コラム

空き家を放置することによるデメリット

近年、日本では空き家が急増しています。
その中には、相続などで得たものの住む予定もなく、解体するのもお金がかかるからと放置しているものもあるでしょう。
しかし、空き家を放置しておくと、それだけでデメリットが生じてしまうのです。
果たしてどんなデメリットがあるのか、考えてみましょう。

空き家を放置するとどうなる?

空き家をそのまま放置しておく人には、様々な思惑があると思います。
空き家があることで土地の固定資産税が安くなる、いずれその空き家に住む可能性がある、誰か利用したい人がいるかもしれない、土地の値段が上がるまで売らないでおきたいなど、人によって様々な理由があるでしょう。

しかし、いかなる理由があったとしても、その間空き家を放置しておくということは大きなデメリットとなってしまうのです。
具体的には、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

まず、放置している空き家であっても自分の資産である以上、固定資産税がかかります。
建物も、売却した際の価値が無くても資産価値はあるので、基本的に固定資産として評価額が付けられ、税金も支払わなくてはいけないのです。

また、平成27年には空き家対策特別措置法が施行されました。
この法律は、空き家の中でも一定の要件を満たしたものを特定空き家に指定するという法律で、この指定を受けてしまうといくつかの不利益が生じることになります。

その中でも、特に問題となるのが小規模住宅用地の特例が適用されなくなるという点です。
つまり、税金が安くなるからという理由で建物を残している場合、その意味がなくなるのです。

この特例では、土地にかかる固定資産税が最大で6分の1に軽減されます。
ということは、適用されなくなった場合は最大で6倍になってしまうのです。
もちろん、建物に対してもこれまで通り課税されるので、単に土地の税金が高くなる分損をする、ということになってしまいます。

また、特定空き家に対しては行政が介入できるようになります。
最初に指導などを受けることになりますが、それで問題点が改善されない場合は行政による強制執行、つまり強制的に解体されてしまうこともあり得ます。
当然、その場合は所有者に解体費用が請求されます。

もしも、その指定を受けなかったとしても、やはりデメリットはあります。
空き家の多くは老朽化しているため、強風や災害などをきっかけに破損・倒壊する可能性がかなり高いでしょう。
その際に、何かしらの被害を生み出すことがあるのです。

例えば、台風などで屋根が飛んでいく映像などをニュースで見ることがあります。
実際に、自分が所有する建物でそのような事態となった場合、その屋根が歩行者に激突したり、あるいは近隣の住宅にぶつかったりすることもあります。
その時は損害賠償を支払わなくてはいけなくなるのです。

それ以外にも、放置していることで生じた害虫・害獣被害や植物の繁茂などで、近隣トラブルへと発展することも考えられます。
場合によっては裁判沙汰にもなりかねないので、空き家はあまり放置しておかない方が良いのです。

空き家をどう扱うか

空き家を放置しておくのは、あまりよくないという説明をしたのですが、それではどう扱うべきなのでしょうか?
対処法について、考えてみましょう。

基本的な対処法としては、自分で住むか売却するということになるのですが、様々な事情から住むのが難しく、かといって将来的に利用する可能性があるので売るのもいやだ、という人も少なくありません。
その場合は、賃貸として貸し出してみてはいかがでしょうか。

もちろん、古い建物の場合は借りたいという人も中々見つかりません。
だからと言って、建て直すとなると多額の費用も掛かります。
そこでおすすめなのが、リフォームやリノベーションです。

リフォームの場合、家の傷んだ場所を修繕して元のような状態に戻す工事をします。
比較的新しい家であれば、リフォームするだけで借り手が見つかるかもしれませんが、かなり古い家だとそうはいかないかもしれません。

古い家の場合、例えば各部屋にテレビ端子がない、新しい家電とは設置スペースが合わない、間取りが古いなど、現代の家とは大きく異なる点が多いのです。
そのため、住むとなると不便さを感じることが多く、ためらう人が多いでしょう。

古い家の場合は、リフォームではなくリノベーションを検討しましょう。
リノベーションであれば、古い家の基礎は残しつつも間取りや内部の機能などを自由に変更できるので、内部に関してはほぼ新築と同様に考えることができます。

また、リノベーションの場合は耐震構造などに変更することもできるので、安全性の高い住居にすることもできます。
住む人を見つけるのも、容易になるでしょう。

ただし、リノベーションはリフォームよりも必要な費用が高くなります。
また、どちらにしても工事に着工してから、賃貸住宅の需要がないということになっては大変なので、工事をする前にまずは市場調査などで、需要を確認することをお勧めします。

まとめ

このように、空き家というのは放置しているだけでもデメリットが生じるものです。
デメリットを防ぐためには、適切に管理をするか、あるいは何らかの形で活用しなくてはいけません。
古い家であっても、リノベーションをすれば賃貸住宅として活用することもできるでしょう。
東京都江東区・足立区・葛飾区・墨田区でリフォームやリノベーションのご検討の方、是非、東宝ハウス城東にご相談下さい。常に皆様の立場になって、より良いご提案をさせて頂きます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中