コラム

リフォームをするべきタイミングについて

長らく住んでいる家は、徐々に老朽化して傷んできます。
そうなったらリフォームを検討するようになるでしょうが、「まだ大丈夫かな?」と思って、ぎりぎりまでリフォームを我慢しようとする方もいらっしゃるでしょう。
リフォームとは、どのタイミングで行うべきなのでしょうか?
今回は、そのタイミングについて解説します。

リフォームのタイミングは?

「隣の家は、10年でリフォームしていたからうちもそろそろやらなきゃダメかな?」
「あっちでは、30年経ってもリフォームしないで平気だから、築25年の我が家はまだリフォームしなくても大丈夫だろう」
と、リフォームの時期をほかの家と比較して考える方は、少なくありません。

しかし、この考え方はあまり正しいとは言えません。
なぜなら、家の傷み方は家の材質はもちろんのこと、使い方や環境によっても異なるので、リフォームの時期というのは家ごとに異なってくるからです。

家の中で傷んだ箇所があった場合、それがリフォームするべきタイミングです。
とはいえ、どのくらい痛んだらリフォームするべきか、という目安は必要でしょう。
一戸建てのケースで、場所ごとに一般的なタイミングを解説していきます。

まず、外壁に関しては風雨にさらされていることもあって徐々に塗装がはがれてきます。
そのまま放置しておくと、ひび割れたり壁が剥がれ落ちたりする原因にもなってしまうでしょう。
劣化が徐々に進むとわかりにくいこともあるので、注意が必要です。

外壁の場合は、およそ10年ごとに塗りなおすのが目安となります。
その際に、劣化した部分があれば外壁材の交換、もしくは重ねて張るなどの対処が必要となるでしょう。
面倒かもしれませんが、家を長持ちさせるには重要なポイントです。

屋根は、あまり目にすることもないので最も劣化に気づきにくい場所です。
こちらも、10年ごとに塗りなおしたり、傷んだ箇所を修繕したりすることで、長い間安心して住むことができる家になるでしょう。
トラブルが起こる前に、予防しておくことが重要な箇所です。

また、この2つは同時に行うことで、工事に必要となる足場代が節約でき、業者選びも1度で済むため、外壁のリフォームを依頼する際に屋根も見てもらい、必要であれば同時に行うのがおすすめです。

家の中で注意が必要なのが、水回りです。
お風呂などは、ほぼ毎日使う上に湿気がこもりやすいので、気が付いたら大きな問題が起こる可能性もあります。

お風呂の場合は、その作りにもよりますが一般的には15年から20年ほどでリフォームを行います。
表面的には問題なくても、内部に湿気がたまって腐食していることも少なくありません。

トイレに関しては、トイレそのものが壊れない限りはまず本体を交換する必要はないのですが、部品ごとに見ると劣化している部分も見つかるでしょう。
トイレの部品は、10年から20年経つとかなり劣化してしまいます。

キッチンの場合は、水もそうですが調理の際の油汚れなどもたまっていきます。
大掃除の際に、苦労している方も多いでしょう。
こちらも10年から20年を目安にリフォームが必要で、放置していると水漏れが生じるケースも少なくありません。

壁紙は、痛みが最もわかりやすいといえる箇所でしょう。
湿気の状態やたばこ、日焼けなどによって汚れることが多いので、10年を超えたら張替えを検討するべきです。

フローリングに関しては、傷がついたりカビが生えたりした場合にリフォームを考えます。
また、家具を置いている個所などが重点的に傷むこともあるでしょう。
フローリングは、10年から15年ほどでリフォームすると、家の中が美しくなるでしょう。

最も注意が必要なのが畳です。
畳は、およそ3年から4年経った頃にひっくり返して使い、さらに2年から3年経過したころに表面を交換する表替えを行うと、長持ちします。
しかし、それを行っていても10年ほどで劣化してしまうので、そのころには畳を交換することも考えましょう。

リフォームの際に注意すること

おおよその時期について解説しましたが、リフォームの際には注意するべき点がいくつかあります。
まずは、自宅の状態を知ることから始めましょう。

リフォームの悪徳業者が一時期増えたことで、リフォームの相談などに二の足を踏む方もいらっしゃるでしょう。
そこで、まずは自分でわかる範囲からチェックしておきましょう。

専門家に見てもらうことで、正確な状態を知ることはできます。
しかし、言われるがまま工事するのではなく、自分でもおかしいと思ったところをリフォームするのであれば、納得しやすいでしょう。

もちろん、専門家でなければ分からないこともあります。
自分でチェックしたあとは、きちんと説明してくれる信頼できる専門業者を見つけて、リフォームの必要性を調べてもらうことをおすすめします。

また、リフォーム工事が可能な箇所はどこか、できない箇所はなぜなのか、本当に必要なリフォームは何かをきちんと把握して依頼しましょう。
最初は見積書をもらって、自分が納得のいく業者を探すのがおすすめです。
早めにリフォームすることで、長く住める家にしていきましょう。

まとめ

家には、目に見えるダメージと見えないダメージがあります。
リフォームによって、目に見えないダメージも回復させることができれば、長く住める家になっていくでしょう。
そのためには、リフォームが必要になるタイミングを自分で判断し、専門業者に依頼するようにしましょう。
東京都江東区・足立区・葛飾区・墨田区でリフォームやリノベーションのご検討の方、是非、東宝ハウス城東にご相談下さい。
常に皆様の立場になって、より良いご提案をさせて頂きます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中