コラム

【足立区の不動産屋さんが解説】郵便受けのリノベーションについて

リノベーションと言えば、室内や建物自体の工事をイメージする方も多いかと思いますが、もちろんそれだけではありません。
例えば、住宅の敷地内に設置する設備を取り付けることも、立派なリノベーションの1つです。
ここからは、“郵便受け”のリノベーションに関することを解説したいと思います。

リノベーションで設置できる郵便受けのタイプ

まずは、リノベーションで設置できる郵便受けにどのようなタイプがあるのかを見てみましょう。
具体的には、以下のようなタイプが挙げられます。

・埋め込み型
・独立型
・壁掛け型
・宅配ボックス

埋め込み型

これは、門柱や塀、外壁などに埋め込むタイプの郵便受けです。
基本的には横向きに埋め込まれますが、縦型のタイプも存在します。
また、どちらかというとシンプルなデザインのものが多く、カラーもシルバーやブラックなど奇抜ではないことが多いです。

独立型

これは、地面に埋め込まれたポールやスタンドに設置されるタイプの郵便受けです。
建物や外壁などからは完全に独立しています。
このタイプのメリットは、玄関を出てすぐのところや、門扉の外側など、自身の好きな場所に設置できるという点です。
また、デザインテイストの豊富さも魅力の1つです。

壁掛け型

これは、塀や壁などに取り付けるタイプの郵便受けです。
埋め込み型と違うところは、塀や壁そのものが郵便受けの一部として機能するわけではなく、あくまでネジ等で固定して取り付けられるものだということです。
奥行がほとんどないタイプのため、スペースが少なくても十分設置することは可能です。

宅配ボックス

これは、自宅を留守にしているときでも大きな荷物が受け取れるものです。
上記の郵便受けとは別に設置されることが多く、共働き世帯や頻繁にオンラインショッピングを行う方にとっては重宝します。
ちなみに、最近は宅配ボックスと郵便受けが一体化した商品も販売されています。

郵便受け設置にかかるコストについて

では、リノベーションで郵便受けを設置する際には、一体どれくらいのコストがかかるのでしょうか?
先ほど紹介した各タイプの設置コストの目安は、以下の通りです。

・埋め込み型:本体10,000~80,000円程度、設置コスト30,000円~
・独立型:本体20,000~100,000円程度、設置コスト30,000円~
・壁掛け型:本体5,000~40,000円程度、設置コスト20,000円~
・宅配ボックス:本体30,000~200,000円程度、設置コスト30,000円~

埋め込み型の郵便受けを設置する場合は、外壁または塀に穴を開け、埋め込むためのスペースを確保しなければいけません。
また、壁掛け式は自身で設置できる場合もありますが、失敗すると向きが歪んでしまったり、外壁に大きなキズが出来てしまったりすることもあるため、なるべくリノベーション業者に依頼することをおすすめします。
ちなみに、上記の設置コストには、既存の郵便受けを撤去するためのコスト(10,000円前後)も含まれています。

郵便受けリノベーションのポイントについて

リノベーションで郵便受けを設置する際は、以下のポイントを押さえましょう。

・設置位置について
・サイズや機能について

設置位置について

どのタイプの郵便受けを設置する場合でも、設置位置に関してはこだわらなければいけません。
例えば、玄関のすぐ近くに郵便受けを設置すれば、家の中からすぐ郵便物をチェックすることができます。
しかし、このような位置に設置する場合、郵便局員や配送業者は、玄関ドアの目の前まで来ることになります。
そうなると、セキュリティ面の不安が出てくるでしょう。
ただ、逆に玄関から離れた位置に設置しすぎると、今度は郵便物のチェックが面倒になります。
よって、設置位置を決める際は、利便性と防犯性の両方をバランス良く兼ね備えたところを選ぶべきです。

サイズや機能について

郵便受けのリノベーションでこだわりたいポイントには、“サイズ”や“機能”も挙げられます。
郵便受けのサイズが小さすぎると、ほとんど郵便物が入りません。
入りきらなかったものが地面に落ちたり、盗難に遭ったりすることも考えられます。
よって、スリム化することばかり考えるのは、あまり良くない傾向だと言えます。
また、サイズの大きいもの、分厚いものでも入れられるように、投函口が大きいポストを設置しようとする方もいるでしょう。
もちろん、投函口が大きければ、機能性は高くなりますが、外側から手を入れられると、郵便物を抜き取られてしまうかもしれません。
このように、さまざまなことを想定して、どのサイズの郵便受けが適切なのか、どのような機能を持っているものが良いのかといったことを把握するのは、とても重要です。

まとめ

ここまで、郵便受けのリノベーションに関することを解説しましたが、いかがでしたでしょうか?
「郵便受けなんて、何でも同じじゃないの?」と思っている方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
どのタイプをどこに設置するのかによって、住宅の過ごしやすさやセキュリティ性は大きく変わってきます。
こだわりの郵便受けで、こだわりのマイホームを演出しましょう。
東京都足立区でリフォームやリノベーションをご検討の方は、ぜひ東宝ハウス城東にご相談ください。
常に皆さまの立場になって、より良いご提案をさせていただきます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中