コラム

リノベーションとリフォームの違いとは?

住宅をより快適にしようと考えた際、「リノベーションとリフォームってどう違うの?」と、疑問を抱く方も多いでしょう。
確かに、両方とも家を綺麗にするという点で似たようなイメージがあるのですが、実際はその内容を見るとかなり違うところがあるのです。
今回は、リノベーションとリフォームの違いについて解説します。

リノベーションとリフォームはどう違う?

リノベーションとリフォームは、どちらも家を直すという意味合いで考えられていることが多いのですが、その内容はどう違うのでしょうか?
2つの違いについて、考えてみましょう。

まず、本来の言葉の意味を考えてみましょう。
リノベーション(renovation)は、建物を改修するという意味があります。
それに対してリフォーム(reform)には、改心や改定、改革といった意味はあるのですが、家の修繕などの意味はないのです。

しかし、日本においてはどちらも、建物の改修、修繕といった意味で使われています。
しかし、その施工内容には大きな違いがあります。
どんな違いがあるのでしょうか?

まず、リフォームというのは基本的に、古くなった建物を元のように修繕することをいいます。
老朽化した建物の中で、悪くなっている部分を交換したり、修繕したりするのです。

また、外壁を塗り直すこともリフォームに含まれます。
あるいは、賃貸物件のアパートやマンションで、住人が退居した後に行われる原状回復のことを、リフォームという場合もあります。

間取りを変えずに、置かれているものを交換する際もリフォームになります。
例えば、キッチンの間取りをそのままに、ガスコンロからIHヒーターに変更したり、システムキッチンを交換したりする場合はリフォームです。

バリアフリー住宅にするため、段差を減らしたり手すりをつけたりする小規模な改修についても、間取りは変更されないのでリフォームの範疇です。
このように、建物の修繕や、小規模な改修などを行う場合はリフォームとなります。

それに対して、リノベーションというのはもっと多くの範囲を対象とした改修工事のことをいいます。
すでにある建物を利用するのですが、その内装などは大きく変化することとなり、間取りなども一から考え直すことができます。

リフォームが、これまで老朽化などで失われた価値を元に戻すものだとすれば、リノベーションというのは、残された建物を利用して元の価値よりも高い価値を持たせるようにすることです。

例えば、30年前に建てられた家の場合は耐震性能などがあまり高くはなく、また間取りなども当時求められていた間取りから、現在は大きく変化しています。
リノベーションによって耐震性能も高めることができ、内装も含めて現代風に変更することができるのです。

例えば、子どもがいたころには子ども部屋が必要だったものの、子どもがすでに独り立ちしたために子ども部屋が空き部屋となっている家があるとします。
その家がリノベーションすることで、不要になったスペースも有効活用できるようになるのです。

要は、家の外枠はそのまま使われるものの、内側に関しては自由に作り直すというのがリノベーションです。
もちろん、一部だけ変更することも、すべて変更することも可能なので、無駄になっているスペースだけでも工事することは可能です。

このように、リフォームは元の状態に戻すこと、リノベーションは大きく変更して付加価値を付けること、という違いがあります。

どちらがいい?

2つの違いについて紹介しましたが、家を直したい場合にどちらの工事がいいのか、というのは人それぞれです。
それぞれ、例を挙げながら考えてみましょう。

まず、長年住んでいた家が老朽化してきたため、修繕したいという方の場合は、リフォーム工事が良く選ばれます。
特に、住んでいる方がお年寄りの場合は、リフォームのほうがいいことも多々あります。

長年住んでいることで、その家の間取りなどが見についているため、間取りを変更すると慣れるまで不自由な思いをしたり、違和感を覚えて戸惑ったりするとも増えてしまいます。
新しい設備なども使いこなすのに時間がかかることが多いので、不便に思っていない限りはリフォームのほうがいいでしょう。

リフォームであっても、手すりをつけたり段差を減らしたりといった、バリアフリー設計に変更することは可能です。
今すぐは必要なくても、将来的に必要となる可能性は高いので、リフォームのついでにつけてしまったほうがいいでしょう。

一方、相続で実家を引きついで引っ越す方、あるいは中古の家を購入した方にとっては、築年数やこれまでの改修履歴にもよりますがリノベーションのほうがお勧めとなることが多いでしょう。

その家に慣れていない場合や、昔ながらの家といったイメージがある住宅の場合、リフォームするよりもリノベーションをすることで、自分のイメージ通りの家へと改修してしまう方が、メリットとしては大きいでしょう。

中には、柱だけを残してすべてを撤去し、大規模なリノベーションを行うフルスケルトンというリノベーションを行う方も珍しくありません。
その場合、中古住宅でありながら最新式の住宅と遜色ないものとなるでしょう。

住宅が老朽化した際には、リノベーションとリフォームのどちらがいいのか、その家をどうしたいのかということを念頭において考えてみてください。

まとめ

このように、リノベーションそしてリフォームは、似たようなイメージがあるのですがその内容は大きく異なります。
どちらがいいとは一概に言えないので、どう違うのかを念頭に置き、求めるものは何かを考え、いずれが一方を選ぶようにしてください。
東京都江東区・足立区・葛飾区・墨田区でリフォームやリノベーションのご検討の方、是非、東宝ハウス城東にご相談下さい。常に皆様の立場になって、より良いご提案をさせて頂きます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中