コラム

足立区の不動産屋さんが解説!今、足立区に必要な物件は?

近年、発展の勢いを増しつつある足立区には、新築のマンションやアパートも増えています。
しかし、その一方で昔からあるアパートやマンションの中には、空き室が目立つ物件もあるようです。
今回は、そんなアパート・マンションのオーナーさん向けに、今足立区で必要とされる物件について解説します。

足立区の変化

足立区といえば、東京の中でも下町といわれる地区であり、以前は北千住駅周辺の地域は栄えていたものの、それ以外の地域はそれほど栄えてはいませんでした。
東京都内では家賃が安い区でもあり、それを理由に住んでいた人も少なくはありません。

ただ、交通網があまり発達していなかったので、北千住駅を中心に発達していたものの、そこから離れるとかなり不便な地区でもありました。
今では、その状況に変化が見られます。

まず、つくばエクスプレスが開業したことで、区内には3つの駅が増えました。
さらに、日暮里・舎人ライナーが開業して区内には9つの駅が増え、山手線などに乗り換え可能な西日暮里まで直通できるようになったのです。

結果として、足立区の交通事情はかなり改善されました。
それに伴い、さらなる変化も訪れたのです。
それが、大学の開校・移転です。

足立区には、長い間大学のキャンパスなどがありませんでした。
しかし、2006年以降は4つの大学が足立区に開校、あるいは移転しており、さらに2020年にはもう1校増える予定となっています。

その前から放送大学の施設はあったので、それも含めると今後は6校が足立区に存在する、ということになります。
このことで、足立区には学生が一気に増えることとなったのです。

また、北千住駅周辺だけが栄えているといわれていたのですが、現在は多くの地域で再開発が進められていて、西新井駅周辺や千住大橋駅周辺、新田地区などが徐々に賑わいを増しています。

再開発に伴って、足立区ではエリアデザイン計画も立ち上げています。
区内の7つのエリアを対象に、そのエリア独自の魅力を活かしたまちづくりをしようという取り組みで、民間からもアイディアを募集しています。

このように、足立区は以前と大きく変化しつつあります。
そうなると、区民の年代や家族構成なども変化してくるので、求められる物件の種類についても変化が生じてくるでしょう。

足立区に必要な物件は?

足立区の変化として大きいのが、大学の存在です。
複数の大学があり、それに応じた大学生がいる以上、足立区では現在学生向けのアパートやマンションの需要が高まっています。

しかし、築年数が古いアパートなどは学生から敬遠されることが多く、新築アパート・マンションに人気が集まります。
とはいえ、アパートを建て替えるとなるとかなりの費用が掛かってしまうので、二の足を踏むオーナーさんも多いでしょう。

そこでおすすめなのが、アパートのリノベーションです。
一戸建てや分譲マンションなどではよく耳にするリノベーションですが、アパートもリノベーションによって生まれ変わることができるのです。

アパートのリノベーションでは、まずお風呂やトイレの交換を考えましょう。
水回りは汚れやすく、トイレやお風呂も古いタイプだと敬遠されがちなので、新しいものに交換することで入居者の増加につながります。

また、畳が敷かれた和風の部屋というのはあまり好まれません。
畳からフローリングへと変更するだけでも、かなり部屋の印象が変わってくるでしょう。
さらに、室内の色調なども調整することで、学生に好まれる部屋となっていくと思います。

キッチンなども、古いものだと水垢などがこびりついてしまっていたり、十分な広さがなかったりすることもあります。
IHなどに対応する必要まではありませんが、あまりに汚れていたら交換してしまったほうがいいでしょう。

意外と重要なのが、ドアです。
ドアの色は壁と合わせるようにして塗り替えたり、カギを2つ以上つけられるようにしたりと様々な変更が可能です。
防犯の面からは、カメラ付きのインターホンを設置してしまうといいかもしれません。

外観が古いアパートであっても、内装がきれいなら学生には十分好まれるアパートになります。
場合によっては、アパートの部屋をそれぞれ違うデザインの部屋にしてしまう、という方法もあります。

ワンルームタイプではないアパートの場合は、ファミリー向けにリノベーションするのもいいでしょう。
今、足立区は若い世代からの注目が集まっているので、ファミリー向けの需要も十分に高いのです。

しかし、実際にどうリノベーションしていいのかわからない、というオーナーさんも多いでしょう。
その場合は、相談から実際の施工まで受け付けてくれる、専門業者に依頼してみることをおすすめします。

まとめ

足立区は今、大きな変化を迎えています。
その中でアパートの空き室を減らしたい場合は、アパートも変化させていく必要があるでしょう。
需要を考えて、必要とされる物件に生まれ変わらせてしまいましょう。
東京都江東区・足立区・葛飾区・墨田区でリフォームやリノベーションのご検討の方、是非、東宝ハウス城東にご相談下さい。常に皆様の立場になって、より良いご提案をさせて頂きます!

お問い合わせ
無料設計・見積り・無料相談 キャンペーン実施中