コラム

【足立区の不動産屋さんが解説】各玄関リノベーションにかかる費用

玄関のリノベーションと一口にいっても、その方法にはさまざまなものがあります。
また、どのようなリノベーションをするのかによって、当然必要な費用も変わってきます。
ここからは、各玄関リノベーションの概要と、目安となる費用について解説しますので、興味がある方はぜひ参考にしてください。

①現在の玄関を広くするためのリノベーション

これは、現在住宅に設置されている玄関の開口部を拡大し、扉の種類を変更するリノベーションをいいます。
例えば、開き戸から引き戸、あるいは観音扉に変えるようなリノベーションですね。
こうすることで、玄関から室内に光を取り入れやすくなったり、高齢者の方や身体が不自由な方が出入りしやすい玄関を作ったりできます。
また、このようなリノベーションを実施する場合、費用はおよそ30万円前後を目安にしておきましょう。
ちなみに、このリノベーション工事では、取り壊しがあまり行われないため、解体費用や廃材の撤去費用はほとんどかかりません。

②新たな玄関を増やすためのリノベーション

家族が増えたことで、さらに住宅の利便性を向上させたい方や、二世帯住宅に変更したい方などは、現在の玄関を残したまま、2つ目の玄関を増築することもあります。
また、このリノベーションにかかる費用は、いわゆる“サブ”の玄関を新たに設けるのか、“メイン”の玄関を設けるのかによって、少し変わってきます。
つまり、“メイン玄関1つ、サブ玄関1つ”にしたいのか、“メイン玄関2つ”にしたいのかという違いですね。
二世帯住宅のように、メインの玄関を増築する場合は、40万円前後かかることもありますが、勝手口のようなサブの玄関を新たに作る場合は、25~30万円程度を目安に考えておきましょう。

③現在の玄関を取り換えるためのリノベーション

これは、現在住宅に設置されている玄関を完全に取り壊し、まったく新しい玄関を作り直すというリノベーションです。
中古で購入した物件における玄関の使い勝手が悪く、家族の動線に合わせた玄関を設置し直したい場合などに、よく行われるリノベーションですね。
また、このリノベーションでは、既存の玄関を解体する費用、または廃材の撤去費用がかかるため、全体的な費用は30~45万円程度を目安にしておきましょう。
もちろん、現在設置されている玄関が大きければ大きいほど、基本的に費用は高くなります。

④2階に玄関を増築するためのリノベーション

これは、すでに1階に備わっている玄関とは別に、2階にも玄関を設置するためのリノベーションですね。
親世帯、子世帯のメインとなる玄関を、1階と2階で分けたいときなどに行われます。
また、このリノベーションでは、まず2階に作業用の足場を建設する必要があり、最終的には1階から2階の玄関に通ずる階段も設けなければいけないため、費用はかなり高額になります。
具体的には、100~120万円前後ですね。

⑤玄関収納を増やすためのリノベーション

これは、読んで字の如く、室内側の玄関における収納スペースを増やすためのリノベーションです。
具体的には、現在設置された玄関収納を背の高いものに交換したり、下駄箱の上などにあるデッドスペースに収納を増設したりするリノベーションですね。
また、費用に関しては、どれくらいの規模の玄関収納を作るのかによって変わってきますが、ほとんどのケースが15~45万円程度に収まるでしょう。

⑥玄関を明るくするためのリノベーション

室内側の玄関の床材をコンクリート製にしたり、白系の色に変えたりすることで、玄関はある程度明るくなります。
また、間接照明や足元灯を採用することでも、明るく好印象な玄関を作ることができます。
ちなみに、玄関の床材を変更する場合は、15~25万円程度の費用がかかると考えておきましょう。
ただ、照明の取り換えに関しては、それほど費用がかかりません。
15,000~25,000円程度が目安ですね。

⑦玄関ドアの表面を綺麗にするためのリノベーション

玄関ドアの表面を綺麗にしたい場合、大半は“ダイノックシート”というシートを貼り付けるリノベーションを行います。
これは、表面に柄がプリントされた塩化ビニール樹脂製の薄いシートの裏に、粘着剤を塗布したものをいいます。
剥離紙を剥がすだけで、簡単に貼り付けることができ、玄関ドアだけでなく水回りなどで用いられることも多いですね。
また、ダイノックシートは凸凹部分にも貼ることができますし、耐候性や耐久性にも優れています。
ちなみに、シートはドアの片面のみに貼る場合で60,000~90,000円、両面に貼る場合で80,000~11万円程度の費用がかかります。

まとめ

ここまで、あらゆる玄関リノベーションの種類とその大まかな費用について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
玄関は毎日利用する空間であり、もっとも家族全員の意見が反映されていないといけない場所でもあります。
したがって、少し使い勝手の悪さを感じていたり、今後不便になることが予想されたりする場合は、思い切ってリノベーションしてみましょう。
東京都足立区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中