コラム

【足立区の不動産屋さんが解説】各種外壁材におけるメリットとデメリット

住宅の外壁に使用される“外壁材”にはさまざまな種類があり、それぞれ機能性や価格、メンテナンスの頻度等の違いを持っています。
では、これから住宅のリノベーションをする方は、一体どの外壁材を選べば良いのでしょうか?
ここからは、各種外壁材における特徴、メリットやデメリットについて解説します。

①モルタル

セメント、砂、水を混ぜて柔らかくしたものを“モルタル”といいます。
一般的には、セメント1に対し、砂を2~3の割合で混ぜ、そこに水を加えて練り上げたものですね。
日本の住宅においては、ポピュラーな部類に入る外壁材であり、他の種類よりもデザインの自由度が高いのがメリットです。
また、セメントが含まれていることにより、耐火性・耐震性・耐久性にも優れています。
一方で、モルタルには“ひび割れ”という大きな欠点もあります。
外壁にひび割れが発生すると、雨水が中に入り、室内の雨漏り、あるいは構造部分の腐食の原因となってしまいます。
したがって、住宅の外壁にモルタルを使用するのであれば、5~10年くらいの頻度でメンテナンスをし、上記のような住宅被害を防がなければいけません。
ちなみに、モルタルの塗装にかかる費用は、1㎡あたり1,500~4,000円程度とされています。

②サイディング

“サイディング”は、現在日本で一番ポピュラーと言っても過言ではない外壁材です。
一般的には、セメント製や金属製のものを指すことが多いですね。
具体的には、外壁に貼る仕上げ用の板材で、一番のメリットはやはり施工が簡単という点です。
また、耐火性や遮音性、耐震性に優れているため、低価格ながら良いパフォーマンスを発揮してくれます。
工場生産のため、品質が安定しているところも嬉しいですね。
ただ、サイディングは板と板を繋ぎ合わせる際、コーキング剤を使用するため、亀裂等の劣化が早めに出てきます。
したがって、他の外壁材よりもメンテナンスの頻度が高いのは欠点ですね。
ちなみに、コーキング剤の亀裂の他にも、以下のような劣化が見られる可能性があります。

 サイディングボードの反り
 サイディングボード自体が剥がれる
 チョーキング(触れたときに白い粉が付く) など

③タイル

石や土、粘土を約1,300℃の高温で焼き固めたものが“タイル”です。
タイルを採用すれば、他の外壁材にはない独特な高級感や重厚感を得ることができます。
デザインも豊富で、クラシックやモダン、ナチュラルといったように、好みに合わせたものを設置できるのも魅力ですね。
また、タイルの一番のメリットは、メンテナンスをほとんど必要としないところです。
タイル自体が非常に耐久性のある素材であるため、1度設置すれば、10~15年はそのままの状態で問題ありません。
ただ、そんなタイルにももちろんデメリットはあります。
1つは、設置費用の高さです。
同じ面積でも、価格はサイディングの数倍以上になる可能性があるため、注意しましょう。
そして、素材自体は他の外壁材と比べて強いものの、下地材のモルタルにはあまり弾力性がありません。
そのため、揺れを吸収できず、地震の発生時には剥がれたり破損したりする可能性が高くなります。

④ALC

発泡剤で多孔質化した軽量気泡コンクリートのことを“ALC”といいます。
これは、Autoclaved Light-weight Concreteの略称で、サイディングのように板状のものを壁にはめ込んで設置するため、施工がしやすく、断熱性や耐火性にも優れています。
近年は、さまざまなデザインのものが販売されているため、戸建て住宅の他、商業ビル等に使用されるケースも多いですね。
ただ、ALC自体には、非常に水に弱いです。
そのため、住宅に採用する際は、しっかり仕上げ材で防水対策をする必要があります。
また、雨漏りのリスクも他の外壁材と比べて高いため、設置の際はパネルの繋ぎ目におけるコーキングを入念に行う必要があります。

どの外壁材がおすすめ?

住宅の外壁にどんなことを求めるかによって、おすすめの外壁材は変わってきます。
以下を参考にしていただければ、自身にピッタリの外壁材が見つかるでしょう。

 メンテナンスの楽さを重視する方におすすめの外壁材
タイル、ALC

 価格の安さを重視する方におすすめの外壁材
モルタル、サイディング(窯業系)

ちなみに、デザインを重視して外壁材を決定したいという方は、各種外壁材が与える印象の違いを把握しておきましょう。

 モルタル:さまざまな仕上げ方法で重厚感、高級感を出すことが可能
 サイディング(窯業系):洋風、和風、モダンなどのデザインを自由に選べる
 タイル:もっとも高級感が感じられる
 ALC:他のものに比べると、あまりデザイン性は高くない

まとめ

ここまで、各種外壁材における特徴、メリット・デメリットについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
どの外壁材にも一長一短はありますが、重要なのは自身の重視するポイントに沿ったものを選ぶことです。
もちろん、価格の安さやデザイン性だけで選ぶと、後々問題が出やすくなってしまうため、バランスを考えて選ぶことも重要ですね。
東京都足立区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中