には、以下のようなリノベーションです。

①内窓を設置する
すでにマンションに設置されている窓の内側にもう1枚窓をつければ、その隙間にできた空気が断熱性をアップさせてくれます。
これは、窓自体を変更するリノベーションではなく、新しいものを1つ取り付けるリノベーションであるため、行っても何ら問題はありません。
ただ、内窓の設置によって、外から見た窓の見た目が変わってしまう可能性もあります。
その場合、必ずマンションの管理組合に確認しなければいけないため、忘れないように注意しましょう。

②ペアガラスに変更する
ガラスとガラスの間に密閉された中間層を持ち、光の透過性を保ちつつ、断熱効果が得られるガラスのことを“ペアガラス”といいます。
これを既存のガラスと交換することでも、断熱性は確実にアップします。
ただ、ガラスを変更することに関しては、マンションの管理規約によって禁止されている場合があるため、あらかじめ確認しておきましょう。

③壁に断熱材を設置する
壁の湿気を防ぐためには、断熱材を設置するリノベーションがおすすめです。
もちろん、ボード状のものを設置することになるため、その分室内が少し狭くなってしまいますが、非常に高い効果が期待できるでしょう。
また、ボードによって室内が圧迫されるのを避けたいという方は、フロンガスなどの発泡剤を加えて作った“発泡ウレタン”のスプレーを吹き付けることでも同じような効果が得られます。

リノベーションで風通しを良くしよう

マンションで発生する湿気は、断熱効果を上げることでかなり改善されますが、これだけではまだ不十分だと言えます。
先ほども触れたように、マンションは気密性が高いため、室内における間仕切りが結露で濡れてしまうこともあります。
また、普段あまり風が通らないキッチンや収納スペースなども、放っておけばかなり湿気がこもるでしょう。
そのような状況を改善するには、“風通し”を良くするリノベーションを実施すべきです。
具体的には、以下のようなものが挙げられます。

①風が通りやすい間取りにする
例えば、1つの部屋に方向の異なる窓を2つ設置すれば、入ってきた空気が外に出て行きやすくなります。

②間仕切り壁に室内窓を設置する
マンションでは、間仕切り壁にも結露が発生しやすいため、できれば間仕切り壁自体にも室内窓を設置しましょう。

③収納スペースには調湿機能がある建材・仕上げ材を使用する
マンションの収納スペースには、すぐ湿気がたまってしまいます。
したがって、内部には無垢の木材や畳、珪藻土や漆喰など、調湿効果のある建材や仕上げ材を使用しましょう。

④ウォークインクローゼットの出入口を2つにする
ウォークインクローゼットがある中古マンションを購入する方、またはこれからウォークインクローゼットを設置する方は、出入口を2方向にリノベーションしましょう。
こうすることで、クローゼット内の風通しは良くなります。

⑤収納スペースに通気口を設置する
収納スペースに通気口を設置し、いつでも新しい空気が入るようにしていけば、必然的に湿気はこもりにくくなります。

まとめ

ここまで、マンションの湿気を減らすためのリノベーションについて解説しましたが、いかがでしたか?
マンションにおける湿気対策の重要性と、湿気を減らすリノベーションの種類の多さに関しては、理解していただけたかと思います。
現在まで、このようなリノベーションをあまり意識していなかったという方は、他のリノベーションとあわせてぜひ意識してみてください。
東京都足立区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中