コラム

【足立区の不動産屋さんが解説】趣味を楽しむためのリノベーション

大好きな趣味がある方は、極力趣味が楽しめる住宅に住みたいと考えるでしょう。
単純に生活しやすい住宅ももちろん良いですが、せっかく住むなら遊び心がある家も悪くないですよね。
ここからは、趣味を楽しむためのリノベーション事例をいくつか紹介したいと思います。
気になる事例があれば、ぜひ参考にしてください。

①読書が好きな方向けのリノベーション

読書が好きな方の中には、「本に囲まれて生活したい」「いつでも本が読めるようにしたい」と考えている方もいるでしょう。
そのような方におすすめするのは、以下のようなリノベーションです。

 壁一面を本棚にする
本をたくさん並べるために、複数の本棚を購入して設置したり、自ら作ったりする方もいるかと思います。
ただ、もっと本に囲まれたいという方は、思い切って壁一面を本棚にしましょう。
また、1つ1つのスペースを細かく区切った本棚を壁一面に設置すれば、オブジェを置くなどオシャレな使い方をすることもできます。

 読書専用のスペースを設ける
リビングや寝室など、読書ができる場所は室内にたくさんありますが、本が大好きなのであれば、読書専用のスペースを設けるのもおすすめです。
具体的には、複数の本棚に囲まれた環境にソファーやテーブル、ライトなどを設置し、ゆったりとコーヒーでも飲みながら読書できるようなスペースですね。

 浴室のすぐ近くに本棚を設置する
読書が好きな方の中には、入浴時間にも本を読みたいと感じる方も多いでしょう。
そのような方は、浴室のすぐ近くに本棚を設置しましょう。
こうすることで、入浴時にそのまま本を選んで入ることができます。
また、浴室の中から本棚が見えるような造りにしておけば、次にどの本を読むかについても考えやすくなるでしょう。

②音楽が好きな方向けのリノベーション

音楽が好きな方の多くは、やはり大きなボリュームで音楽を聴きたいと考えるでしょう。
また、聴くだけでなく、ギターやピアノなどを演奏するのが趣味という方も多いと思います。
そんな方々は、以下のようなリノベーションを検討してみましょう。

 防音室を設置する
大きなボリュームで音楽を聴きたいとき、必要不可欠なのはやはり防音室ですね。
また、防音室の設置には非常にコストがかかるというイメージがありますが、種類によっては比較的リーズナブルな価格で設置できます。
例えば、ガラスで仕切られた寝室兼防音室などは、独立した防音室よりも工事費用が安いのでおすすめです。

 玄関ホールに楽器の演奏スペースを設置する
「楽器を弾きたいけど、わざわざ防音室を設置するのはちょっと…」と考える方は、思い切って玄関ホールを広く取り、そこを楽器の演奏スペースにすることも検討しましょう。
特に複数階の戸建て物件の場合、意外と玄関付近のスペースが余るということはよくあるため、効率良く使うためにも、1度実践できないかどうか確認してみてください。

③アウトドアが好きな方向けのリノベーション

アウトドアが趣味だという方の中には、自宅でもアウトドアな雰囲気を楽しみたいと考える方もいるでしょう。
また、そのような方々には、以下のようなリノベーションをおすすめします。

 ログハウス調にする
比較的規模の大きいリノベーションにはなりますが、自宅でもアウトドアな雰囲気を楽しみたいのであれば、ログハウス調に改造しましょう。
具体的には、無垢材などの木材を多く使用し、吹き抜けや現しの柱、梁を設置して開放感を出します。
もちろん、実際木材を使用しなくても、シートを貼れば比較的低コストでアウトドアな雰囲気が完成します。

 キャンプに出掛けやすい土間を設置する
アウトドアの中でも、キャンプに行くのが特に好きだという方は、1階部分に広めの土間を設置し、そこにアウトドア用品をまとめて収納しておきましょう。
こうすることで、キャンプに出掛けるときの準備、帰宅後の片づけがとても楽になります。
あるいは、少し広めのガレージを造り、車とアウトドア用品をどちらも収納できるスペースにするのもおすすめですね。

 ボルダリングウォールを設置する
ガッツリ身体を動かすアウトドアスポーツが趣味の方は、家の中にも身体を動かせるスペースを設けたいですよね。
例えば、ボルダリングが趣味だという方は、玄関ホールなどにボルダリングウォールを設置することで、いつでも趣味を堪能できます。
また、毎回ボルダリング施設に通っていると、支出が多くなってしまいますが、家の中に設置すれば、設置費用だけで何度でも遊び放題です。
ちなみに、特別天井が高くなくても、ボルダリングウォールは十分に設置できます。

まとめ

ここまで、趣味を楽しむためのリノベーション事例をいくつか紹介してきましたが、いかがでしたか?
もし、今回紹介したようなリノベーションを実践するのであれば、自身の趣味が長期間継続できるものなのか、改めて確認しましょう。
例えば、アウトドア用に土間を作ったにも関わらず、すぐにキャンプに飽きてしまうと、そのスペースはとても無駄になってしまいます。
東京都足立区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中