コラム

【足立区の不動産屋さんが解説】収納リノベーションにおけるポイント

現在住んでいる住居、購入しようとする中古物件の収納スペースが少ないことから、収納リノベーションを実施しようと考える方は多いでしょう。
では、住居における収納スペースは、リノベーションによってどのように増やせば良いのでしょうか?
ここからは、収納リノベーションにおけるポイントについて解説します。

おすすめは“造作稼働棚”の設置

収納リノベーションを検討している方は、まず“造作稼働棚”を設置しましょう。
造作稼働棚とは、造り付けのオーダーメイド棚の中でも、自由に高さを変えられるものを指しています。
したがって、基本的にはどんなものでも収納することが可能です。
また、通常の棚とは違い、設置する場所の高さに合わせて置けば良いため、オーダーする前に室内のさまざまなサイズを測る必要がありません。
もっといえば、造作稼働棚には扉が存在しないため、収納だけでなく取り出すことも容易です。
そのため、ほとんど残されたスペースがない住居でも、効率的に収納スペースを生み出すことができます。
ただ、造作稼働棚は、「見える位置に収納したくない」という方にはあまり向いていません。
また、カゴやケース、カーテンなどを設置して収納物自体を見せないことは可能ですが、そうすると取り出しやすい、片付けやすいというメリットが半減してしまいます。

扉のないウォークインクローゼットを設置するのもアリ

こちらは少し規模の大きいリノベーションとなりますが、扉のないウォークインクローゼットを設置することでも、収納スペースは一気に確保できます。
例えば、服を畳んでタンスに収納する場合、“畳む”と“片付ける”という2つの作業をしていることになりますよね。
ただ、ウォークインクローゼットを設置すれば、“ハンガーにかける”という1つの作業で服を収納できます。
また、来客が訪れたとき、たとえ部屋が散らかっていても、ウォークインクローゼットがあれば、とりあえずはその場をしのげます。
もっといえば、キッチン用品や浴室・トイレ用品など、特定の場所でしか使わないもの以外はすべてウォークインクローゼットに収納しておくことで、物を紛失してしまう可能性は下がるでしょう。
ちなみに、なぜ“扉がない”ウォークインクローゼットがおすすめなのかというと、生活スペースではないところに、わざわざ扉を設けるのがもったいないからです。
もちろん、カーテンやブラインドで目隠しをしておく必要はありますが、工事費用が高くつく扉の設置は、基本的には行わなくて大丈夫です。

リビングの小上がり収納はファミリー世帯におすすめ

まだ小さな子どもがいるファミリー世帯は、リビングに小上がりを設置し、その下を収納スペースとして活用するのもアリですね。
なぜなら、子どもがよく使うおもちゃや絵本などを小上がりの下に収納することで、遊ぶ際の効率がとても良くなるからです。
もちろん、子どもにおける片付けの負担も減るため、率先して片付けをしてくれる可能性も高いです。
また、小上がりの下に寝具を収納すれば、あっという間に仮眠スペースが作れますし、友人などが宿泊するとなったときも、簡易ながらその場所で就寝してもらうことができます。
つまり、小上がり収納は、子どもが大きくなっても便利な収納スペースとして活用し続けられるということですね。

キッチン周りの収納はどうする?

キッチンで使用するアイテムは、できる限りキッチンの近くに収納したいですよね。
ただ、キッチンスペースは基本的にそれほど広くないため、工夫して収納スペースを増やす必要があります。
また、キッチンでは、配管などが収納されている梁・柱が出っ張っていることもありますが、そのような場合に活躍するのが、最初にも紹介した“造作稼働棚”です。
造作稼働棚であれば、梁や柱が出っ張っていても収納スペースを確保できますし、デッドスペースを極限まで減らすことが可能です。
ちなみに、キッチンの天井に板を吊り下げ、その上を収納スペースにする方法や、キッチンに繋がるダイニングテーブルに収納スペースを作る方法など、限られた場所でもできる工夫はたくさんあります。

廊下を活用するのもポイント

収納スペースは各部屋だけでなく、廊下にも設置できます。
廊下のリノベーションといえば、壁紙やフローリングの張り替えというイメージがありますが、埋め込み型の壁面収納をつくるだけでも、有効なスペースとなります。
特に、玄関からリビングまで廊下が伸びている住居では、アクセサリーや帽子など、外出の際に必要なアイテムを収納する場所として、ぜひ廊下を活用したいですね。
また、そのような使い方をする際には、必ず姿見も設置しましょう。

まとめ

収納リノベーションを実施する際は、特に女性、主婦の方の意見が反映されることが多いかと思います。
したがって、旦那さんがリノベーションの施主となる場合は、ぜひ奥さんの意見をしっかり聞いてあげてください。
もちろん、今回解説したポイントをしっかり押さえながら、家族全員の意見を一致させることも忘れてはいけません。
東京都足立区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中